4315 Movies

22ジャンプストリート 22 Jump Street (2014)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

ジョニー・デップ主演のテレビ・ドラマ”21ジャンプストリート”(1987~)の映画化「21ジャンプストリート」(2012)の続編。
新種の麻薬の販売ルートを探るため、大学生として潜入捜査を行う二人の警官の活躍を描く、製作総指揮、監督フィル・ロードクリストファー・ミラー、製作、主演ジョナ・ヒルチャニング・テイタムピーター・ストーメアアイス・キューブ他共演のアクション・コメディ。


コメディ


スタッフ キャスト
監督

フィル・ロード
クリストファー・ミラー
製作
ニール・H・モリッツ
ジョナ・ヒル
チャニング・テイタム
製作総指揮
ブライアン・ベル
タニア・ランドー
フィル・ロード
クリストファー・ミラー
リード・カロリン
スティーヴン・J・キャネル
原作
パトリック・ハスバーグ
スティーヴン・J・キャネル
21ジャンプストリート”(TVシリーズ)
原案
マイケル・バコール
ジョナ・ヒル
脚本
マイケル・バコール
オーレン・ウジエル
ロドニー・ロスマン
撮影:バリー・ピーターソン
編集:デヴィッド・レニー
音楽:マーク・マザースボー

出演
モートン・シュミット:ジョナ・ヒル
グレッグ・ジェンコ:チャニング・テイタム
ゴースト:ピーター・ストーメア
ディクソン警部:アイス・キューブ
ズーク:ワイアット・ラッセル
ルースター:ジミー・タロー
マヤ・ディクソン:アンバー・スティーヴンス・ウェスト
メルセデス:ジリアン・ベル
ハーディ副署長:ニック・オファーマン
アニー・シュミット:キャロライン・アーロン
キース・ヤン:キース・ルーカス
ケニー・ヤン:ケネス・ルーカス
スペンサー:クレイグ・ロバーツ
マーフィ医師:マーク・エヴァン・ジャクソン
ディクソン夫人:クイーン・ラティファ
教授:パットン・オズワルド
ウォルターズ:ロブ・リグル
エリック:デイヴ・フランコ
料理学校の悪党:ビル・ヘイダー
アンナ:アンナ・ファリス
モートン・シュミットの替え玉:セス・ローゲン
デヴィッド・シュミット:ジョー・クレスト
スカーフェース:エディ・J・フェルナンデス
ザック:ダックス・フレイム
デニス・ブーカー:リチャード・グリエコ

アメリカ 映画
配給
MGM
コロンビア・ピクチャーズ
2014年製作 112分
公開
北米:2014年6月13日
日本:未公開
製作費 $50,000,000
北米興行収入 $188,441,610
世界 $331,333,880


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
潜入捜査を命ぜられたモートン・シュミット(ジョナ・ヒル)とグレッグ・ジェンコ(チャニング・テイタム)は、麻薬密売人ゴースト(ピーター・ストーメア)の取引現場に向うものの、警察官であることがバレてしまい逃げられる。

21ジャンプストリート署。
副署長のハーディ(ニック・オファーマン)に呼ばれたシュミットとジェンコは、道向かいの教会の廃墟である”22ジャンプストリート班”に向かうよう指示される。

上司ディクソン警部(アイス・キューブ)に迎えられたシュミットとジェンコは、今回は高校ではなく州立大生になるよう指示される。

新種の麻薬”ワイファイ”を作っている者がいると言うディクソンは、それを使った女子学生シンシアが屋上から飛び降りた事件のことをシュミットとジェンコに話す。

構内でワイファイを売る者を見つけて、元締めを捜すよう指示されたシュミットとジェンコは、キャンパスに向かう。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

参考:
・「21ジャンプストリート」(2012)
・「22ジャンプストリート」(2014)

*(簡略ストー リー)
”22ジャンプストリート班”に赴任させられたモートン・シュミットとグレッグ・ジェンコは、上司のディクソン警部から、新種の麻薬”ワイファイ”による女子大生死亡事件を知らされる。
シュミットとジェンコは、大学生に扮して、売人と元締めを捜すようディクソンに命ぜられる。
売人があるタトゥーをしていることに気づいたシュミットとジェンコは、それを手がかりにして捜査を続ける。
フットボール部に入部したジェンコは、親しくなったクォーターバックのズークが、そのタトゥーをしていたことを知るものの、彼を疑うことができない。
一方、美術専攻のマヤと惹かれ合うようになったシュミットは、彼女がディクソンの娘とも知らずに交際を続ける・・・。
__________

人気テレビ・シリーズ”21ジャンプストリート”(1987~)の映画化である、大ヒットした「21ジャンプストリート」(2012)の続編ということで話題になった作品。

スタッフ、キャスト共に前作とほぼ同じで製作された作品は、高校から大学を舞台に移し、主人公の二人がキャンパス内で巻き起こす騒動を派手に描いている。

主人公の二人が、大学生に見えないと言われてからかわれるシーンが何度か登場するが、周囲もまともな学生がほとんど登場しないところが、また可笑しい。

頭脳と体力勝負がそれぞれの長所である二人組なのだが、その間抜け度は同じようなもので、様々なキャラクターとの絡み合いのバランスがいい、フィル・ロードクリストファー・ミラーのシャープな演出も冴える、痛快作に仕上がっている。

北米興行収入は約1億8800万ドル、全世界では3億3100万ドルという、前作を遥かに凌ぐ大ヒットとなった。

21ジャンプストリート」(2012)
北米興行収入 $138,447,667
世界 $201,585,328

序盤で3作目が製作されそうな描写があり、エンディングでは、それどころではない、様々なバリエーションで何作もの続編、スピンオフ作品が公開される可能性がド派手に紹介される。

上司(アイス・キューブ)の娘(アンバー・スティーヴンス・ウェスト)と恋人同士になってしまい、親友ができた相棒との友情も壊れかけるジョナ・ヒル、息が合うパートナー(ワイアット・ラッセル)を見つかり、相棒との関係が悪化するチャニング・テイタム、パワーアップした二人の活躍は見ものだ。

麻薬の密売人ピーター・ストーメア、その娘で大学の麻薬ルートを組織していたジリアン・ベル、フットボール部の学生ジミー・タロー、副署長ニック・オファーマン、シュミット(ジョナ・ヒル)の母親キャロライン・アーロン、学生である双子の兄弟キース・ルーカスとケネス・ルーカス、美術学生クレイグ・ロバーツ、カウンセラーのマーク・エヴァン・ジャクソン、ディクソン(アイス・キューブ)の妻クイーン・ラティファ、歴史学の教授パットン・オズワルド、前作でも登場した教師で服役中のロブ・リグル、同じ監房の囚人デイヴ・フランコ他、エンディングで登場するキャラクター、料理学校の悪党ビル・ヘイダー、フライト・アカデミーの教官アンナ・ファリス、シュミットの替え玉セス・ローゲン、テレビ・シリーズ”21ジャンプストリート”のスピンオフ作品”Booker”のの主人公リチャード・グリエコなどがカメオ出演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020