4213 Movies

アップサイドダウン Upside Down (2012)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

二重重力が働く双子の惑星、下の世界の貧しい青年と上の世界の富裕層の女性の愛を描く、監督、脚本フアン・ソラナス、主演ジム・スタージェスキルスティン・ダンストティモシー・スポールSFロマンス。


SF


スタッフ キャスト ■
監督:フアン・ソラナス
製作
アトン・スマーシュ

アレクシ・ヴォナール他
製作総指揮:フィル・ホープ他
脚本:フアン・ソラナス

撮影:ピエール・ギル
編集:ポール・ジュトラ
音楽:ブノワ・シャレスト

出演
アダム・カーク:ジム・スタージェス

エデン・ムーア:キルスティン・ダンスト
ボブ・ボルショヴィッツ:ティモシー・スポール
重役:ジェイン・ハイトメイヤー
アルバート:ブル・マンクマ
パブロ:ニコラス・ローズ
アダム・カーク(12歳):エリオット・ラーソン
エデン・ムーア(10歳):モラーヌ・アーカンド

カナダ/フランス 映画
配給
ワーナー・ブラザーズ(フランス)
ミレニアム・エンタテインメント(北米)
2012年製作 107分
公開
カナダ:2013年4月26日
フランス:2013年5月1日
北米:2013年3月15日
日本:2013年9月7日
製作費 $60,000,000
北米興行収入 $105,100
世界 $8,106,480


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
宇宙で唯一”二重引力”が存在する太陽系。
正反対に引力が働いている双子の惑星では、上は富裕層、下は貧困層が暮らしていた。

上と下の住人は交流を禁じられ、双方をつなぐ巨大企業”トランスワールド”が、下の石油を搾取していた。

トランスワールドが起こした大爆発で両親を亡くした少年アダム・カーク(エリオット・ラーソン)は、下の世界で養護施設に入れられていた。

ある日、上の世界の少女エデン・ムーア(モラーヌ・アーカンド)と出会ったアダムは、彼女との天空を眺めながらの交流を始める。

時は流れ、親交を深めたアダム(ジム・スタージェス)とエデン(キルスティン・ダンスト)は愛し合うようになるが、警備隊に見つかってしまう。
・・・全てを見る


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
宇宙で唯一”二重引力”が存在する太陽系。
下の世界の貧しい少年アダム・カークは、上の世界の富裕層の少女エデン・ムーアと出会い恋に落ちる。
しかし、接することを禁じられている世界で、二人は引き離されエデンは記憶を失ってしまう。
10年後、アダムは、テレビでエデンの姿を見かけ、彼女に会うために、二つの世界が繋がる大企業”トランスワールド”に入社する。
アダムは、上のオフィスのボブと親しくなりながら、抗老化クリームを開発して会社に認められようとしていた。
そしてアダムは、エデンに会うために、重力を変えられる逆物質を使い上の世界に向かうのだが・・・。
__________

奇抜なアイデアとファンタジックな雰囲気、不思議な世界を映し出す序盤は興味深く観れる。

上下が逆転している二つの世界が接している映像はなかなか凝っているのだが、圧迫感があり鬱陶しい感じもする。

アルゼンチン映画界の巨匠、フェルナンド・F・ソラナスの息子フアン・ソラナスの演出は、ビジュアルを重視した幻想的なイメージに終始し、美術絵画を見ているような映像は実に美しい。

しかし、魅力的なキャストにも拘らず、北米市場では公開されたと言えない状況で、6000万ドルをかけた製作費を回収することもできず、商業的には大失敗に終わってしまった作品。

幸薄い人生から抜け出そうとして、世界を変える夢を抱き続ける青年ジム・スタージェス、彼の一途な愛に記憶を取り戻し応えるキルスティン・ダンスト、彼らしい人情味豊かな役柄がいい、二人の協力者ティモシー・スポール、重役ジェイン・ハイトメイヤー、主人公と共に研究を続ける親友のブル・マンクマとニコラス・ローズなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020