4292 Movies

第3逃亡者 Young and Innocent (1937)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)★ヒッチコック登場場面
★★★★

1936年に発表された、ジョセフィン・テイのミステリー・小説”ロウソクのために一シリングを”を基に製作された作品。
殺人を疑われた青年と彼に協力する少女の真犯人探しを描く、監督アルフレッド・ヒッチコック、主演ノヴァ・ピルビームデリック・デ・マーニーパーシー・マーモント他共演のサスペンス。


ドラマ(サスペンス/犯罪)

アルフレッド・ヒッチコック Alfred Hitchcock 作品一覧
アルフレッド・ヒッチコック / Alfred Hitchcock / Pinterest


スタッフ キャスト ■
監督:アルフレッド・ヒッチコック
製作:エドワード・ブラック
原作:ジョセフィン・テイロウソクのために一シリングを
脚本
チャールズ・ベネット

エドウィン・グリーンウッド
アンソニー・アームストロング
ジェラルド・サヴォリ
アルマ・レヴィル
撮影:バーナード・ノールズ
編集:チャールズ・フレンド
音楽
ジャック・ビーヴァー

ルイス・レヴィ

出演
エリカ・バーゴイン:ノヴァ・ピルビーム

ロバート・ティスドール:デリック・デ・マーニー
バーゴイン署長:パーシー・マーモント
オールド・ウィル:エドワード・リグビー
クリスティン・クレイ:パメラ・カーメ
ガイ:ジョージ・カーゾン

ケント警部:ジョン・ロングデン
ミラー巡査部長:ジョージ・メリット
マーガレット:メアリー・クレア
エリカの叔父:ベイジル・ラドフォード

イギリス 映画
配給 General Film Distributors

1937年製作 83分
公開
イギリス:1937年11月
北米: 1938年2月17日
日本:1977年1月8日


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
人気映画女優クリスティン・クレイ(パメラ・カーメ)は、浮気していることを夫のガイ(ジョージ・カーゾン)に追及され、離婚すると言う身勝手さを批判される。

それを聞き入れようとしないクリスティンはガイの頬を叩き、彼は何も言わずに家を出る。

海辺の家を出たガイは、雨の降る中あることを考えながら瞬きをする。

翌朝、水着姿のクリスティンがベルトと共に浜に打ち上げられる。

付近を通りがかったロバート・ティスドール(デリック・デ・マーニー)は、知人だったクリスティンが倒れているのに気づき、死んでいると思い警察に通報しようとしてその場を離れる。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

★ヒッチコック登場場面
上映約14分、容疑者逃亡で混乱する裁判所の外にいる、ハンチング帽を被りカメラを持つ太った男性がアルフレッド・ヒッチコック
何かを話そうとしたりアクションをするので非常に解り易い。

*(簡略ストー リー)
人気映画女優クリスティンが殺害され、彼女の知人であった発見者のロバート・ティスドールが状況証拠から逮捕されてしまう。
凶器はロバートのレインコートのベルトであり、彼はそれをカフェ”トムズ・ハット”でなくしたことをケント警部に伝えるが信じてもらえない。
クリスティンが自分に遺産を遺したことを知ったロバートは失神してしまい、その場に居合わせた警察署長の娘エリカ・バーゴインは彼を介抱する。
その後ロバートは、コートを探すために裁判所から逃亡し、エリカの車に忍び込み彼女の協力を経てカフェに向かおうとする。
ロバートが殺人犯には思えないエリカはカフェに向い、ウィルという老人がコートを持っていることを突き止めるのだが・・・。
__________

主人公の二人が疑われ、逃亡しながら真犯人を追うという緊迫感溢れる展開、その後の作品で更に成熟された演出効果として見られる、アルフレッド・ヒッチコックの才能が様々なシーンで発揮される興味深い作品。

冒頭の男女の言い争いの迫力たるや凄まじく、間違いなく殺人を意識させる荒れ狂う波や雨、そして終盤でポイントとなる犯人の独特の表情など、オープニングでいきなり圧倒させられる。

誰の目からも犯人は明らかであり、主人公達がいかにして真相を明らかにするか、それに至るクライマックスの工夫も見所だ。

殺人の容疑者を助けることになるのが少女であり、更に警察署署長の娘だという設定も面白く、観客は二人を応援したくなる。

また、容疑者に悲壮感がなく、悪人として見ていない観客を安心させる、それ以上の好人物に見せる演出もまたよろしい。

母親がいない設定であるためか、何人もの弟達の世話をする確り者のヒロインを演ずる撮影当時まだ10代のノヴァ・ピルビームは、時折見せる少女らしい表情も実に愛らしい。

疑いを晴らすために必死に犯人を捜す青年を熱演するデリック・デ・マーニー、ヒロインの父親で警察署長のパーシー・マーモント、犯人を知る老人エドワード・リグビー、被害者の女優パメラ・カーメ、その夫である犯人のジョージ・カーゾン、警部ジョン・ロングデン、巡査部長ジョージ・メリット、ヒロインの叔母メアリー・クレア、叔父ベイジル・ラドフォードなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020