4234 Movies

野望の系列 Advise and Consent (1962)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

1959年に発表された、アレン・ドルーリーピューリッツァー賞を受賞した同名小説の映画化。
アメリカ大統領の欠員の国務長官指名に対し、その候補者が共産主義者だったという疑いがかけられる中での与野党上院議員のせめぎ合いを描く、製作、監督オットー・プレミンジャー、主演ヘンリー・フォンダチャールズ・ロートンウォルター・ピジョン他共演による社会派ヒューマン・ドラマの秀作。


ドラマ(社会派)


スタッフ キャスト ■
監督:オットー・プレミンジャー
製作:オットー・プレミンジャー
原作:アレン・ドルーリー
脚本:ウェンデル・メイズ
撮影:サム・リーヴィット
タイトルデザイン:ソウル・バス
音楽:ジェリー・フィールディング

出演
ヘンリー・フォンダ:ロバート・A・レフィングウェル
チャールズ・ロートン:シーブ・クーリー上院議員
ウォルター・ピジョン:ボブ・マンソン上院議員
ドン・マレー:ブリッグ・アンダーソン上院議員
ピーター・ローフォード:レイフ・スミス上院議員
フランチョット・トーン:大統領
リュー・エアーズ:ハーリー・ハドソン副大統領
バージェス・メレディス:ハーバート・ゲルマン
ジーン・ティアニー:ドリー・ハリソン
ポール・フォード:スタンレー・ダンタ上院議員
ジョージ・グリザー:フレッド・ヴァン・アッカーマン上院議員
ウィル・ギア:ウォーレン・ストリクランド上院議員
エドワード・アンドリュース:オーリン・ノックス上院議員
ベティ・ホワイト:ベッシー・アダム上院議員
ポール・スティーヴンス:ルイス・ニューボーン
エディー・ホッジス:ジョニー・レフィングウェル
インガー・スウェンソン:エレン・アンダーソン
ポール・マクグラス:ハーディマン・フレッチャー
フランク・シナトラ:歌声のみ

アメリカ 映画
配給 コロンビア・ピクチャーズ
1962年製作 138分
公開
北米:1962年6月6日
日本:1965年4月


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■

アメリカ大統領(フランチョット・トーン)は、欠員の国務長官に、政治的にはリベラルなロバート・レフィングウェル(ヘンリー・フォンダ)を指名しようとする。

その連絡を受けた、与党院内総務ボブ・マンソン上院議員(ウォルター・ピジョン)は、同僚議員スタンレー・ダンタ(ポール・フォード)と共に、敵の多いレフィングウェルの指名に懸念を示す。

さらに野党のシーブ・クーリー(チャールズ・ロートン)が、レフィングウェルを目の敵にしていることを大統領に伝えるが、同時に協力も要請される。

マンソンとダンタは、早速レフィングウェルの承認を得るための根回しを始める。

レフィングウェルは、一人息子のジョニー(エディー・ホッジス)に、国務長官の指名を受けるべきだと励まされる。

議会が始まり、クーリーは同僚議員オーリン・ノックス(エドワード・アンドリュース)を使い、レフィングウェルの批判を始める。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
アメリカ大統領は、欠員であった国務長官に、政治的にはリベラルなロバート・レフィングウェルを指名しようとする。
与党院内総務のマンソン上院議員は、同僚議員ダンタと共に敵の多いレフィングウェルの指名に懸念を示す。
野党の大物議員クーリーもレフィングウェルを目の敵にしていたため、マンソンは大統領にそれを伝えるが、同時に協力も要請される。
マンソンは、早速、レフィングウェルの承認を得る根回しを始めるが、クーリーも彼の批判を始める。
やがてレフィングウェルが、かつて共産主義を擁護する発言をしたということを、クーリーは追及するのだが・・・。
__________

オットー・プレミンジャーが得意の、ユーモアと皮肉を込めた心憎い演出で、国務長官承認を巡る、与野党議員入り乱れての根回しや妨害、そして裏工作など、良質のコメディのように描かれ、聴聞委員会委員長の過去を暴こうとする終盤は、サスペンス・タッチで仕上げられ、全編飽きることない、実に見応えのある作品。

音楽は、1970年代に大作、話題作で活躍するジェリー・フィールディングで、オットー・プレミンジャーとは名コンビの、ソウル・バスのタイトル・デザインは本作ではやや地味だ。

ドラマの舞台ともなる、再現されたアメリカ議会上院本会議場のセットも見事で、映画用に狭く作られていると思われるかもしれないが、各州2人の定員100名の上院議員数なので、作品中のセットの大きさは実物大だ。
注:下院の定数は435人。

物語のキーマン、ヘンリー・フォンダが主演ではあるが、登場場面が少ないのは、多くの重要人物が登場する、ドラマの構成上致し方ないところだろう。
しかし、要所要所で登場する彼の落ち着き払った存在感は際立っている。

その主人公を敵対視する、長老議員チャールズ・ロートンの皮肉たっぷりな余裕と貫禄の演技も見ものだ。

重厚な演技が光る与党院内総務ウォルター・ピジョン、終盤ドラマ展開にインパクトを与える悲劇の若手議員ドン・マレー、伊達男ぶりが彼らしいピーター・ローフォード、病に倒れる大統領フランチョット・トーン、議員から慕われる副大統領リュー・エアーズ、主人公の過去を暴く男バージェス・メレディス、政財界の華ジーン・ティアニー、裏工作で委員長を追い詰める議員のジョージ・グリザー、同僚議員ポール・フォードエドワード・アンドリュース、野党院内総務ウィル・ギア、委員長夫人インガー・スウェンソン、そして、フランク・シナトラが声だけで登場する。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020