4219 Movies

嵐が丘 Wuthering Heights (1939)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

1847年に発表された、エミリー・ブロンテの小説”嵐が丘”を基に製作された作品。
虐げられた生活を送る孤児の復讐と屋敷の主人の娘との恋を描く、製作サミュエル・ゴールドウィン、監督ウィリアム・ワイラー、主演マール・オベロンローレンス・オリヴィエデヴィッド・ニーヴンジェラルディン・フィッツジェラルドフローラ・ロブソン他共演のドラマ。


ドラマ(ロマンス)


スタッフ キャスト ■
監督:ウィリアム・ワイラー
製作:サミュエル・ゴールドウィン
原作:エミリー・ブロンテ嵐が丘
脚本
チャールズ・マッカーサー

ベン・ヘクト
撮影:グレッグ・トーランド
編集:ダニエル・マンデル
音楽:アルフレッド・ニューマン

出演
キャシー・アーンショー・リントン:マール・オベロン

ヒースクリフ:ローレンス・オリヴィエ
エドガー・リントン:デヴィッド・ニーヴン
イザベラ・リントン:ジェラルディン・フィッツジェラルド
エレン・ディーン:フローラ・ロブソン
ヒンドリー・アーンショー:ヒュー・ウィリアムズ
ジョセフ:レオ・G・キャロル
ケネス医師:ドナルド・クリスプ
アーンショー:セシル・ケラウェイ
ロックウッド:マイルズ・マンダー

アメリカ 映画
配給 ユナイテッド・アーティスツ

1939年製作 103分
公開
北米:1939年4月13日
日本:1950年12月1日
北米興行収入 $624,640


アカデミー賞 ■
第12回アカデミー賞
・受賞
撮影賞(白黒)
・ノミネート
作品・監督
主演男優(ローレンス・オリヴィエ)
助演女優(ジェラルディン・フィッツジェラルド)
脚色・美術・作曲賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
イングランドヨークシャー
旅人ロックウッド(マイルズ・マンダー)は、吹雪の中、ある屋敷にたどり着く。

屋敷の主人のヒースクリフ(ローレンス・オリヴィエ)は、仕方なくロックウッドに部屋を与える。

ロックウッドは、使用人のジョセフ(レオ・G・キャロル)に部屋へ案内される。

夜中に目覚めたロックウッドは、窓の外から聞こえる女性の声に気づきヒースクリフを呼び、”キャシー”という言葉を聞いたことうを伝える。

動揺するヒースクリフはロックウッドを部屋から追い出し、窓を開けてキャシーの名を呼び、階下に向かい表に飛び出す。

ロックウッドはその様子を見て驚き、使用人エレン・ディーン(フローラ・ロブソン)からキャシーの話を聞く。
__________

...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
イングランドヨークシャー
旅人ロックウェルは、吹雪の中,立ち寄った屋敷の主人ヒースクリフの挙動に驚き、使用人エレンからある話を聞く。
40年前、孤児だった少年ヒースクリフは、”嵐が丘”と呼ばれる屋敷の主人アーンショーに息子のように育てられる。
ヒースクリフは、アーンショーの娘キャシーとは仲良くするが、彼女の兄ヒンドリーに嫌われる。
やがてアーンショーは亡くなり、ヒースクリフは使用人という立場でヒンドリーにこき使われる。
時は流れ、ヒースクリフはヒンドリーに復習を誓いながら、キャシーと愛し合うようになっていたのだが・・・。
__________

ヨーロッパでは戦火が近づき、映画史に残る名画が多く公開された1939年の作品。

サミュエル・ゴールドウィン製作、エミリー・ブロンテイギリス文学史上の名作をチャールズ・マッカーサーベン・ヘクトが脚色、ウィリアム・ワイラーの演出、ローレンス・オリヴィエハリウッド出演第一作でもあり、一級の文芸ドラマに仕上がっている。

原作の雰囲気をやや抑え気味に描いている感じのウィリアム・ワイラーの演出は、マール・オベロンローレンス・オリヴィエの個性と演技を重視した内容であり、重厚な映像が観る者に訴える。

主人公らの永遠の恋を描く物語なのだが、主演のマール・オベロンローレンス・オリヴィエの相性は悪く、二人は終始いがみ合い撮影現場は苦労の連続だったらしい。

そこで歴史的な出来事が起きる・・・
ローレンス・オリヴィエの愛人だったヴィヴィアン・リーは、彼の苦悩を知りハリウッドに向かい、その時、ヒロインがいないまま撮影が始まっていた「風と共に去りぬ」(1939)の撮影現場で目に留まり、”スカーレット・オハラ”役に抜擢されたのだった。

ハリウッドの名だたる名監督の作品で撮影を担当したことでも知られるグレッグ・トーランドの映像は秀逸であり、特に、神の領域を感じさせる雰囲気で映し出される、主人公二人が愛を確かめる場所の岩山の神秘的な描写などは見事で、第12回アカデミー賞では、撮影賞(白黒)を受賞した。
*他アカデミー賞ノミネート
作品・監督
主演男優(ローレンス・オリヴィエ)
助演女優(ジェラルディン・フィッツジェラルド)
脚色・美術・作曲賞

アルフレッド・ニューマンの格調高い音楽も印象に残る。

ローレンス・オリヴィエと不仲だったことが感じられない、死と共に求め続けた愛を手に入れるヒロインを好演するマール・オベロン、本作以降の活躍により世界的スターの地位を築くことになる、復讐心を貫く虐げられた孤児を熱演するローレンス・オリヴィエ、ヒロインと結婚する上流階級の子息デヴィッド・ニーヴン、その妹ジェラルディン・フィッツジェラルド、屋敷”嵐が丘”の使用人フローラ・ロブソンレオ・G・キャロル、ヒロインの兄ヒュー・ウィリアムズ、医師ドナルド・クリスプ、屋敷の主人セシル・ケラウェイ、旅人マイルズ・マンダーなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020