4451 Movies

15ミニッツ 15 Minutes (2001)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

犯罪が金になる国アメリカの汚点を利用して悪事を繰り返す犯人と警察、放火捜査官との戦いを描く、製作、監督、脚本ジョン・ハーツフェルド、主演ロバート・デ・ニーロエドワード・バーンズケルシー・グラマーヴェラ・ファーミガシャーリーズ・セロン他共演の犯罪ドラマ。


ドラマ(サスペンス/犯罪)

シャーリーズ・セロン / Charlize Theron 作品一覧


スタッフ キャスト
監督:ジョン・ハーツフェルド

製作
ジョン・ハーツフェルド
ニック・ウェクスラー
キース・アディス
デイヴィッド・ブロッカー
製作総指揮:クレア・ラドニック・ポルスタイン
脚本:ジョン・ハーツフェルド
撮影:ジャン=イヴ・エスコフィエ
編集:スティーヴン・コーエン
音楽
アンソニー・マリネリ
J・ピーター・ロビンソン

出演
エディ・フレミング:ロバート・デ・ニーロ
ジョーディ・ウォーソー:エドワード・バーンズ
ロバート・ホーキンス:ケルシー・グラマー
レオン・ジャクソン:エイヴリー・ブルックス
ニコレット・カラス:メリーナ・カナカレデス
エミール・スロヴァック:カレル・ローデン
ウルグ・ラズグル:オレッグ・タクタロフ
ダフネ・ハンドローヴァ:ヴェラ・ファーミガ
ローズ・ハーン:シャーリーズ・セロン
カサンドラ:キム・キャトラル
セントラルパークの強盗:デヴィッド・アラン・グリア
ミロス・カルロフ:ウラジミール・マシコフ
ボビー・コーフィン:ジョン・ディレスタ
デクラン・ダフィー:ジェームズ・ハンディ
トミー・カレン:ダリウス・マクラリー
本人:ブルース・カトラー
ユニーク:ガブリエル・カッセウス
ポーリー:ポール・ハーマン
火災現場の少年:アントン・イェルチン

アメリカ 映画
配給 ニュ ー・ライン・シネマ
2001年製作 120分
公開
北米:2001年3月9日
日本:2001年5月19日
製作費 $42,000,000
北米興行収入 $24,403,550
世界 $56,360,000


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
ニューヨーク
元受刑者のチェコ人エミール・スロヴァック(カレル・ローデン)とロシア人ウルグ・ラズグル(オレッグ・タクタロフ)は入国する。

テレビ・ショー”トップ・ストーリー”のホスト、ロバート・ホーキンス(ケルシー・グラマー)は、ディレクターのカサンドラ(キム・キャトラル)から、暴力路線への抗議が殺到していると言われる。

暴力描写こそ高視聴率の鍵だと言って譲らないホーキンスだったが、カサンドラも内容を広げる考えを変えない。

市警の刑事エディ・フレミング(ロバート・デ・ニーロ)は、誰もが知る有名人であり、彼を利用してホーキンスは視聴率を稼いでいた。

タイムズスクエア
エミールはタクシーに乗り、ウルグはビデオカメラを盗み逃走する。

フレミングと同僚のレオン・ジャクソン(エイヴリー・ブルックス)と共に、ある男の逮捕現場に向かったホーキンスは、カメラマンが遅れたためにそれを取り損なう。

ミロス・カルロフ(ウラジミール・マシコフ)のアパートに向かったエミールは、銀行強盗の分け前を要求する。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
ニューヨーク
市警の刑事エディ・フレミングは、テレビ・ショー”トップ・ストーリー”のホスト、ホーキンスと組んで番組に協力し、誰もが知る人気者だった。
入国した元受刑者のチェコ人エミールとロシア人ウルグは、強盗仲間のミロスの元に向かい、奪った金の分け前を要求する。
金はないと言われたエミールは、ミロスと女を殺害するが、バスルームにいたチェコ人のダフネにそれを目撃される。
エミールはその場に火を放ち、駆け付けた放火捜査官のウォーソーは、既に捜査を始めていたフレミングに、現場の状況から殺人事件だと伝える。
ダフネを捜すエミールとウルグは、アメリカでは犯罪者でも金儲けができることを知り、その考えを利用することを考える。
相容れない関係のフレミングとウォーソーは、度々、衝突しながらも、犯人を捕らえるために協力し合い捜査を進めるのだが・・・。
__________

脚本家でもあるジョン・ハーツフェルドが、製作も兼ねて演出した作品。

誰もが認める実力派ロバート・デ・ニーロと売り出し中の若手エドワード・バーンズが、刑事と放火捜査官それぞれの立場で犯人を追い事件解決に挑む姿を描く犯罪ドラマ。

既に話題作で注目されていたシャーリーズ・セロンのゲスト的な出演や、まだキャリアが浅いヴェラ・ファーミガが、事件の鍵を握るチェコ人の女性役で重要な役を演じ、更には火災現場の少年役でアントン・イェルチンが出演しているのも注目だ。

アメリカに入国した東欧人が、警官や犯罪者でもビジネスにする社会風土を利用して悪事を繰り返し、それを捕えようとする者達とのせめぎ合いが描かれている作品。

”メディアの暴走”というテーマは面白いのだが、コメディ・タッチとシリアスな面のバランスが悪く、中途半端な展開のまま進行する物語に深みもない。

テレビ、メディアで話題の人物である街の人気者の刑事を味のある演技で演ずるロバート・デ・ニーロは、これから盛り上がるというところでドラマから姿を消してしまうのは残念だ。
それを引き継ぐ形で、メディアを批判しながら犯人を追い詰め奮闘する放火捜査官を、エドワード・バーンズが熱演している。

視聴率のためには手段を選ばない、人気テレビ・ショーのホスト、ケルシー・グラマー、主人公の同僚刑事エイヴリー・ブルックス、主人公の恋人であるテレビ・リポーターのメリーナ・カナカレデス、本作で最も目立つ役柄と言っていい、チェコ人の狂人的な犯罪者を怪演するカレル・ローデン、そのロシア人の相棒である格闘家のオレッグ・タクタロフ、彼らに脅されるチェコ人のヴェラ・ファーミガ、彼女を知るエスコート・クラブのオーナー、シャーリーズ・セロン、テレビ番組プロデューサーのキム・キャトラルセントラルパークの強盗デヴィッド・アラン・グリア、強盗仲間だった東欧人の二人に殺されるウラジミール・マシコフ、放火捜査官のジョン・ディレスタ、その上司ジェームズ・ハンディ、刑事のダリウス・マクラリー、犯人の弁護士で本人役のブルース・カトラー、主人公の同僚刑事ポール・ハーマン、火災現場の少年アントン・イェルチンなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021