4503 Movies

フラッシュバック Flashbacks of a Fool (2008)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

名声は得たもののそれ以上の向上心を持つことが出来ず空虚な日々を送る映画スターが、少年時代の親友の死をきっかけに自分を見つめ直そうとする姿を描く、製作総指揮、主演ダニエル・クレイグイヴクレア・フォーラニマーク・ストロングオリヴィア・ウィリアムズ、監督ベイリー・ウォルシュによるドラマ。


ドラマ

マーク・ストロング / Mark Strong / Pinterest


スタッフ キャスト
監督:ベイリー・ウォルシュ
製作総指揮:ダニエル・クレイグ
製作
レーヌ・バウセガー

デイモン・ブライアント
ジュヌヴィエーヴ・ホフマイア
クラウス・クラウセン
脚本:ベイリー・ウォルシュ
撮影:ジョン・マシソン
編集:ストルーアン・クレイ
音楽:リチャード・ハートレイ

出演
ジョー・スコット:ダニエル・クレイグ

ジョー・スコット(少年期):ハリー・イーデン
オフィーリア・フランクリン:イヴ
ルース・デイヴィス:クレア・フォーラニ
ルース・デイヴィス(少女期):フェリシティー・ジョーンズ
マニー・ミーゼル:マーク・ストロング
グレイス・スコット:オリヴィア・ウィリアムズ
ペギー・ティッケル:ヘレン・マックロリー
ロジャース夫人:ミリアン・カーリン
シスター・ジーン:エミリア・フォックス
イヴリン・アダムス:ジョディ・メイ
ジャック・アダムス:ジェームズ・ダーシー
ジェシー・スコット:キーリー・ホウズ
ブーツ・マッケイ:マックス・ディーコン

イギリス 映画
配給 Anchor Bay Entertainment

2008年製作 113分
公開
イギリス:2008年4月18日
北米:2008年10月17日
日本:未公開
北米興行収入 $1,660
世界 $1,107,130


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
一時は人気を誇った、ハリウッドの映画スター、ジョー・スコット(ダニエル・クレイグ)は、今では仕事にも恵まれず、酒やドラッグ、そして女に溺れる自堕落な毎日を送っていた。

ジョーのアシスタントであるオフィーリア・フランクリン(イヴ)は、そんな彼を見て仕事を辞めることも考えるが、報酬の月額に700ドル上乗せするとジョーに言われて引き止められる。

その後ジョーは、訪ねてきたシスター・ジーン(エミリア・フォックス)からドラッグを買う。

夜を過ごしたアップルが置いていった犬を車に乗せようとしたジョーは、はずみでオフィーリアを殴ってしまい、それを目撃していた隣人と揉める。
...全てを見る(結末あり)

 


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
イギリス出身のハリウッド・スター、ジョー・スコットは、人気が低迷し生活も乱れる中、俳優活動への意欲もなくした日々を送っていた。
そんなある日ジョーは、少年時代に親友だったブーツが亡くなったという報せを、母グレイスから受ける。
新作の配役のことで、エージェントのマニーと意見が合わずに見限られたジョーは、少年時代を思い起こして自分を見つめ直す。
帰国したジョーは母グレイスに歓迎され、今も変わらぬ穏やかな実家の様子に心和む。
亡くなった親友ブーツとは喧嘩別れしたのだが、そのきっかけとなったルースは彼の妻となっていた。
そしてジョーは、かつて恋人になりかけたルースと、25年ぶりの再会を果たす・・・。
__________

1970年代の雰囲気や音楽が効果的に挿入され、この時代に青春時代を過ごした者にとっては郷愁を誘う作品でもある。

誰にでもある、子供時代の他愛もない出来事、喜びや挫折、そして大人への憧れ、それらの思い出を通して、主人公が人生を見つめ直していくというストーリー。

それらを自分の人生に照らし合わせながら鑑賞すると、共感できる場面が次々と登場する感じた方も多いはずだ。

残念ながら商業ベースには乗らなかった作品ではあるが、ダニエル・クレイグのファンならば、是非ともチェックしておきたい作品だ。

007”シリーズの”ジェームズ・ボンド”役で、一躍、世界的スターとなったダニエル・クレイグが、長いキャリアを積んでハリウッドで成功した、自分の人生を投影したかのような作品で、彼自身が製作にも参加した意欲作でもある。

アクション・スターのイメージが先行するダニエル・クレイグだが、元々、実力派としても評価されているだけあり、ステップアップに行き詰る俳優を見事に演じている。

ダニエル・クレイグの実際の少年時代そのものと言っていいほど、表情やずんぐりした体型までが彼の雰囲気とマッチしているハリー・イーデン、主人公のアシスタントのイヴ、恋人になるはずだった女性クレア・フォーラニ、その少女期フェリシティー・ジョーンズ、どのように物語りに絡むのかと思いつつ期待したのだが、ワンシーンだけの登場がやや残念なエージェント役のマーク・ストロング、主人公の母オリヴィア・ウィリアムズ、伯母ヘレン・マックロリー、隣人の老婦人ミリアン・カーリン、ヤクの売人役のエミリア・フォックスエドワード・フォックスの娘)、主人公が少年時代に誘われる隣人の主婦ジョディ・メイ、その夫ジェームズ・ダーシー、主人公の妹のキーリー・ホウズ、そして亡くなった親友マックス・ディーコンなどが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021