4504 Movies

チャーリーと14人のキッズ Daddy Day Care (2003)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

会社を解雇されたエリート・サラリーマンがひょんなことから保育園経営を思いつき悪戦苦闘する姿を描く、主演エディ・マーフィジェフ・ガーリンスティーヴ・ザーンレジーナ・キングアンジェリカ・ヒューストン他共演、監督スティーヴ・カーによるハート・ウォーミング・コメディ。


コメディ


スタッフ キャスト ■
監督:スティーヴ・カー
製作総指揮
ダン・コルスラッド

ジョー・ロス
ハイディ・サンテリ
製作
マット・ベレンソン
ジョン・デイヴィス

ウィク・ゴッドフリー
脚本:ジェフ・ロドキー
撮影:スティーヴン・ポスター
編集:クリストファー・グリーンバリー
音楽:デヴィッド・ニューマン

出演
チャーリー・ヒントン:エディ・マーフィ

フィル:ジェフ・ガーリン
マービン:スティーヴ・ザーン
キム・ヒントン:レジーナ・キング
グウィネス・ハリダン:アンジェリカ・ヒューストン
ブルース:ケヴィン・ニーロン
ダン・キュービッツ:ジョナサン・カッツ
ペギー:シオバン・ファロン・ホーガン
ケリー:レイラ・アルシーリ
クリスピンの母:リサ・エデルスタイン
ジェニー:レイシー・シャベール
ジム・フィールズ:ウォレス・ランガム
ベッカ:ヘイリー・ノエル・ジョンソン
ニッキー:アーサー・ヤング
マックス:マックス・バークホルダー

フラッシュ/トニー:ジミー・ベネット
ベン・ヒントン:カーマニ・グリフィン
ショーン:シーザー・フローレス
ディラン:フェリックス・アキル
ジェイミー:エル・ファニング

クリスピン:シェーン・バウメル

アメリカ 映画
配給 コロンビア・ピクチャーズ

2003年製作 92分
公開
北米:2003年5月9日
日本:2003年12月20日
製作費 $60,000,000
北米興行収入 $104,148,780
世界 $164,433,870


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
広告代理店に勤務する、やり手社員チャーリー・ヒントン(エディ・マーフィ)は、忙しい仕事の合間に息子ベン(カーマニ・グリフィン)が通う予定の名門保育園”チャップマン・アカデミー”に向かう。

妻キム(レジーナ・キング)とベンに迎えられたチャーリーは、早速、保育園の入園案内を受ける。

園長のグウィネス・ハリダン(アンジェリカ・ヒューストン)に挨拶して園内を案内されていたチャーリーは、会社からの呼び出しで、キムらを残してその場を立ち去る。

社に戻ったチャーリーは、同僚のフィル(ジェフ・ガーリン)の子供も同じ保育園だと聞き安心する。

しかし、チャーリーとフィルの担当する自然食シリアルの販売が不調となり彼らは解雇されてしまい、妻キムはショックを受ける。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

2007年続編「チャーリーと18人のキッズ in ブートキャンプ」が公開された。

*(簡略ストー リー)
広告会社勤務のエリート・サラリーマンのチャーリー・ヒントンは、同僚で親友のフィルと共に自然食シリアルの販売促進を担当していた。
しかし、その販売は不調となり、二人はあっさりと解雇されてしまう。
チャーリーは、それほど深刻には考えていなかったのだが、やがて生活は苦しくなり、妻のキムが働きにでることになり、名門保育園に通う息子のベンも退園させることになる。
代わりの保育園が見つからないために、失業中のチャーリーが、仕方なく息子の面倒を見ることになる。
そんなチャーリーは、友人のちょっとした言葉から、保育園経営を思いつく。
フィルと共に保育園を始めたチャーリーだったが、子供達の扱いは思い通りには行かなかった。
さらにチャーリーは、ライバル名門保育園の園長ハリダンの妨害にも遭い、悪戦苦闘の毎日が続く・・・。
__________

「ドクター・ドリトル2」(2001)のエディ・マーフィと監督スティーヴ・カーが再びコンビを組んだ作品で、大人達が、お決まりであるキッズに困り果てる単純なストーリーと思いきや、ライバルの意地悪園長との戦いや、主人公が金銭や物質欲を捨てて、親子愛と家族の絆を選ぶ姿を、押し付けがましくなく描いた痛快作に仕上がっている。

6000万ドルの製作費をかけ、北米で1億ドルを超す興行収入を記録し、全世界では、約1億6000万ドルを超すヒットとなった。

デヴィッド・ニューマンの軽快な音楽も心地良い。

今回はエリートらしく、それほどのバカ騒ぎをしないエディ・マーフィは、思慮深い父親役を好演し、愛くるしい息子役カーマニ・グリフィンとの愛称も抜群で、ホロリとさせる父子愛も見せてくれる。

頼りにはならないが、子供の世話に奮闘する、主人公の友人ジェフ・ガーリンと子供達に”トレッキー”役が受けるスティーヴ・ザーン、主人公の妻レジーナ・キング、敵役の園長を迫力で演ずるアンジェリカ・ヒューストン、その助手のレイシー・シャベール、福祉課の職員ジョナサン・カッツ、主人公の友人シオバン・ファロン・ホーガン、元同僚役のケヴィン・ニーロンウォレス・ランガム、子供の母親リサ・エデルスタインレイラ・アルシーリ他、子供達の生き生きした演技も見ものだ。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021