4544 Movies

山羊座のもとに Under Capricorn (1949)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★ヒッチコック登場場面
★★★☆☆

1937年に発表された、ヘレン・シンプソンの小説”Under Capricorn”を基に製作された作品。
イギリスの植民地であったオーストラリアを舞台に、過去の傷を引きずる夫婦と二人に力を貸す青年の関係を描く、製作、監督アルフレッド・ヒッチコック、主演イングリッド・バーグマンジョセフ・コットンマイケル・ワイルディングマーガレット・レイトン他共演のドラマ。


ドラマ(ロマンス)

アルフレッド・ヒッチコック Alfred Hitchcock 作品一覧
アルフレッド・ヒッチコック / Alfred Hitchcock / Pinterest

イングリッド・バーグマン / Ingrid Bergman / Pinterest


スタッフ キャスト ■
監督:アルフレッド・ヒッチコック
製作
シドニー・バーンスタイン

アルフレッド・ヒッチコック
原作:ヘレン・シンプソンUnder Capricorn
脚本
ジェームズ・ブリディ

ヒューム・クローニン
撮影:ジャック・カーディフ
編集:バート・ベイツ
音楽
ルイス・レヴィ

リチャード・アディンセル

出演
ヘンリエッタ・フラスキー:イングリッド・バーグマン

サムソン”サム”フラスキー:ジョセフ・コットン
チャールズ・アデア:マイケル・ワイルディング
ミリー:マーガレット・レイトン
リチャード・バーク卿:セシル・パーカー
コリガン:デニス・オデア
ウィンター:ジャック・ワトリング
御者:ハーコート・ウィリアムズ
セドリック・ポッター:ジョン・ラドック
バンクス:ビル・シャイン
スマイリー牧師:ヴィクター・ルーカス
リッグス:ロナルド・アダム

ウィルキンス少佐:フランシス・デ・ウルフ
マカリスター医師:G・H・マルキャスター

イギリス 映画
配給 ワーナー・ブラザーズ

1949年製作 117分
公開
北米:1948年9月8日
日本:未公開
製作費 $3,000,000


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
1831年、ニューサウスウェールズシドニー
イギリス国王ウィリアム4世”に派遣されたリチャード・バーク卿(セシル・パーカー)は、新総督に就任する。

その様子を見ていた、リチャード卿の甥でアイルランド人のチャールズ・アデア(マイケル・ワイルディング)は、銀行家のセドリック・ポッター(ジョン・ラドック)に声をかけられる。

翌日、銀行に向いポッターと話していたチャールズは、実業家として成功している”フラスキー”の名前を聞き気になる。

サムソン”サム”フラスキー(ジョセフ・コットン)を紹介されたチャールズは、商売の件で助言すると言われて屋敷に招待される。

サムが変わり者なので招待を受けるべきではないとポッターに言われたチャールズだったが、それを気にしない。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

★ヒッチコック登場場面
上映から2分、新総督リチャード・バーク卿(セシル・パーカー)就任式の際、青いコートと茶色の帽子を被っている紳士がアルフレッド・ヒッチコック
また、12分、総督官邸の入り口に立つ3人の男性のうちの一人。

*(簡略ストー リー)
アルフレッド・ヒッチコック作品として初のカラー作品となった、前年の「ロープ」(1948)に続くテクニカラー映画。

サスペンスとは言い難い内容は、夫婦愛をテーマにしているロマンスであり、そのテーマの絞り方や、ヒッチコック・タッチを求めるファンの期待が、やや空回りしているようにも感じる。

既にハリウッドでも確固たる地位を築いていたヒッチコックなのだが、本作の映像手法などもオーソドックスで、意図的にそうしているようにも思える。

囚人を使用人として雇うことが風習でもあった、イギリスの植民地で流刑地の、オーストラリアの当時の社会情勢などが興味深い。

ルイス・レヴィリチャード・アディンセルによる、ドラマチックな音楽が印象に残る。

カラー映像に映える美しいイングリッド・バーグマンは、辛い過去と夫婦の亀裂に苦悩する女性を、喜怒哀楽を表現する変幻自在の演技で、いつもながらに熱演している。

彼女とは「ガス燈」(1944)でも共演しているジョセフ・コットンは、気難しい実業家として登場するものの、実は繊細な心の持ち主である男性を好演している。

彼と対立しながらも、夫婦の関係改善に協力するマイケル・ワイルディングは、ユーモア交え重要人物を見事に演じている。

結果的にフラスキー家に問題を起こしていたメイド頭のマーガレット・レイトン、総督リチャード・バーク卿のセシル・パーカー、法務長官のデニス・オデア、フラスキー家に雇われる仮釈放中の囚人ジャック・ワトリング、御者ハーコート・ウィリアムズ、銀行家ジョン・ラドック、牧師のヴィクター・ルーカス、技師のロナルド・アダム、刑務所長のフランシス・デ・ウルフ、医師のG・H・マルキャスターなどが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021