5136 Movies

ザリガニの鳴くところ Where the Crawdads Sing (2022)

2018年に発表された、ディーリア・オーエンズの小説”Where the Crawdads Sing”を基に製作された作品。
殺人事件の容疑者となった湿地帯で独りで暮らす女性の人生を描く、製作リース・ウィザースプーン、監督オリヴィア・ニューマン、主演デイジー・エドガー=ジョーンズテイラー・ジョン・スミスハリス・ディキンソンデヴィッド・ストラザーンマイケル・ハイアットアーナ・オライリーギャレット・ディラハント他共演のミステリー・ドラマ。

アカデミー賞 ■ ストーリー ■ 解説


ドラマ(サスペンス/犯罪)


スタッフ キャスト
監督:オリヴィア・ニューマン
製作
リース・ウィザースプーン
ローレン・レヴィ・ノイスタッター
製作総指揮
ベッツィー・ダンバリー
ロンダ・トレフソン
ジョン・ウー
原作:ディーリア・オーエンズWhere the Crawdads Sing
脚本:ルーシー・アリバー
撮影:ポリー・モーガン
編集:アラン・エドワード・ベル
音楽:マイケル・ダナ

出演
キャサリン”カイア”クラーク:デイジー・エドガー=ジョーンズ
キャサリン”カイア”クラーク(少女期):ジョジョ・レジーナ
キャサリン”カイア”クラーク(老年期):レスリー・フランス
テイト・ウォーカー:テイラー・ジョン・スミス
テイト・ウォーカー(少年期):ルーク・デヴィッド・ブラム
テイト・ウォーカー(老年期):サム・アンダーソン
チェイス・アンドリュース:ハリス・ディキンソン
チェイス・アンドリュース(少年期):ブルー・クラーク
トム・ミルトン:デヴィッド・ストラザーン
メイベル・マディソン:マイケル・ハイアット
ジェームズ”ジャンピン”マディソン:スターリング・メイサーJr.
ジェレミー”ジョディ”クラーク:ローガン・マクレー
ジェレミー”ジョディ”クラーク(少年期):ウィル・バンドン
ジャクソン保安官:ビル・ケリー
ジュリアンヌ・クラーク:アーナ・オライリー
ジャクソン・クラーク:ギャレット・ディラハント
ジョー・パデュー保安官補:ジェイソン・ワーナー・スミス
エリック・チャステイン:エリック・ラディン

アメリカ 映画
配給 Sony Pictures Releasing
2022年製作 125分
公開
北米:2022年7月15日
日本:2022年11月18日
製作費 $24,000,000
北米興行収入 $90,230,760
世界 $140,230,760


ストーリー
1969年10月30日、ノースカロライナ州、バークレー・コーヴ。
資産家の息子チェイス・アンドリュース(ハリス・ディキンソン)が、湿地帯の火の見櫓の下で遺体で発見される。
保安官のジャクソン保安官(ビル・ケリー)と保安官補ジョー・パデュー(ジェイソン・ワーナー・スミス)は、現場を調べ始める。
チェイスの衣服に付着していた毛糸と同じ帽子を所持していた、湿地帯で独りで暮らすキャサリン”カイア”クラーク(デイジー・エドガー=ジョーンズ)が、殺人容疑で逮捕される。
カイアの弁護を引き受けた弁護士のトム・ミルトン(デヴィッド・ストラザーン)は、拘留されている彼女と話をする。
__________
1953年、カイア(ジョジョ・レジーナ)は、湿地帯で学校にも通わず家族と暮らしていた。
カイアの母親ジュリアンヌ(アーナ・オライリー)は、アルコール依存症の夫ジャクソンの暴力に耐えきれず家を出て、姉たちや兄ジェレミー”ジョディ”クラーク(ウィル・バンドン)も去ってしまう。
ジャクソンと2人暮らしになったカイアは、少年テイト・ウォーカー(ルーク・デヴィッド・ブラム)と親しくなる。
その後カイアは、ジャクソンも家を出てしまい、食べていくために、夜明け前に採ったムール貝を、親切にしてくれる雑貨店の店主夫婦ジェームズ”ジャンピン”マディソン(スターリング・メイサーJr.)とメイベル(マイケル・ハイアット)に売る。
__________
人々から”湿地の女”と呼ばれて蔑まれながら成長したカイアは、その後も友人テイトと親交を深め、彼に読み書きを教えてもらい、自然や野生生物などに興味を持ち勉強を始める。
やがてテイトと愛し合うようになったカイアだったが、彼が大学に進学することを知る。
7月4日の独立記念日に戻ることを約束したテイトは、カイアに出版社のリストを渡し、資料を送ることを提案して旅立つ。
7月4日、テイトと約束した浜辺で待っていたカイアは、彼が戻らなかったために絶望する。
1968年、カイアは、町の人気者であるチェイス(ハリス・ディキンソン)に声をかけれ、ピクニックに誘われる。
チェイスと交際を始めたカイアは、結婚も約束されて、初めて幸せを実感するのだが・・・。


解説 評価 感想

ディーリア・オーエンズの小説”Where the Crawdads Sing”を基に製作された作品。

リース・ウィザースプーンが製作に参加し、長編デビュー作「ファースト・マッチ」(2018)で高い評価を得たオリヴィア・ニューマンが監督し、主演はデイジー・エドガー=ジョーンズテイラー・ジョン・スミスハリス・ディキンソンデヴィッド・ストラザーンマイケル・ハイアットアーナ・オライリーギャレット・ディラハントなどが共演した作品。

殺人事件の容疑者となった、湿地帯で独りで暮らす女性の人生を描くミステリー・ドラマ。

少女時代に家族に見捨てられ、湿地帯で独りで暮らしながら健気に生きる主人公を見事に演じた、デイジー・エドガー=ジョーンズの演技は絶賛された。

情緒的な内容、家族に関するメロドラマとミステリーのマッチングは観る者を引きつけ、一般の受けは良かったものの、批評家の評価は低かった。

自然を映し出す美しい映像と共に、マイケル・ダナの心に沁みる心地よい音楽も印象に残る。

北米興行収入は約9000万ドル、全世界では1億4000万ドルのヒットとなった。

主人公の少女期ジョジョ・レジーナ、老年期のレスリー・フランス、主人公と親交を深めるテイラー・ジョン・スミス、少年期のルーク・デヴィッド・ブラム、老年期のサム・アンダーソン、主人公と付き合う町の青年ハリス・ディキンソン、その少年期ブルー・クラーク、主人公の弁護士デヴィッド・ストラザーン、主人公が頼る親切な雑貨店の夫婦マイケル・ハイアット、スターリング・メイサーJr.、主人公の兄ローガン・マクレー、その若年期ウィル・バンドン、保安官のビル・ケリー、保安官補のジェイソン・ワーナー・スミス、主人公の母親アーナ・オライリー、その夫ギャレット・ディラハント、検事のエリック・ラディンなどが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2022