4130 Movies

ヴァレリアン 千の惑星の救世主 Valerian and the City of a Thousand Planets (2017)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

ピエール・クリスタンジャン=クロード・メジエールによるフランスの漫画シリーズ、”Valérian and Laureline”を基に製作された作品。
巨大宇宙ステーションを危機から救おうとする連邦捜査官の活躍を描く、監督、脚本リュック・ベッソン、主演デイン・デハーンカーラ・デルヴィーニュクライヴ・オーウェンリアーナイーサン・ホークハービー・ハンコック他共演のスペース・オペラ。


SF


スタッフ キャスト
監督:リュック・ベッソン

製作:ヴィルジニー・ベッソン=シラ
製作総指揮
マーク・ギャオ
グレゴリー・ウェノン
JC・チェン
原作
Valérian and Laureline
ピエール・クリスタン
ジャン=クロード・メジエール
脚本:リュック・ベッソン
撮影:ティエリー・アルボガスト
編集:ジュリアン・レイ
音楽:アレクサンドル・デスプラ

出演
ヴァレリアン少佐:デイン・デハーン
ローレリーヌ軍曹:カーラ・デルヴィーニュ
アルン・フィリット司令官:クライヴ・オーウェン
バブル:リアーナ
客引きジョリー:イーサン・ホーク
国防大臣:ハービー・ハンコック
オクト=バー将軍:サム・スプルエル
海賊ボブ:アラン・シャバ
世界連邦大統領:ルトガー・ハウアー
ネザ軍曹:クリス・ウー
皇帝ハバン=リマイ:エリザベス・デビッキ
皇后アロイ:ポーリン・ホアラウ
リホ=ミナー王女:サーシャ・ラス
ギブソン少佐:オーラ・ラパス
ガイド・タジート:エリック・ランパール
アイゴン・サイラス:ジョン・グッドマン
ドーガン=ダギー:グラント・モニンジャー
ドーガン=ダギー:ロビー・リスト
ドーガン=ダギー:クリストファー・スウィンドル
アレックス:クロエ・ホリングス

フランス 映画
配給 EuropaCorp Distribution
2017年製作 137分
公開
フランス:2017年7月26日
北米:2017年7月21日
日本:2018年3月30日
製作費 $177,200,000
北米興行収入 $41,189,490
世界 $225,874,230


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
20世紀から始まった国際宇宙ステーション計画は、長い年月を経て、一千もの地球外種族が共存して巨大化した。

世界連邦大統領(ルトガー・ハウアー)は、”アルファ宇宙ステーション”が軌道上で質量の限界に達し、地球にとって大きな脅威になったことを表明する。

アルファを地球の重力圏外に放出し、平和と結束のメッセージを宇宙の果てに届ける考えを大統領は伝える。

400年後、28世紀、惑星ミュール QN34座。
ヒューマノイド型種族パール人は、強大なエネルギーを持つ真珠を、小動物の”ミュール・コンバーター”を使って複製していた。

王女リホ=ミナー(サーシャ・ラス)は目覚め、皇帝ハバン=リマイ(エリザベス・デビッキ)と皇后アロイ(ポーリン・ホアラウ)は、採取された真珠を確認する。

皇帝から受け取った真珠をコンバーターで複製したリホ=ミナーは、上空からの無数の落下物に気づき動揺する。

攻撃を受けた巨大な宇宙船が、地上に墜落して大爆発を起こす。

皇帝らは避難するものの、リホ=ミナーは逃げ遅れてしまう。

悲しむ王子である兄ツウリや両親らに別れを告げたリホ=ミナーは、テレパシーでメッセージを発信する。

その夢を見て目覚めたアルファの連邦捜査官ヴァレリアン少佐(デイン・デハーン)は、部下のローレリーヌ軍曹(カーラ・デルヴィーニュ)と共に任務に就いていた。
・・・全てを見る


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
28世紀。
千もの種族が共存する巨大宇宙ステーション”アルファ”の連邦捜査官ヴァレリアン少佐は、惹かれている部下のローレリーヌ軍曹と共に、ある貴重な小動物”コンバーター”の回収を命ぜられる。
任務を遂行してアルファに戻ったヴァレリアンとローレリーヌは、司令官フィリットの護衛を任される。
アルファの中心部で感染区域が見つかり、それに対処するフィリットの考えを知ったヴァレリアンは、夢で見た壊滅した惑星と女性の姿が脳裏から離れないまま行動するのだが・・・。
__________

ピエール・クリスタンジャン=クロード・メジエールによるフランスの漫画シリーズ、”Valérian and Laureline”を愛読して育ったリュック・ベッソンが、1億7700万ドルの巨費を投じて脚本も兼ねて監督した超大作。

巨大宇宙ステーションを危機から救おうとする連邦捜査官の活躍を描くスペース・オペラ

現在の映画界のSF作品の中ではそれほど斬新な内容とも言えないが、その美しい映像やスケールを感じさせる演出はまずまず見応えある。

惑星壊滅の秘密に隠された陰謀が主なテーマであり、戦いの中で思い通りに進展しない主人公二人のロマンスも並行して描かれている。

その主人公ヴァレリアンを演ずるデイン・デハーンとローレリーヌ役のカーラ・デルヴィーニュが少年少女のようであり、恋を語るのはいいが、結婚の話まで進展すると両者のイメージには合わないところなどが気になる。

北米興行収入は約4100万ドルに終わるものの、全世界では2億2600万ドルのヒットとなった。

戦闘指揮官としての役目を果たしたとは言え、惑星を滅ぼす戦いで多くの命を奪った、陰謀の黒幕である司令官のクライヴ・オーウェン、主人公に協力するグラモポッドのエンターティナー、リアーナ、彼女の客引きイーサン・ホーク、国防大臣のハービー・ハンコック、陰謀を暴こうとする連邦軍の将軍サム・スプルエル、その部下クリス・ウー、主人公らに協力する海賊アラン・シャバ、世界連邦大統領のルトガー・ハウアー、惑星ミュール皇帝エリザベス・デビッキ、皇后のポーリン・ホアラウ、王女のサーシャ・ラス、コンバーター回収作戦で主人公に協力する連邦軍の少佐オーラ・ラパス、巨大マーケットのガイド、エリック・ランパール、マーケットの闇ディーラー、ジョン・グッドマン、エイリアンの情報屋トリオ、グラント・モニンジャー、ロビー・リスト、クリストファー・スウィンドル、主人公の宇宙船イントルーダーに搭載されているAIの声クロエ・ホリングスなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020