4240 Movies

ウォンテッド Wanted (2008)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

2003-04年に発表された、マーク・ミラーJ・G・ジョーンズによるコミック・ブックのミニ・シリーズを基に映画化された作品。
充実した日々を送れない青年が、秘密結社の中で暗殺者の才能を知らされながら苦悩する姿を描く、監督ティムール・ベクマンベトフ、主演ジェームズ・マカヴォイモーガン・フリーマンアンジェリーナ・ジョリーテレンス・スタンプトーマス・クレッチマン共演のサスペンス・アクション。


アクション/アドベンチャー

モーガン・フリーマン / Morgan Freeman 作品一覧
モーガン・フリーマン / Morgan Freeman / Pinterest
ジェームズ・マカヴォイ / James McAvoy / Pinterest
アンジェリーナ・ジョリー / Angelina Jolie 作品一覧


スタッフ キャスト ■
監督:ティムール・ベクマンベトフ
製作
マーク・ E・プラット

ジム・レムリー
ジェイソン・ネッター
製作総指揮
ゲイリー・バーバー

ロジャー・バーンバウム
アダム・シーゲル
マーク・シルヴェストリ

原作
マーク・ミラー

J・G・ジョーンズ
脚本
マイケル・ブラント

デレク・ハース
クリス・モーガン
撮影:ミッチェル・アムンドセン
編集:デヴィッド・ブレナー
音楽:ダニー・エルフマン

出演
ジェームズ・マカヴォイ:ウェスリー・ギブソン
モーガン・フリーマン:スローン
アンジェリーナ・ジョリー:フォックス
テレンス・スタンプ:ペクワースキー
トーマス・クレッチマン:クロス
コモン: ザ・ガンスミス
マーク・ウォーレン:ザ・リペアマン
デヴィッド・オハラ:ミスター・X
コンスタンチン・ハベンスキー:ザ・エクターミネーター
ダート・バクタデツ:ザ・ブッチャー
クリステン・ヘイガー:キャシー
クリス・プラット:バリー
ローナ・スコット:ジャニス

アメリカ 映画
配給 ユニバーサル・ピクチャーズ
2008年製作 110分
公開
北米:2008年6月27日
日本:2008年9月20日
製作費 $75,000,000
北米興行収入 $134,508,550
世界 $341,433,250


アカデミー賞 ■
第81回アカデミー賞
・ノミネート
録音・音響編集賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
1000年前・・・・

機織の職人達が秘密の組織を作り、乱れた夜の秩序を取り戻すため、密かに刑を執行した。

彼らは自らを”フラタニティ”と呼んだ。
__________

6週間前・・・

ウェスリー・ギブソン(ジェームズ・マカヴォイ)は、生き甲斐も感じられない会社の仕事や、嫌味な上司ジャニス(ローナ・スコット)にいびられる生活にうんざりし、恋人のキャッシー(クリステン・ヘイガー)も同僚のバリー(クリス・プラット)に取られてしまう。

謎の人物ミスター・X(デヴィッド・オハラ)は、ある弾丸の製造者を求め専門家を訪ねるが、向かいのビルから何者かに襲われる。

ミスター・Xは、そのビルに飛び移り彼らを倒すが、クロス(トーマス・クレッチマン)に狙撃されて命を落とす。

生まれて7日後に、父親に捨てられたウェスリーは、最近では自分の感情が抑えられなくなることもあり、パニック障害抑制剤に頼る毎日を送っていた。

ウェスリーはドラッグ・ストアーで、彼の父が屋上で死んだ男だと話しかけてきた女性、フォックス(アンジェリーナ・ジョリー)に出会う。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

「ナイト・ウォッチ」(2004)で注目された、カザフスタン出身のティムール・ベクマンベトフの、ハリウッドデビュー作品。

*(簡略ストー リー)
仕事も私生活でも充実した日々を送れない青年ウェスリー・ギブソンは、自分の感情が抑えられなくなることもあり、パニック障害抑制剤に頼っていた。
ある日ウェスリーは、ドラッグ・ストアーで謎の女性フォックスに話しかけられ、次の瞬間、何者かに襲われてしまう。
フォックスが銃で応戦して2人は逃走し、彼女は秘密結社“フラタニティ”の本部にウェスリーを連れて行く。
そこに、リーダーのスローンが現れ、ウェスリーをテストして世界でも数人しかいない彼の能力の高さを知らせ、暗殺者の仲間に誘うのだが・・・。
__________

日本では、人気実力共にハリウッドの頂点を極めるアンジェリーナ・ジョリー主演のように宣伝されていたが、ここ数年で、実力を高く評価されている、ジェームズ・マカヴォイ主演のハード・アクション大作。

北米で約1億3500万ドル、全世界では約3億4100万ドルのヒットとなった。

第81回アカデミー賞では、録音・音響編集賞にノミネートされた。

残虐でどぎついシーンもあるが、CGを駆使し、極限を追求したアクション・シーンと斬新な映像は見応え十分。

ダニー・エルフマンのテンポの良い音楽も印象的。

小柄でひ弱、アクションなど全く似合いそうもない演技派のジェームズ・マカヴォイは、実力通りの豊かな感情表現やジムで鍛えた見事な肉体美まで披露してくれる。

伝承された暗殺者としての才能を開花させて、泣き寝入りしていた上司や同僚を叩きのめす場面は実に痛快だ。

結局、陰謀の黒幕だったモーガン・フリーマンは、さすがにどのような役を演じても様になる、いつもながらの貫禄の演技を見せてくれる。

声も荒げず、冷静沈着に物事を進めた彼が、クライマックスで見せる、不意をつかれて慌てる表情は印象的だ。

前記のように、アンジェリーナ・ジョリーが主演だと思って期待してはいけない作品で、もちろん重要な役ではあるが、彼女は脇役に徹している。

ワイルドな顔立ちなので役には溶け込んでいるが、パワフルに演じていても線が細過ぎて、やや迫力不足は否めない感じだ。

暗殺者を抹殺するための弾丸の製造者テレンス・スタンプ、息子である主人公を守るために暗殺者を抹殺していくトーマス・クレッチマン、暗殺者コモンマーク・ウォーレンコンスタンチン・ハベンスキー、ダート・バクタデツ、そして、デヴィッド・オハラ、主人公の恋人役クリステン・ヘイガー、同僚クリス・プラット、上司ローナ・スコット等が共演出演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020