4478 Movies

アンフレンデッド Unfriended (2014)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

ネット上にアップロードされた映像を苦にして自殺したはずの友人に、SNSの中で脅されて殺害されていく高校生達の恐怖を描く、監督レヴァン・ガブリアーゼ、主演シェリー・ヘニッヒ、モーゼス・ストーム、レニー・オルステッドウィル・ペルツジェイコブ・ワイソッキ、他共演による、パソコン上のSNS画面だけで進行する異色のホラー。


スリラー/ホラー


スタッフ キャスト
監督:レヴァン・ガブリアーゼ

製作
ティムール・ベクマンベトフ
ネルソン・グリーヴス
製作総指揮:ジェイソン・ブラム
脚本:ネルソン・グリーヴス
撮影:アダム・シドマン
編集
パーカー・ララミー
アンドリュー・ウェズマン

出演
ブレア・リリー:シェリー・ヘニッヒ
ミッチ・ルーセル:モーゼス・ストーム
ジェシカ”ジェス”フェルトン:レニー・オルステッド
アダム・セウェル:ウィル・ペルツ
ケン・スミス:ジェイコブ・ワイソッキ
ヴァレリー”ヴァル”ロメル:コートニー・ハルヴァーソン
ローラ・バーンズ:ヘザー・ソッサマン

アメリカ 映画
配給 ユニバーサル・ピクチャーズ
2015年製作 83分
公開
北米:2015年4月17日
日本:2016年7月30日
製作費 $1,000,000
北米興行収入 $32,482,100
世界 $64,056,640


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
2013年4月、カリフォルニア州、フレズノ
高校生のローラ・バーンズ(ヘザー・ソッサマン)は、パーティーで泥酔し、恥ずかしい姿を撮られてネットにアップされてしまい、それを苦にして自殺する。

2014年2月。
ローラの友人ブレア・リリー(シェリー・ヘニッヒ)とボーイフレンドのミッチ・ルーセル(モーゼス・ストーム)は、”Skype”で通話している最中に割り込んできたアカウントに気づく。

アダム・セウェル(ウィル・ペルツ)、ケン・スミス(ジェイコブ・ワイソッキ)、ジェシカ”ジェス”フェルトン(レニー・オルステッド)も加わり、ブレアは、”Facebook”のメッセンジャーに”ローラ”からメッセージが届いていたことを知らせる。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

参考:
・「アンフレンデッド: ダークウェブ」(2018)

*(簡略ストー リー)
2013年4月、カリフォルニア州、フレズノ
パーティーで泥酔して恥ずかしい映像を撮られ、それをネット上にアップされたことを苦にした高校生のローラが自殺する。
翌年、ローラの友人ブレアは、”Skype”でボーイフレンドのミッチら6人で通話をしていたのだが、見知らぬアカウント”ビリー227”が加わっために気味悪く思う。
その後ブレアには、”Facebook”のメッセンジャーに”ローラ”からメッセージが届く。
ローラのアカウントを乗っ取った悪質ないたずらだと考えたブレアらだったが、”ビリー227”から、通話を切れば皆死ぬと脅される・・・。
__________

Skype”、”Facebook”、”YouTube”、チャットなどが世の中を支配する、ネット社会の抱える問題が及ぼす人々への影響を描く作品。

自殺した友人の”復讐”に怯える高校生達を描いた内容は、主人公のパソコンの画面で全てを描写するという、画期的な構成になっている。

人々、特に若者達には欠かせないコミュニケーション手段となった先端技術のSNSの世界を映しだしながら、超常現象的恐怖で迫る作品。

本作とのつながりはないものの、同じような構成による、ネット上の殺人ゲームに巻き込まれた若者たちの恐怖を描く続編、・「アンフレンデッド: ダークウェブ」が2018年に公開された。

わずか100万ドルで製作された本作は、北米興行収入が約3300万ドル、全世界では約6400万ドルという、期待以上の好成績を記録した。
それにより、”ユニバーサル・ピクチャーズ”は続編の製作を発表した。

自殺した友人のことを想いつつ、ボーイフレンドや仲間達とSNSを楽しむものの、恐怖体験をすることになるシェリー・ヘニッヒ、そのボーイフレンドのモーゼス・ストーム、その友人で自殺することになるレニー・オルステッドウィル・ペルツジェイコブ・ワイソッキコートニー・ハルヴァーソン、アップされた映像を苦に自殺する高校生のヘザー・ソッサマンなどが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021