4236 Movies

暗くなるまで待って Wait Until Dark (1967)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

大ヒットブロードウェイ舞台劇(1966)の映画化。
盲目の女性が、夫が知らずに持ち帰った、ヘロイン入りの人形のせいで、3人の男の罠にはまっていくという、監督テレンス・ヤングオードリー・ヘプバーンアラン・アーキンリチャード・クレンナエフレム・ジンバリストJr.共演のサスペンスの秀作。


ドラマ(サスペンス/犯罪)

オードリー・ヘプバーン / Audrey Hepburn 作品一覧
オードリー・ヘプバーン / Audrey Hepburn / Pinterest


スタッフ キャスト ■
監督:テレンス・ヤング
製作:メル・ファーラー
戯曲:フレデリック・ノットWait Until Dark
脚本
ロバート・ハワード・カリントン
ジェーン=ハワード・カリントン
撮影:チャールズ・ラング
編集:ジーン・ミルフォード
音楽:ヘンリー・マンシーニ

出演
スージー・ヘンドリクス:オードリー・ヘプバーン
スカーズデール・ロート:アラン・アーキン
マイク・トールマン:リチャード・クレンナ
サム・ヘンドリクス:エフレム・ジンバリストJr.
カーリノ:ジャック・ウェストン
グローリア:ジュリー・ヘロッド
リサ:サマンサ・ジョーンズ

アメリカ 映画
配給 ワーナー・ブラザーズ
1967年製作 108分
公開
北米:1,967年10月26日
日本:1968年5月8日
製作費 $4,000,000
北米興行収入 $11,000,000


アカデミー賞 ■
第40回アカデミー賞
・ノミネート
主演女優賞(オードリー・ヘプバーン)


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
ニューヨーク
カナダから帰国したサム・ヘンドリクス(エフレム・ジンバリストJr.)は、飛行機で知り合った女性リサ(サマンサ・ジョーンズ)から、ヘロインが隠されているとは知らぬまま人形を預かる。

リサの”仕事”仲間マイク・トールマン(リチャード・クレンナ)と元刑事カーリノ(ジャック・ウェストン)が、彼女のアパートを訪ねるが、そこは別人の住まいだった。

そこに、リサのヘロインを狙う男ロート(アラン・アーキン)が現れる。

ロートは、ヘロインを独り占めにしようとしたリサを殺し、彼女が人形を渡したサムのアパートから、人形を探し出すため、マイクとカーリノを利用しようとしていた。

リサの死体を見て立ち去ろうとした二人だが、部屋中に指紋が残されていることをロートに指摘され思い留まる。

やがて、サムの妻スージー(オードリー・ヘプバーン)が帰宅するが、盲目の彼女はロートらに気づかず、写真家の夫の仕事場に向かう。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

1966年2月初演の、フレデリック・ノットの大ヒットブロードウェイ舞台劇の映画化。
舞台では、リー・レミックが盲目の主人公スージーを演じている。

*(簡略ストー リー)
ニューヨーク
カナダから戻った写真家サム・ヘンドリクスは、ヘロインが隠されているとは知らぬまま、飛行機で知り合った女性リサから人形を預かる。
その後、リサの仲間マイクと元刑事カーリノが、彼女のアパートを訪ねるものの、そこは別人の住まいで、ヘロインを狙う男ロートも現れる。
ロートは、ヘロインを手に入れるためにリサを殺し、サムのアパートから人形を探そうと、マイクとカーリノを利用しようとする。
やがて、サムの妻スージーが帰宅するが、盲目の彼女は三人に気づかなかった。
翌日、三人はスージーを監視して、サムの友人や知人を装い、彼女に探りを入れるのだが・・・。
__________

盲目のか弱き女性を演じた、オードリー・ヘプバーンの演技は、そのイメージから衝撃的であり、ドラマの緊迫感を盛り上げる。

人形を手に入れるために、三人組が一芝居打つ物語、いかにも善良な市民が主人公を助けるのではなく、悪戯好きの偏屈な少女が、鍵を握る協力者となる展開も面白い。

尚且つ、弱いながらも健気に悪と闘おうとする主人公の心理や姿を、繊細なタッチで描くテレンス・ヤングの演出も見事だ。

盲目の女性が、感覚で状況を察知する描写などが多々あり、文章で表現するには非常に苦労するストーリー。

作品のイメージから、ヘンリー・マンシーニの音楽も、今回は、あまり大袈裟なものでなく控えめになっている。

以後、出演作は減るオードリー・ヘプバーンの、最後の力演と言ってもよい作品であり、第40回アカデミー賞では、主演女優賞にノミネートされた。

現在でも活躍を続ける、犯人の首謀者役のアラン・アーキンの、変装などを含めた怪演も光る。

悪人には見えないことが逆にはまり役であるリチャード・クレンナ、冒頭とクライマックスにしか登場しない、というか、させないところが主人公の恐怖心やドラマの緊迫感を煽る、頼りになる夫エフレム・ジンバリストJr.、お調子者の元刑事ジャック・ウェストン、嫌味な少女から恩人となるジュリー・ヘロッド、人形の運び屋サマンサ・ジョーンズなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020