4504 Movies

ウィンナー・ワルツ Waltzes from Vienna (1934)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

ヨハン・シュトラウス2世が”美しく青きドナウ”を作曲する過程と恋を描く、監督アルフレッド・ヒッチコック、主演ジェシー・マシューズエドマンド・グウェンエスモンド・ナイトフェイ・コンプトンフランク・ヴォスパー他共演のロマンス。


ドラマ(ロマンス)

アルフレッド・ヒッチコック Alfred Hitchcock 作品一覧
アルフレッド・ヒッチコック / Alfred Hitchcock / Pinterest


スタッフ キャスト
監督:アルフレッド・ヒッチコック

製作:トム・アーノルド
原作
アルフレッド・マリア・ウィルナーWalzer aus Wien
ハインツ・ライヒェルト
エルンスト・マリシュカ
脚本
ガイ・ボルトン
アルマ・レヴィル
撮影 グレン・マクウィリアムス
編集:チャールズ・フレンド
音楽:ヒューバート・バス

出演
レジ・エベゼダー:ジェシー・マシューズ
ヨハン・シュトラウス1世エドマンド・グウェン

ヨハン”シャニー”シュトラウス2世エスモンド・ナイト
ヘルガ・フォン・シュタール伯爵夫人:フェイ・コンプトン
グスタフ伯爵:フランク・ヴォスパー
エベゼダー:ロバート・ヘイル
アントン・ドレクスラー:マーカス・バロン
従者:チャールズ・ヘスロップ
メイド:ベティ・ハントリー=ライト
レオポルド:ヒンドル・エドガー
フーシェット夫人:シビル・グローヴ
カール:ビル・シャイン
機関手:バートラム・デンチ
ドメイヤー:B.M.ルイス
少年:ジョン・シンガー
秘書:シリル・スミス

イギリス 映画
配給 Gaumont British
1934年製作 80分
公開
イギリス:1934年3月7日
北米:1935年4月7日
日本:未公開


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
19世紀、ウィーン
消防隊が、出火したエベゼダー(ロバート・ヘイル)のカフェに向かう。

作曲家ヨハン・シュトラウス1世エドマンド・グウェン)の息子ヨハン”シャニー”シュトラウス2世エスモンド・ナイト)は、恋人である、エベゼダーの娘レジ(ジェシー・マシューズ)と恋の歌をデュエットしていた。

隣りのドレスサロンにいたヘルガ・フォン・シュタール伯爵夫人(フェイ・コンプトン)は、窓から見えるシャニーと彼の曲が気に入る。

シャニーは、その新曲を含めてすべてを捧げるとレジに伝える。

到着した消防隊員と共に消火活動をするエベゼダーは、レジに惹かれるパン職人のレオポルド(ヒンドル・エドガー)に、娘が2階にいることを知らせる。

ハシゴを登り2階の窓に向かったレオポルドは、何も知らないレジに火事のことを知らせる。

外の騒ぎに気づいたレジは、シャニーと揉めたレオポルドに担がれて階段を下りる際に、スカートが脱げてしまう。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストーリー)
19世紀、ウィーン
作曲家ヨハン・シュトラウス1世の息子ヨハン”シャニー”シュトラウス2世は、才能を認めてくれない父に反発しながら作曲を続けていた。
カフェの経営者エベゼダーの娘レジと恋仲だったシャニーは、伯爵夫人ヘルガに曲を気に入られ、彼女の詩に曲をつけることになる。
ヘルガとの関係に嫉妬するレジのことを気にしながら、シャニーは、様々なヒントを得て新曲を完成させようとするのだが・・・。
__________

1930年にウィーンで上演された、アルフレッド・マリア・ウィルナーの舞台劇”Walzer aus Wien”を基に製作された作品。

ヨハン・シュトラウス2世が、苦労しながら”美しく青きドナウ”を作曲して脚光を浴びるまでと、恋人と協力者である伯爵夫人との三角関係を描く、コメディタッチのロマンス。

イギリス時代のヒッチコック作品であり、それまでもコメディなどを手掛けていた彼は、本作以降はサスペンス、スリラーが主な作品となる。

楽聖映画としての面白味にくわえて、ヒッチコックの抜群のユーモアのセンスが活かされた作品でもある。

終盤、ヨハン”シャニー”シュトラウス2世が”美しく青きドナウ”を指揮する5分弱にも及ぶ演奏シーンが見せ場であり、ドラマを大いに盛り上げる。

キュートな魅力でヨハン”シャニー”シュトラウス2世の恋人を印象的に演ずるジェシー・マシューズ、息子の才能を認めない作曲家ヨハン・シュトラウス1世エドマンド・グウェン、作曲の才能を認めてもらえず、恋人と伯爵夫人の錯覚関係に悩みながらもチャンスを掴むヨハン”シャニー”シュトラウス2世を熱演するエスモンド・ナイトヨハン”シャニー”シュトラウス2世を支援する伯爵夫人のフェイ・コンプトン、その夫である伯爵をコミカルに演ずるフランク・ヴォスパー、ヒロインの父親であるカフェのオーナー役ロバート・ヘイル、伯爵夫人に協力する音楽出版者のマーカス・バロン、伯爵の従者チャールズ・ヘスロップ、伯爵夫人のメイド役ベティ・ハントリー=ライト、ヒロインに惹かれるカフェのパン職人ヒンドル・エドガー、ドレスサロンのオーナー役シビル・グローヴ、カフェの店員ビル・シャイン、機関手のバートラム・デンチ、少年のジョン・シンガー、秘書のシリル・スミスなどが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021