4452 Movies

海底二万哩 20,000 Leagues Under the Sea (1954)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

1870年に発表された、ジュール・ヴェルヌのSF小説”海底二万里”を基に製作された作品。
謎の怪物だった潜水艦”ノーチラス号”を発明したネモ艦長と航海することになった海洋学者と助手、そして銛打ちの名手の冒険を描く、製作ウォルト・ディズニー、監督リチャード・フライシャー、主演カーク・ダグラスジェームズ・メイソンポール・ルーカスピーター・ローレ他共演のSFアドベンチャー・アクション。


SF


スタッフ キャスト
監督:リチャード・フライシャー

製作:ウォルト・ディズニー
原作:ジュール・ヴェルヌ海底二万里
脚本:アール・フェルトン
撮影:フランツ・プラナー
編集:エルモ・ウィリアムズ
美術・装置
ジョン・ミーハン
エミール・クーリ
音楽:ポール・J・スミス

出演
ネッド・ランド:カーク・ダグラス
ネモ艦長:ジェームズ・メイソン
ピエール・アロナックス教授:ポール・ルーカス
コンセイユ:ピーター・ローレ
ノーチラスの一等航海士:ロバート・J・ウィル
ブレティン誌の記者:デイトン・ルーミス
ファラガット艦長:テッド・デ・コルシア
ジョン・ハワード:カールトン・ヤング
ビリー:J・M・ケリガン
ポスト誌記者:ジャック・ガーガン
御者:パーシー・ヘルトン
エイブラハム・リンカーンの一等航海士:テッド・クーパー
ケーシー:フレッド・グレアム
船積係:エディー・マー
チケット係:ハリー・ハーヴェイ

アメリカ 映画
配給 ウォルト・ディズニー・ピクチャーズ
1954年製作 127分
公開
北米:1954年12月23日
日本:1955年12月23日
製作費 $5,000,000
北米興行収入 $28,200,000


アカデミー賞
第27回アカデミー賞

・受賞
美術(カラー)・特殊効果賞
・ノミネート
編集賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
1868年、南太平洋
相次ぐ沈没事故により海の怪物の噂が流れ、航海する船舶は激減した。

”グレート・ウエスタン汽船運輸会社”。
パリ国立博物館の海洋学者ピエール・アロナックス教授(ポール・ルーカス)は、助手のコンセイユ(ピーター・ローレ)と共にサイゴンに向かおうとするが、船は欠航だと言われてしまう。

記者の質問に答えたアロナックスは、大袈裟な記事になったことに驚くものの、発想は悪くないと考える。

そこに現れたアメリカ政府の役人ジョン・ハワード(カールトン・ヤング)は、東南アジア行きを希望するアロナックスに、例の”怪物”の調査を依頼する。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
1868年。
太平洋で相次ぐ船舶沈没事故により、海の怪物が出現したという噂が流れる。
パリ国立博物館の海洋学者アロナックス教授は、アメリカ政府の依頼で”怪物”の正体を探る調査を依頼される。
助手のコンセイユや銛打ちの名手ネッド・ランドらと共に、ファラガット艦長の船”エイブラハム・リンカーン”で航海に出たアロナックスは、付近を航行中の船の爆発に遭遇する。
ある物体が近づき激突された船は損傷し、ネッドとアロナックス、コンセイユは海に落ちて漂流する。
目の前に現れた潜水艦の内部に入った三人は、それが、大発明家ネモ艦長が造った”ノーチラス号”であることを知る。
歓迎されたアロナックスは、深海の神秘に魅せられたネモの考えと発明の秘密を知ろうとするのだが・・・。
__________

ジュール・ヴェルヌの傑作SF小説”海底二万里”を基に、ウォルト・ディズニーが製作したSFアドベンチャー超大作。

当時の技術を駆使し特撮を生かした奇想天外な物語展開は、当時の人々にどれだけの驚きを与えたことかがうかがい知れる、素晴らしい作品に仕上がっている。

19世紀の科学技術を遥かに凌ぐ発想、ディズニー映画らしいユーモアを交えた場面展開、ダイナミック且つ繊細な人間描写も見所であるリチャード・フライシャーの演出が光るSF映画の傑作として非常に評価の高い作品。

当時としては破格の製作費500万ドルをかけた大作で、北米興行収入は約2800という大ヒットとなった。

”ノーチラス号”などのデザインセンスを含め、映像的に素晴らしい出来栄えの本作は、第27回アカデミー賞で、見事に美術(カラー)、特殊効果賞を受賞し、編集賞にノミネートされた。

主演のカーク・ダグラスは、陽気で自己中心的ないかにも海の男らしい銛打ちの名手”ネッド・ランド”を演じ、憎悪や復讐も絡む重苦しいテーマも含む内容にアクセントを加える役柄を熱演している。

その、カーク・ダグラスを凌ぐ存在として登場する”ネモ艦長”を演ずるジェームズ・メイソンの演技もまた注目で、独自の哲学で自分の考えを貫こうとする人物を好演している。

ネモ艦長の考えに理解を示す著名な海洋学者アロナックス教授のポール・ルーカス、その助手コンセイユのピーター・ローレの存在も見逃せない。

ノーチラスの一等航海士ロバート・J・ウィル、”エイブラハム・リンカーン”の艦長テッド・デ・コルシア、アメリカ政府の役人カールトン・ヤング、記者デイトン・ルーミス、エイブラハム・リンカーンの一等航海士テッド・クーパーなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021