That's Movie Talk!     4024 Movies

ワンダーストラック Wonderstruck (2017) 3.7/5 (33)

  •  
  • 12
  • 1
  •  

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

2011年に発表された、ブライアン・セルズニックの小説”Wonderstruck”を基に製作された作品。
父親を捜す少年と孤独な少女の50年違う時代に生きた二人の運命を描く、監督トッド・ヘインズ、主演オークス・フェグリージュリアン・ムーアミシェル・ウィリアムズミリセント・シモンズ他共演のミステリー・ドラマ。


ドラマ

ジュリアン・ムーア / Julianne Moore / Pinterest


スタッフ キャスト
監督:トッド・ヘインズ
製作
パメラ・コフラー
ジョン・スロス
クリスティーン・ヴェイコン
製作総指揮
ブライアン・ベル
サンディ・パウエル
原作:ブライアン・セルズニックWonderstruck
脚本:ブライアン・セルズニック
撮影:エドワード・ラックマン
編集:アフォンソ・ゴンサウヴェス
音楽:カーター・バーウェル

出演
ベンジャミン”ベン”ウィルソン:オークス・フェグリー
リリアン・メイヒュー/ローズ・キンケイド(老年期):ジュリアン・ムーア
エレイン・ウィルソン:ミシェル・ウィリアムズ
ローズ・キンケイド:ミリセント・シモンズ
ジェニー:エイミー・ハーグリーヴズ
ジャネット:モーガン・ターナー
ジェイミー:ジェイデン・マイケル
ジェイミーの父親:ラウル・トレス
ウォルター・キンケイド:コーリー・マイケル・スミス
ウォルター・キンケイド(老年期):トム・ヌーナン
キンケイド医師:ジェームズ・アーバニアク
ジル医師:アンソニー・ナタール
オットー:ダミアン・ヤング

アメリカ 映画
配給
アマゾン・スタジオ
ロードサイド・アトラクションズ
2017年製作 117分
公開
北米:2017年10月20日
日本:2018年4月6日
製作費 $7,000,000
北米興行収入 $1,060,380
世界 $3,281,860


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
1977年ミネソタ州、ガンフリント
少年ベンジャミン”ベン”ウィルソン(オークス・フェグリー)は、狼に追われる悪夢を度々、見ていた。

従兄のロビーに起こされたベンは、伯母のジェニー(エイミー・ハーグリーヴズ)に寝るようにと言われる。

図書館員だった母エレイン(ミシェル・ウィリアムズ)を交通事故で亡くしたベンは、伯母ジェニーに預けられていた。

ベンは、12歳の誕生日のことを思い出す。
__________

父親のことを話してくれないエレインに、ベンはその理由を尋ねる。
・・・全てを見る


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
1977年、ミネソタ州、ガンフリント
母親を交通事故で亡くした12歳の少年ベンは、父親もいなかったために孤児となり伯母の家に預けられていた。
ある日、”ワンダーストラック”という本を見つけたベンは、それに挟まっていた”キンケイド書店”のしおりを見つける。
その時、落雷により意識を失ったベンは、耳が聴こえなくなってしまう。
本としおりの書店が気になるベンは、それが父を捜す手がかりだと思い、一人でニューヨークに向かう・・・。
1927年、ニュージャージー州、ホーボーケン
聾唖者の少女ローズは、厳しい父親の元から逃れようとする。
離婚した母で大女優のリリアンに会おうと考えたローズは、彼女が出演する劇場に行くために家出してマンハッタンに向かうのだが・・・。
______

ブライアン・セルズニックのベストセラー小説を彼自身が脚本を担当し、「アイム・ノット・ゼア」(2007)などの話題作で知られるトッド・ヘインズが演出した作品。

母親を事故で亡くした12歳の少年が見知らぬ父親を捜そうとする1977年と、孤独な聾唖者の少女の行動を描く1927年の物語が同時進行し、年月を経た二人の関係を描くドラマ。

進行を分かり易くするために、1927年はモノクロ、サイレントで描かれる凝った内容になっている。

ファンタジーのように宣伝された作品であり、その要素は無きにしも非ずだが、50年の時代を隔てた主人公二人の運命を描いたミステリー・ドラマである。

1977年と1927年の、その時代を再現したセットや衣装、音楽などは見事な出来栄えで、主人公の二人を演ずるオークス・フェグリーミリセント・シモンズは、健気に生きる少年少女を好演している。

少女の母親と老年期を演ずるジュリアン・ムーアの出演により、ドラマに重みが加わっている。

少年の母親を演ずるミシェル・ウィリアムズの演技も期待されたが、こちらの出演場面が少ないのはファンには残念だ。

少年ベンの伯母エイミー・ハーグリーヴズ、その娘で、ベンの家出に手を貸すモーガン・ターナー、ベンと友達になる少年ジェイデン・マイケル、その父親ラウル・トレス、少女ローズの兄コーリー・マイケル・スミス、その老年期で古書店を経営するトム・ヌーナン、ローズの父親ジェームズ・アーバニアク、ローズに読唇術などを教えようとする医師アンソニー・ナタール自然史博物館の警備員ダミアン・ヤングなどが共演している。


That's Movie Talk! © 2019 Frontier Theme
Translate / 翻訳
Scroll Up