4240 Movies

ウルヴァリン: X-MEN ZERO X-Men Origins: Wolverine (2009)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

マーベル・コミック”で1963年に初登場した、スタン・リージャック・カービー原作による”X-メン”の映画化シリーズのスピンオフ作品。
「バットマン」や「ターミネーター」新シリーズ同様、主人公がいかにして物語に引き込まれていくか、その原点を描く、主演ヒュー・ジャックマンリーヴ・シュレイバーダニー・ヒューストンリン・コリンズライアン・レイノルズパトリック・スチュワート、監督ギャヴィン・フッドによるアクション大作。


・アクション/アドベンチャー


スタッフ キャスト ■
監督:ギャヴィン・フッド
製作総指揮
リチャード・ドナー

スタン・リー
製作
ヒュー・ジャックマン

ローレン・シュラー・ドナー
ラルフ・ウィンター
脚本
デヴィッド・ベニオフ

スキップ・ウッズ
撮影:ドナルド・マカルパイン
編集
ニコラス・デ・トス

メーガン・ギル
音楽:ハリー・グレッグソン=ウィリアムズ

出演
ジェームズ・ハウレット/ローガン/ウルヴァリン:ヒュー・ジャックマン

ビクター・クリード/セイバートゥース:リーヴ・シュレイバー
ウィリアム・ストライカー:ダニー・ヒューストン
ケイラ・シルバーフォックス:リン・コリンズ
レミー・ルボー/ガンビット:テイラー・キッチュ
ジョン・ライス:ウィル・アイ・アム
フレッド・デュークス/ブロブ:ケヴィン・デュランド
ウェイド・ウィルソン/デッドプール:ライアン・レイノルズ
ウェポンXI:スコット・アドキンス
エージェント・ゼロ:ダニエル・ヘニー
クリス・ブラッドリー:ドミニク・モナハン
スコット・サマーズ/サイクロプス:ティム・ポーコック
エマ・フロスト:ターニャ・トッツィー
ジョン・ハウレット:ピーター・オブライエン
トーマス・ローガン:アーロン・ジェフリー
ヘザー・ハドソン:ジュリア・ブレイク
トラヴィス・ハドソン:マックス・カレン
ジェームズ・ハウレット(若年期):トロイ・シヴァン
ビクター・クリード(若年期):マイケル=ジェームス・オルセン
マンソン将軍:スティーブン・リーダー
チャールズ・エグゼビア:パトリック・スチュワート

アメリカ 映画
配給 20世紀FOX

2009年製作 107分
公開
北米:2009年5月1日
日本:2009年9月11日
製作費 $150,000,000
北米興行収入 $179,883,160
世界 $373,062,860


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
1845年、カナダノースウエスト準州
ジェームズ・ハウレット(トロイ・シヴァン)は、父親をトーマス・ローガン(アーロン・ジェフリー)に殺される。

精神的ショックを受けたジェームズは興奮状態となり、身体の突然変異を起こし、骨爪が手から生えはじめ、ローガンを刺し殺してしまう。

ローガンは死に際に、自分がジェームズの父親だということを伝え、ビクター・クリード(マイケル=ジェームス・オルセン)と兄弟だったことを知らされる。

二人はその場を逃亡し、不死身の身体能力を生かし、南北戦争第一次第二次大戦、そしてベトナム戦争を戦い抜く。

戦いを続けるジェームズ(ヒュー・ジャックマン)とビクター(リーヴ・シュレイバー)だったが、次第に凶暴性を増すビクターは、ベトナムのある村で強姦未遂を起こし、更に上官を殺してしまう。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

参考:
・「X-メン」(2000)
・「X-MEN2」(2003)
・「X-MEN:ファイナル ディシジョン」(2006)
・「X-MEN:ファースト・ジェネレーション」(2011)
・「X-MEN: フューチャー&パスト」(2014)
・「X-MEN: アポカリプス」(2016)
____________

・「ウルヴァリン: X-MEN ZERO」(2009)
・「ウルヴァリン: SAMURAI」(2013)
・「デッドプール」(2016)
・「ローガン」(2017)

*(簡略ストー リー)
怒りを驚異的なパワーに変え、また不死身の命を授かった兄弟ビクターとジェームズは、歴史的な戦いの場に姿を現していた。
二人の前に現れたストライカー少佐は、彼らを特殊任務部隊の”チームX”に引き入れる。
チームはストライカーに率いられ、地球外のある物質を探そうとするが、その非人道的な行為に賛同できないジェームズは、チームを去る。
数年後、カナダの山中で恋人ケイラと平穏な暮らしをしていたローガン(ジェームズ)の前にストライカーが現れる。
そしてローガンは、兄ビクターがチームのメンバーを殺害しているということをストライカーから知らされるのだが・・・。
__________

近未来のSF映画的なシリーズ3作に比べても、物語は単純明快で非常に分かり易く、スピード感ある展開や迫力ある映像は見応え十分。

北米で約1億8000万ドル、全世界では約3億7300万ドルのヒットになったものの、右肩上がりだった興行収入は、シリーズ3作目に比べ大幅に減ってしまった。
(X3より約9000万ドル減/全世界)

原作知識が全くない自分は、スピンオフ作品ではあるものの実に興味深く、娯楽作として楽しめたが、原作ファンには逆に物足りない内容らしく、批評家の受けも良くない作品でもある。

個人的には、冒頭のオープニングロールと重なる、南北戦争からベトナム戦争までを主人公が戦い抜くシーンだけでも満足できる。

とにかく”理屈のいらない”痛快作で、戦争シーンだけでなく、往年の西部劇を見ているような、素朴でどこか古風な感じが漂うところがいい。

190cm近いヒュー・ジャックマンの、鍛え上げた逞しい肉体と強靭な精神力、さらに人間味を感じさせる、その絶妙なバランスが、主人公そして彼自身の最大の魅力だ。

知的な学者役あたりが似合うリーヴ・シュレイバーが、恐ろしい野獣のような変貌を見せるキャラクターも見もので、戦いの勇者の潔さを感じさせる、クライマックスの彼の姿はなんとなくホッとしたりもする。

軍の巨大極秘プロジェクトを、実質的に指揮する、巨匠ジョン・ ヒューストンの実の息子ダニー・ヒューストン、主人公の心の安らぎとして一緒に暮らしているものの、実は已む無く彼を利用していたリン・コリンズ、個性あるミュータント達、テイラー・キッチュウィル・アイ・アムケヴィン・デュランドライアン・レイノルズダニエル・ヘニードミニク・モナハンスコット・アドキンス、そして、脱出したミュータントを迎えるパトリック・スチュワートの登場も嬉しい。

劇場で、エンドロールが始まり席を立ってしまった方は、大いに後悔したことだろう・・・。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020