4297 Movies

ホワイトハウス・ダウン White House Down (2013)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

アメリカの国会議事堂の爆破と共にテロ集団に占拠されたホワイトハウスに居合わせた議会警察官の、大統領と娘を含めた人質を救おうとする活躍を描く、製作、監督ローランド・エメリッヒ、主演チャニング・テイタムジェイミー・フォックスマギー・ジレンホールジェイソン・クラークリチャード・ジェンキンスジェームズ・ウッズ他共演ののサスペンス・アクション大作。


アクション/アドベンチャー


スタッフ キャスト ■
監督:ローランド・エメリッヒ
製作
ローランド・エメリッヒ

ブラッド・フィッシャー
ラリー・J・フランコ
レータ・カログリディス
ハラルド・クローサー
ジェームズ・ヴァンダービルト
製作総指揮
リード・キャロリン

ウテ・エメリッヒ
脚本:ジェームズ・ヴァンダービルト
撮影:アンナ・フォースター
編集:アダム・ウルフ
音楽
ハラルド・クローサー

トーマス・ワンカー

出演
ジョン・ケイル:チャニング・テイタム

ジェームズ・ソイヤー大統領:ジェイミー・フォックス
キャロル・フィナティ特別警護官:マギー・ジレンホール
エミール・ステンツ:ジェイソン・クラーク
イーライ・ラフェルソン下院議長:リチャード・ジェンキンス
エミリー・ケイル:ジョーイ・キング
マーティン・ウォーカー:ジェームズ・ウッズ
ドニー・ドナルドソン:ニコラス・ライト
スキップ・タイラー:ジミ・シンプソン
アルヴィン・ハモンド副大統領:マイケル・マーフィー
メラニー:ラシェル・ルフェーブル
コールフィールド将軍:ランス・レディック
ケラーマン:マット・クレイヴン
キリック:ケヴィン・ランキン
テッド・ホープ:ジェイク・ウェバー

アメリカ 映画
配給 コロンビア・ピクチャーズ

2013年製作 131分
公開
北米:2013年6月26日
日本:2013年8月16日
製作費 $150,000,000
北米興行収入 $73,103,780
世界 $205,366,740


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
ワシントンD.C.
アメリカ大統領ジェームズ・ソイヤー(ジェイミー・フォックス)は、キャロル・フィナティ特別警護官/シークレットサービス(マギー・ジレンホール)らと共に”マリーンワン”でホワイトハウスに到着する。

元軍人で”合衆国議会警察”のジョン・ケイル(チャニング・テイタム)は、同僚のケラーマン(マット・クレイヴン)と共にイーライ・ラフェルソン下院議長(リチャード・ジェンキンス)の警護を務め国会議事堂に向かう。

引退を控える大統領警護隊主任のマーティン・ウォーカー(ジェームズ・ウッズ)は、星条旗のバッジを外し、戦死した息子の写真を見ながら、ある思いを胸にホワイトハウスに向かう。

ラフェルソンの警護を終えたケイルは、アルヴィン・ハモンド副大統領(マイケル・マーフィー)の秘書に近づき、知人である彼女にシークレットサービス採用面接の手配を頼む。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
ホワイトハウス
元軍人の議会警察官ジョン・ケイルは、大統領のソイヤーのファンである娘エミリーを連れてツアーに参加する。
大統領特別警護官主任ウォーカーは、引退を控えていたが、息子を戦地で失ったことを理由に、ある行動を開始する。
国会議事堂の爆破と共に、ウォーカーは傭兵を従えてホワイトハウスを占拠し大統領を拘束する。
しかし、それに気づいたケイルは、武器を奪いその場を逃れ、別れたエミリーを捜そうとする。
非常事態となり、大統領権限を継承する副大統領ハモンドと下院議長のラフェルソンは身柄を保護される。
ウォーカーを攻撃しソイヤーを救い出したケイルは、エミリーを捜しながら、大統領を脱出させようと考えるのだが・・・。
__________

良くも悪くもローランド・エメリッヒらしい、とにかくあらゆることを盛り込んだ、満腹感を味わえる作品ではある。

”荒唐無稽”がトレードマークのようなローランド・
エメリッヒ
の本領発揮と言ったところであり、割り切って観れば楽しめるのだが、もう好きにしてくれ・・・という感じの内容を、圧巻と見るか呆気にとられるかで賛否は分かれるだろう。

相当ハチャメチャな内容でもほとんどメガ・ヒットを続けていたローランド・エメリッヒだったが、北米の興行収入は約7300万ドルで、製作費1億5000万ドルの半分も回収できず、全世界でも約2億ドルで、成功したかというのは微妙なところだ。

3カ月前に公開された「エンド・オブ・ホワイトハウス」(2013)を更にパワーアップしたような作品なのだが、ホワイトハウスの警備網をいかにして破るか、都合のよいように描かれているだけとしか言えない。

しかし、製作者側はそんなことは承知であるはずで、世界最強の警備であるホワイトハウスが”陥落”する姿が人々に受けるという単純な考えに沿った企画なのだろう。

緊迫感溢れる展開の中で、少々ユーモアを取り入れる工夫などがみられる。
クライマックスで、主人公の娘が大統領旗を振る場面は思わず噴出しそうになったのだが、なぜか妙に感動してしまったりもする。

大統領権限が一気に2段階進んでしまうというとんでもない展開に発展する内容は、その仕組みを理解する上で非常に興味深い。

下院議長の警護官(というより送迎係)は、平民からすれば立派な仕事だと思うが、大統領のファンだという娘のために上を狙う、主人公を熱演するチャニング・テイタム、平和主義者として、それを強調するためにめがねをかけたり、スニーカーを履いたりしてユーモアも見せる大統領ジェイミー・フォックス、こんな警護官がいれば頼もしいとも思える、その典型のようなマギー・ジレンホール、テロ傭兵軍団のリーダー、ジェイソン・クラーク下院議長リチャード・ジェンキンス、物語のキーパーソンの一人で主人公の娘のジョーイ・キング、愛国者として立ち上がるテロを指揮する大統領警護隊主任ジェームズ・ウッズホワイトハウスのツアー・ガイドのニコラス・ライト、ハッカーのジミ・シンプソン、副大統領マイケル・マーフィー、主人公の元妻ラシェル・ルフェーブル統合参謀本部副議長ランス・レディック、主人公の同僚役マット・クレイヴン、犯人一味の過激派ケヴィン・ランキン、特別警護官ジェイク・ウェバーなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020