4186 Movies

スラムドッグ$ミリオネア Slumdog Millionaire (2008)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

世界各国、独自の形式で放映されているイギリス発祥のクイズ番組”Who Wants to Be a Millionaire”で正解し続ける青年の、出場の理由の影にあるインドの抱える社会問題、貧困に喘ぐ人々や子供達の生活を赤裸々に描く、監督ダニー・ボイル、主演デーヴ・パテルフリーダ・ピントアニル・カプールイルファーン・カーン他共演によるラブ・ロマンス。


ドラマ(ロマンス)


スタッフ キャスト ■
監督:ダニー・ボイル
製作:クリスチャン・コルソン
脚本:サイモン・ビューフォイ
撮影:アンソニー・ドッド・マントル
編集:クリス・ディケンズ
音楽:A.R.ラフマーン

出演
デーヴ・パテル:ジャマール・マリク
マドゥル・ミッタル:サリーム・マリク
フリーダ・ピント:ラティカ
アニル・カプール:プレーム・クマール
イルファーン・カーン:警部
アンカー・ヴィカル:ママン
マヘシュ・マンジレカー:ジャヴェド・カーン
アーユッシュ・マヘーシュ・ケーデカール:ジャマール(幼少期)
アズルディン・モハメド・イスマイル:サリーム(幼少期)
ルビーナ・アリ:ラティカ(幼少期)
タナイ・チェーダー:ジャマール(少年期)
アーシュトーシュ・ローボー・ガージーワーラー:サリーム(少年期)
タンヴィー・ガネーシュ・ローンカル:ラティカー(少女期)

イギリス 映画
配給
Pathe Pictures International(イギリス/ヨーロッパ)
フォックス・サーチライト・ピクチャーズ(北米)
ワーナー・ブラザーズ

2008年製作 120分
公開
イギリス:2009年1月9日
北米:2008年11月12日
日本:2009年4月18日
製作費 $15,000,000
北米興行収入 $141,319,930
世界 $377,417,290


アカデミー賞 ■
第81回アカデミー賞
・受賞
作品・監督・脚色・編集・撮影・録音・作曲・歌曲賞
・ノミネート
音響編集賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
2006年、インドムンバイ
コールセンターで働くジャマール・マリク(デーヴ・パテル)は、人気クイズ番組”Who Wants to Be a Millionaire”に出演し、賞金2000万ルピー獲得寸前で警察に連行されてしまう。

スラム育ちのジャマールは、教養も知識もないはずなのに、次々と問題を解き、何か細工をしているのではないかと疑われたのだ。

警部(イルファーン・カーン)は、ジャマールを拷問するが、彼は答えを知っていたと言い張り、番組をビデオで再生しながらその理由を語り始める。

番組の問題の答えは、ジャマール/幼少期(アーユッシュ・マヘーシュ・ケーデカール)が、スラムの極貧生活を兄のサリーム/幼少期(アズルディン・モハメド・イスマイル)と生き抜いた生活の中で、経験したことで回答できたのだった。
___________

・・・全てを見る


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
2006年、インドムンバイ
コールセンターで働くジャマール・マリクは、クイズ番組”Who Wants to Be a Millionaire”に出演する。
教養も知識もないはずの、スラム育ちの彼が、次々に問題を解いていくことが疑問視されてしまい、2000万ルピー獲得寸前で、警察に連行されてしまう。
警部はジャマールを拷問するが、幼少期に彼は、スラムの極貧生活を兄のサリームと生き抜き、その中で経験したことなどで回答ができたことを訴え、その頃を思い出す。
イスラム教徒の暴動で、目の前で母を殺されたジャマールとサリームは、同じく孤児のラティカと出会い、住む家もない日々を過ごす。
ある日3人は、ママンという男に、子供達が集まる”孤児院”のような施設に連れて行かれる。
ジャマール達にとって、飢えから解放されるその施設は、天国のように思える場所だったのだが・・・。
__________

ダニー・ボイルは、自ら運命を切り開こうとする、若者の逞しい姿とロマンスを、躍動感ある映像と演出で力強く描き切っている。

第81回アカデミー賞では、ノミネート9部門の内、作品賞以下8部門で受賞し、世界各国で絶賛された作品。
・受賞
作品・監督・脚色・編集・撮影・録音・作曲・
歌曲賞
・ノミネート
音響編集賞

インドを舞台にした、地元俳優を多く起用したイギリス映画として、予算不足の中、ようやく完成した作品で、北米ではわずか10館の上映から始まり、アカデミー賞受賞以後、さらに支持層を広げ続け、全世界で約3億7700万ドルの興行収入を上げた。

製作費 $15,000,000
北米興行収入 $141,319,930

ムンバイのスラム街で暮らす人々の精神的な強さと逞しく生きる姿に、冒頭から圧倒され、そのスピーディーでスリリングな映像と、A.R.ラフマーンの音楽が見事にマッチし、あたかもミュージカル映画を見ているような雰囲気でもある。

その、リズミカルでテンポの良い展開とは裏腹に、溢れる孤児達の悲惨な生活は、これが作り物で現実ではなく、映画の中だけであってほしいと願ってしまうほど痛々しい。

無邪気なのは姿だけで、たちまち、大人達の厳しく陰湿な世界に順応しなければならない子供達が、世の中には数知れずいるかと思うと、それもまた信じ難い現実だ。

アクションでもSF大作でもない作品で、これだけのパワーを感じさせてくれものはかつてなかったように思える。
ラストの若者達のダンスには、全世界が拍手喝采だっただろう!!

主人公を演ずる青年デーヴ・パテル、兄マドゥル・ミッタル、彼らと生き抜く少女フリーダ・ピント、番組司会者のアニル・カプール、警部のイルファーン・カーン、子供達を物乞いにする男アンカー・ヴィカル等が共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020