4354 Movies

4デイズ Unthinkable (2010)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

テロリストが仕掛けた核爆弾の所在を突き止めようとする特別尋問官と、担当するFBI捜査官らの事件解決に向けた駆け引きと苦闘を描く、主演サミュエル・L・ジャクソンキャリー=アン・モスマイケル・シーン他共演、監督グレゴール・ジョーダンによるサスペンス。


ドラマ(サスペンス/犯罪)


スタッフ キャスト ■
監督:グレゴール・ジョーダン
製作
カルデコット・チャブ

ヴァネッサ・コイフマン
ウィリアム・O・パーキンスⅢ世

マルコ・ウェバー
製作総指揮
レイチェル・ローズ
ヴィンス・シリンシオン
脚本:ピーター・ウッドウォード

撮影:オリヴァー・ステイプルトン
編集:スコット・チェスナット
音楽:グレーム・レヴェル

出演
ヘンリー・ハロルド・ハンフリーズ/H:サミュエル・L・ジャクソン

ヘレン・ブロディ:キャリー=アン・モス
ユセフ・アタ・ムハメッド/スティーブン・アーサー・ヤンガー:マイケル・シーン
D.J.ジャクソン:ブランドン・ラウス
チャールズ・トムソン:スティーヴン・ルート
ジャック・サンダース:マーティン・ドノヴァン
ヴィンセント:ギル・ベローズ
フィリップス:ジョシュア・ハート
ポールソン将軍:ホームズ・オズボーン
カークメジャン大佐:マイケル・ローズ
アルヴァレス:ベニート・マルティネス

ブラッドリー:ランディ・オグレズビー
レアンドロ:ヴィンセント・ラレスカ
ジハン・ヤンガー:ネカー・ザデガン
リナ・ハンフリーズ:ローラ・コジョヴィック

アメリカ 映画
配給
ソ ニー・ピクチャーズ・エンタテインメント
Senator U.S.
2010年製作 97分
公開
北米:2010年6月14日
日本:2011年9月23日
製作費 $15,000,000
世界 $5,483,530


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
イスラム教徒であるアメリカ人で、元陸軍特殊部隊”デルタフォース”隊員のスティーブン・アーサー・ヤンガー(マイケル・シーン)は、ユセフ・アタ・ムハメッドと改名し脅迫ビデオを撮影する。

火曜日。

ロサンゼルスFBI支局。
テロ活動を監視するチームのヘレン・ブロディ(キャリー=アン・モス)は、D.J.ジャクソン(ブランドン・ラウス)、ヴィンセント(ギル・ベローズ)、レアンドロ(ヴィンセント・ラレスカ)、フィリップス(ジョシュア・ハート)らと朝の打ち合わせを済ます。

フィリップスは、CIAの資料にあったヘンリー・ハロルド・ハンフリーズ(サミュエル・L・ジャクソン)に注目し、彼自身には問題ないのだが、ボスニア人の妻リナ(ローラ・コジョヴィック)が、ボスニア戦争当時に不穏な活動に関わっていたことをブロディに伝える。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
イスラム教徒であるアメリカ人で、元陸軍特殊部隊”デルタフォース”隊員のヤンガーはユセフと改名し、核爆弾を3都市に仕掛けたという予告ビデオを政府に送る。
ロサンゼルスFBI支局、テロ対策チームを指揮するブロディは、殺人の容疑者として指名手配されたユセフが、自分達のリストに入っていることに疑問を持つ。
資料の手違いでヘンリー・ハロルド・ハンフリーズ/Hを連行したブロディは、謎の男である彼が危険人物であることを知る。
Hは国防情報局のトムソンにより釈放されるが、極秘命令で向かった施設でブロディと再会する。
軍が指揮するその場で、Hとブロディらはユセフの仕掛けた爆弾を探す極秘命令を受け、既に捕えられていたユセフの尋問を始める。
ところが、ユセフは要求すら語らず、残虐な行為で痛めつけるHの拷問にも耐える。
それを非合法だと言うブロディだったが、それを無視したHは、爆破時刻が迫る中、拷問をエスカレートさせていく・・・。
__________

民間人の大量殺戮を計画し自らの主張を認めさせようとするテロリストの考え、それに対処する強大な権力の下で人道を無視した行為を実行する側、当然、どちらを正当化することもできないというジレンマで覆いつくされたような作品。

数百~1000万の命が奪わる可能性が迫る緊迫感の中で、舞台劇のような凄まじい演技のぶつかり合いが繰り広げられる内容は、残虐性も含めてかなり衝撃的で、リアリティーを感じさせる展開は恐ろしいの一言だ。

魅力的なキャスティングが見所の作品なのだが、北米を含め一般公開されたとは言えない程度の興行だった理由は、やはりその内容の過激さにあったのだろう。

容姿からして危険人物に見える主演のサミュエル・L・ジャクソンは、登場しただけで威圧感があり、圧倒的な迫力で画面を占領する。

FBIのエリート捜査官だけあり堅実に仕事を進めるキャリー=アン・モスは、苦悩しながら捜査に全力を尽くす役柄を好演している。

核爆弾を主要都市に仕掛けるだけの技量、そしてプロの雰囲気を感じさせながら、拷問に耐えて目的を達するマイケル・シーンの熱演は光る。

FBI捜査官のブランドン・ラウスギル・ベローズジョシュア・ハートヴィンセント・ラレスカ、彼らの上司で支局長補佐のマーティン・ドノヴァン、国防情報局員のスティーヴン・ルート、捜査の指揮官ホームズ・オズボーン、その部下マイケル・ローズ、主人公のアシスタント、ベニート・マルティネス、全権を握る政府関係者ランディ・オグレズビー、ユセフ(マイケル・シーン)の妻ネカー・ザデガン、主人公の妻ローラ・コジョヴィックなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020