4478 Movies

Vフォー・ヴェンデッタ V for Vendetta (2006)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

1982年から1985年にかけてイギリスのコミック雑誌”Warrior”に白黒作品として掲載され、1988年に”Vertigo”(DCコミックス)でカラーとして復刻された、アラン・ムーアデヴィッド・ロイドによる”Vフォー・ヴェンデッタ”を基に製作された作品。
独裁国家に抵抗して革命を起こそうとする謎の男と、彼の戦いに巻き込まれる女性の運命を描く、製作、脚本ウォシャウスキー姉妹、主演ナタリー・ポートマンヒューゴ・ウィーヴィングスティーヴン・レイジョン・ハートスティーヴン・フライ他共演のスリラー。


スリラー/ホラー


スタッフ キャスト
監督:ジェームズ・マクティーグ

製作
ジョエル・シルバー
グラント・ヒル
ウォシャウスキー姉妹
製作総指揮:ベンジャミン・ワイスブレン
原作
Vフォー・ヴェンデッタ
キャラクター創造
アラン・ムーア(クレジット無し)
デヴィッド・ロイド
脚本:ウォシャウスキー姉妹
撮影:エイドリアン・ビドル
編集:マーティン・ウォルシュ
音楽:ダリオ・マリアネッリ

出演
イヴィー・ハモンド:ナタリー・ポートマン
V:ヒューゴ・ウィーヴィング
エリック・フィンチ警視:スティーヴン・レイ
アダム・サトラー:ジョン・ハート
ピーター・クリーディー:ティム・ピゴット=スミス
ゴードン・ディートリッヒ:スティーヴン・フライ
ルイス・プロセロ:ロジャー・アラム
アンソニー・ジェームズ・リリマン司教:ジョン・スタンディング
デリア・サリッジ:シニード・キューザック
エサリッジ:エディ・マーサン
ドミニク・ストーン警部補:ルパート・グレイヴス
ダスコム:ベン・マイルズ
ヴァレリー:ナターシャ・ワイトマン
ヴァレリー(少女期):イモージェン・プーツ

アメリカ/ドイツ 映画
配給 ワーナー・ブラザーズ
2006年製作 132分
公開
ドイツ:2006年3月16日
北米:2006年3月17日
日本:2006年4月29日
製作費 $54,000,000
北米興行収入 $70,511,040
世界 $132,511,040


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
1605年11月5日、ロンドン
革命を企てたガイ・フォークスは議事堂の爆破計画を実行するが、それに失敗して捕えられ処刑(1606年1月31日)される。

2020年11月4日。
第三次大戦後にアメリカは崩壊し、イギリスは、保守政党”ノースファイアー党”の設立者であるアダム・サトラー(ジョン・ハート)が実権を握り独裁国家となっていた。

国営放送BTNで働くイヴィー・ハモンド(ナタリー・ポートマン)は、外出禁止時間を過ぎて入るにも拘らず、食事に誘われていたため街に向い、秘密警察のフィンガーメンに襲われそうになる。

その場にい現れた”ガイ・フォークス”の仮面を被った男(ヒューゴ・ウィーヴィング)は、フィンガーメンを叩きのめしてイヴィーを助ける。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
2020年11月4日。
国営放送BTNの局員イヴィー・ハモンドは、秘密警察のフィンガーメンに襲われるが、400年前に革命を起こそうとした”ガイ・フォークス”の仮面を被った男Vに助けられる。
日付が変わった11月5日、過去を思い出すべきだと語るVは、イヴィーの前で”オールド・ベイリー”(中央刑事裁判所)を爆破する。
混乱するイギリスを統治する独裁者サトラーが率いるノースファイアー党に制裁を加えるため、Vは計画を実行し始める。
悲しい過去を背負うイヴィーはVの影響を受け、彼の計画に手を貸そうとするのだが・・・。
__________

マトリックス」三部作、「ムーラン・ルージュ」(2001)、「スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃」(2002)などの助監督を務めたジェームズ・マクティーグの監督デビュー作品。
マトリックス」シリーズのジョエル・シルバーウォシャウスキー姉妹(脚本兼)が製作を担当している。

17世紀初頭に起きた、イングランド国教会優遇政策に反対する、カトリック教徒の過激派によるクーデター未遂事件”火薬陰謀事件”の実行責任者である、ガイ・フォークスの遺志を受け継いだ謎の男の反乱計画を描くスリラー。

近未来の独裁国家を舞台に、抑圧された国民に過去を思い起こさせながら、統治者に制裁を加えるため権力に立ち向かう男の戦いと、彼に影響を受けて運命を共にする女性の生き様を描く、重厚な内容となっている。

北米興行収入は約7100万ドル、全世界では約1億3300万ドルのヒットとなった。

北米公開は2005年11月5日に予定されていたが、4か月前に起きた”ロンドン同時爆破事件”での地下鉄爆破と、本作のクライマックスが重なるという配慮から翌2006年3月の公開に変更された。

オーディションで役を得た主演のナタリー・ポートマンは、単なるテレビ局員から、国家の運命を担う人物に変貌していく女性を、スキンヘッドにまでなって熱演している。

独裁政権の犠牲者でもあった、復讐を企む謎の男を演ずるヒューゴ・ウィーヴィングは、命を落とすまで一度も素顔を見せないのだが、クライマックスで、マスクを外す群衆の中の1人として一瞬だけ登場している。

テロ事件を追うスコットランドヤードの警視スティーヴン・レイ、独裁国家を統治する保守政党の議長ジョン・ハート、党幹部である秘密警察の長官ティム・ピゴット=スミス、人気コメディアンであるテレビ番組のホスト、スティーヴン・フライ、党の宣伝担当ロジャー・アラム、党員である司教ジョン・スタンディング、ウィルス実験に関わった科学者シニード・キューザック、党幹部エディ・マーサンベン・マイルズスコットランドヤードの警部補ルパート・グレイヴス、Vの隣の監房に捕えられていた、手紙により主人公に勇気を与える女性ナターシャ・ワイトマン、その少女期のイモージェン・プーツなどが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021