4508 Movies

イエスタデイ Yesterday (2019)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

ビートルズ”が存在しない世界で彼らの曲を発表しスターになった青年の奮闘と苦悩そして恋を描く、製作、監督ダニー・ボイル、製作、原案、脚本リチャード・カーティス、主演ヒメーシュ・パテルリリー・ジェームズジョエル・フライエド・シーランケイト・マッキノン他共演のロマンチック・コメディ。


ロマンチック・コメディ


スタッフ キャスト
監督:ダニー・ボイル

製作
ティム・ビーヴァン
エリック・フェルナー
マシュー・ジェームズ・ウィルキンソン
バーナード・ベリュー
リチャード・カーティス
ダニー・ボイル
製作総指揮
ニック・エンジェル
リー・ブレイジャー
ライザ・チェイシン
原案
ジャック・バース
リチャード・カーティス
脚本:リチャード・カーティス
撮影:クリストファー・ロス
編集:ジョン・ハリス
音楽:ダニエル・ペンバートン

出演
ジャック・マリク:ヒメーシュ・パテル
エリー・アップルトン:リリー・ジェームズ
ロッキー:ジョエル・フライ
本人:エド・シーラン
デブラ・ハマー:ケイト・マッキノン
ジェド・マリク:サンジェフ・バスカール
シェリア・マリク:ミーラ・シャール
ニック:ハリー・ミシェル
キャロル:ソフィア・ディ・マルティーノ
ルーシー:エリス・チャペル
リズ:サラ・ランカシャー
レオ:ジャスティン・エドワーズ
ギャビン:アレキサンダー・アーノルド
マーケティング責任者:ラモーン・モリス
本人:ジェームズ・コーデン
本人:マイケル・キワヌカ
ジョン・レノンロバート・カーライル

イギリス 映画
配給 ユニバーサル・ピクチャーズ
2019年製作 116分
公開
イギリス:2019年6月28日
北米:2019年6月28日
日本:2019年10月11日
製作費 $26,000,000
北米興行収入 $73,286,700
世界 $153,005,330


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
イングランドサフォーク
元音楽教師で、スーパーマーケットでバイトをするシンガーソングライターのジャック・マリク(ヒメーシュ・パテル)は、マネージャーである幼馴染のエリー・アップルトン(リリー・ジェームズ)から、”ラティテュード・フェスティバル”出演が決まったことを知らされて喜ぶ。

テントの中の小さなステージで、エリー、友人のニック(ハリー・ミシェル)、キャロル(ソフィア・ディ・マルティーノ)、ルーシー(エリス・チャペル)以外、観客もほとんどいない状態で歌ったジャックは、エリーからよかったと言われるものの心が沈む。

そこに友人ロッキー(ジョエル・フライ)が現れ、ジャックは、マイケル・キワヌカのバンドの付き人だと言う彼に誘われる。

ところが、ステージに向かったロッキーはクビになってしまう。

限界を感じて夢を諦めたジャックは、それをエリーに伝える。

エリーに車で途中まで送ってもらったジャックは、自転車で家に向かう。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
イングランドサフォーク
元音楽教師で、スーパーマーケットでバイトをするシンガーソングライターのジャック・マリクは、幼馴染の教師でマネージャーであるエリーと共に活動を続けていた。
限界を感じたジャックは夢を諦めてしまったその時、世界中で12秒間の停電が起きる。
バスに衝突して怪我をしたジャックは病院で目覚め、回復してエリーと共に退院する。
その後ジャックは、停電後に”ビートルズ”が存在しない世界になってしまったことに気づき、彼らの曲を聴いたエリーらが感激してくれたために驚く。
誰も知らないビートルズの曲でスターになることを考えたジャックは、エド・シーランにも曲が認められたために、彼と共に活動するのだが・・・。
__________

ビートルズ”が存在しない世界で、彼らの曲を発表しスターになった青年の奮闘と苦悩そして恋を描くロマンチック・コメディ。

製作を兼ねるダニー・ボイルの監督作品であり、製作、原案、脚本をリチャード・カーティスが担当している。

お馴染みの”ビートルズ”の名曲に乗り、エネルギッシュ且つ軽快に描く、ダニー・ボイルらしい楽しい作品に仕上がっている。

スターを目指した青年が夢を実現するものの、まったく違った人生を歩み生存していたという設定のジョン・レノンロバート・カーライル)から人の生き方を教えられ、愛する人との平凡な人生を選ぶクライマックスも大いに盛り上がる。

北米興行収入は約7300万ドル、全世界では1億5300万ドルのヒットとなった。

夢を諦めた後に”奇跡”が起きるものの、結局は平凡な人生を選ぶ青年を熱演するヒメーシュ・パテル、彼を支える幼馴染を好演するリリー・ジェームズ、主人公の付き人となり奮闘する友人のジョエル・フライ、主人公の才能を認める本人役のエド・シーラン、彼と主人公のマネージャーを演ずるケイト・マッキノン、主人公の両親サンジェフ・バスカールミーラ・シャール、主人公の友人ハリー・ミシェル、ソフィア・ディ・マルティーノエリス・チャペル、主人公と同じく”ビートルズ”のことを知るサラ・ランカシャージャスティン・エドワーズ、主人公のレコーディングに協力する地元の青年アレキサンダー・アーノルド、主人公のマーケティング責任者ラモーン・モリス、本人役でジェームズ・コーデンマイケル・キワヌカ、そしてジョン・レノンロバート・カーライルが演じているのは注目だ。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021