4509 Movies

シビル・アクション A Civil Action (1998)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

ドラマの主人公である弁護士のジャン・シュリットマンが1980年代に扱った、大手化学会社”グレース”及び”ベアトリス食品”を相手取った環境汚染裁判を事実を基にして描いた物語。
拝金主義者の弁護士が、ある住民訴訟をきっかけに人間性や正義感などに目覚め人々のために尽くす姿を描く、製作ロバート・レッドフォード、監督、脚本スティーヴン・ザイリアン、主演ジョン・トラヴォルタロバート・デュヴァル他共演の社会派ドラマ。


ドラマ(社会派)


スタッフ キャスト
監督:スティーヴン・ザイリアン
製作
スコット・ルーディン

ロバート・レッドフォード
レイチェル・ファイファー
原作:ジョナサン・ハーA Civil Action
脚本:スティーヴン・ザイリアン
撮影:コンラッド・L・ホール
編集:ウェイン・ワーマン

音楽:ダニー・エルフマン

出演
ジョン・トラヴォルタジャン・シュリットマン
ロバート・デュヴァルジェローム・ファッチャー
トニー・シャルーブ:ケヴィン・コンウェイ
ウィリアム・H・メイシー:ジェームズ・ゴードン
ダン・ヘダヤ:ジョン・ライリー
ジェリコ・イヴァネク:ビル・クローリー
ブルース・ノリス:ウィリアム・チーズマン
ジョン・リスゴー:スキナー判事
キャスリーン・クインラン:アン・アンダーソン
ジェームズ・ガンドルフィーニ:アル・ラヴ
ピーター・ジェイコブソン:ニール・ジェイコブ
メアリー・マーラ:キャシー・ボイヤー
スティーヴン・フライ:ジョージ・ピンダー博士
シドニー・ポラック:アル・ユースティス
ダニエル・フォン・バーゲン:グレンジャー
キャッシー・ベイツ:判事

アメリカ 映画
配給
タッチストーン・ピクチャーズ(北米)
パラマウント・ピクチャーズ(世界)
1998年製作 114分
公開
北米:1998年12月25日
日本:2000年2月5日
製作費 $60,000,000
北米興行収入 $56,702,900


アカデミー賞
第71回アカデミー賞
・ノミネート
助演男優(ロバート・デュヴァル
撮影賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
ボストン
4人の同僚と共に法律事務所を運営するジャン・シュリットマンジョン・トラヴォルタ)は、利益を優先する辣腕弁護士だった。

ある日、ラジオ番組に出演中のジャンは、2年前に子供を白血病で亡くした女性アン・アンダーソン(キャスリーン・クインラン)からの質問を受ける。

子供を扱う訴訟は”ドラマ”になると考えたジャンだったが、同僚のケヴィン・コンウェイ(トニー・シャルーブ)やビル・クローリー(ジェリコ・イヴァネク)、財務担当のジェームズ・ゴードン(ウィリアム・H・メイシー)に反対され、仕方なくその依頼を断るためにアンの元に向かう。

ウーバン
アン他、被害者家族と話しをしたジャンは、賠償金ではなく、原因の追求と、環境汚染を起こした可能性のある工場側からの謝罪が欲しいだけだと言われる。

...全てを見る(結末あり)

 


解説 評価 感想

1995年に発表された、ジョナサン・ハーの”A Civil Action”の映画化。

*(簡略ストー リー)
同僚4人と法律事務所を運営する辣腕弁護士ジャン・シュリットマンは、ある環境汚染の問題に目を付ける。
それが利益を生みそうにないという判断で、住民の依頼を断ろうとしたジャンだったが、付近の工場などが汚水を流す現実と、それに大手化学会社”グレース”と”ベアトリス食品”が関っていることを知り、金になると判断して訴訟を起こす。
2社の弁護士ファッチャーとチーズマンは、環境汚染を疑われる、関連する現地の製革工場での内部告発の現状を見て、示談に持ち込もうととする。
しかし、金目当てだったジャンは、住民の悲痛な訴えに心を動かされ、破格の賠償金を要求してしまう。
会社側は当然それを拒否して裁判となるが、長引く法廷論争に、ジャンの事務所の経費が嵩み、彼らは追い込まれてしまう・・・。
__________

アメリカの弁護士社会の仕組みや弁護士の駆け引きなどを赤裸々に描き、脚本家でもある監督スティーヴン・ザイリアンの丁寧な演出が見所の作品。

コメディ・タッチで始まる冒頭シーンから、徐々にシリアスな展開に変わり、クライマックスはヒューマン・ドラマのような展開で終わる社会派実録ドラマであり、様々な要素が含まれたストーリーになっている。

第71回アカデミー賞では、助演男優(ロバート・デュヴァル)と撮影賞にノミネートされた。

絶頂期を迎えているジョン・トラヴォルタの、自信溢れる充実した演技は見もので、軽いノリのオープニングから、中盤以降は、人々のために尽くそうとする人間味のある人物を好演している。

クライマックスで、破産してしみじみと自分の弁護士人生を振り返る、穏やかな彼の表情が印象的だ。

ロバート・デュヴァルの、感情を抑えた”ベアトリス食品”の老練弁護士役も忘れがたい名演だ。

主人公と共に自分を犠牲にしてまで裁判に挑むものの、力尽き事務所を離れるトニー・シャルーブウィリアム・H・メイシージェリコ・イヴァネク、廃棄物隠滅を隠し通そうとする製革工場社長のダン・ヘダヤ、裁判を担当する判事のジョン・リスゴー、子供を白血病で亡くした原告側住民のキャスリーン・クインラン、子供の将来を考え、会社の不正を証言する製革工場の従業員ジェームズ・ガンドルフィーニ、大手化学会社”グレース”の副社長シドニー・ポラック、自己破産する主人公に対処する判事キャッシー・ベイツ、”グレース”の弁護士ブルース・ノリス、その同僚ピーター・ジェイコブソン、主人公の事務所のスタッフ、メアリー・マーラ、汚染地帯を調査する地質学者スティーヴン・フライ、廃棄物処理を指示される製革工場の従業員ダニエル・フォン・バーゲンなどが出演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021