4260 Movies

ユリシーズ Ulysses (1954)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

ホメーロスの叙事詩”オデュッセイア”を基に製作された作品。
トロイア戦争で勝利したイタカの王ユリシーズが故郷に戻るまでの冒険の旅を描く、製作ディノ・デ・ラウレンティスカルロ・ポンティ、脚本、監督マリオ・カメリーニ、主演カーク・ダグラスシルヴァーナ・マンガーノアンソニー・クインロッサナ・ポデスタ他共演の、ファンタジー・アドベンシャー。


アクション/アドベンチャー

アンソニー・クイン / Anthony Quinn / Pinterest


スタッフ キャスト
監督:マリオ・カメリーニ

製作
ディノ・デ・ラウレンティス
カルロ・ポンティ
原作
ホメーロスオデュッセイア
脚本
エンニオ・デ・コンチーニ
ベン・ヘクト
フランコ・ブルサーティ
マリオ・カメリーニ
イヴォ・ペリリ
アーウィン・ショー
撮影:ハロルド・ロッソン
編集:レオ・カトッツォ
音楽:アレッサンドロ・チコニーニ

出演
ユリシーズカーク・ダグラス
チルチェ/ペネロペシルヴァーナ・マンガーノ
アンティノオスアンソニー・クイン
ナウシカアロッサナ・ポデスタ
アルキノオスジャック・デュメニル
エウリュロコスダニエル・イヴェルネル
エウリュクレイアシルヴィー
テーレマコスフランコ・インテルレンギ
カサンドラエレナ・ザレスキ
アンティクレイアエヴィ・マルタリアティ
アレテルドミラ・ドゥダロワ
レウカントー:タニア・ウェーバー
アキレスピエロ・ルッリ
メントール:フェルッチョ・スタグニ
ディオメデスアレッサンドロ・フェルセン
カロプス:オスカー・アンドリアーニ
ポリュペーモスウンベルト・シルヴェストリ
ラエルテスグアルティエロ・トゥミアーティ
メランソテレサ・ペラーティ
エウリュマコスマリオ・フェリシアニ
レオデスミケーレ・リカルディーニ

イタリア/アメリカ/フランス 映画
配給 パラマウント・ピクチャーズ
1954年製作 117分
公開
イタリア:1954年10月6日
北米:1955年8月17日
日本:1955年3月8日
製作費 ITL 500,000,000


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
古代ギリシャ
戦いから戻らないイタカの王ユリシーズカーク・ダグラス)の帰りを待つ王妃ペネロペシルヴァーナ・マンガーノ)は、王族から再婚を迫られていた。

木馬を作りトロイア戦争に勝利したユリシーズだったが、女神カサンドラエレナ・ザレスキ)の呪いにより、ポセイドンの怒りにふれる。

ユリシーズの生存と戻ることを信じるペネロペは、エウリュマコスマリオ・フェリシアニ)ら求婚者たちを非難する。

ユリシーズの息子テーレマコスフランコ・インテルレンギ)は、我慢の限界に達するものの、求婚者たちを追い出すことができなかった。

父を捜す旅に出ることも考えるテーレマコスは、それをペネロペに伝え、悲しむ母を気遣う。

ポセイドンの怒りにふれて嵐に遭い、その後、様々な体験をしたユリシーズは、フェアーチ人の島に流れ着く。

海岸で倒れているユリシーズを見つけた王女ナウシカアロッサナ・ポデスタ)は、目覚めた彼に、アルキノオス王(ジャック・デュメニル)の国だと伝える。

この場がイタカの近くだと知ったユリシーズは、ナウシカから名前を訊かれるものの、何も覚えていないと答えて再び気を失う。

回復したユリシーズは、アルキノオス王に歓迎される。

ユリシーズは、王の賓客にも拘わらず格闘に参加し、相手を倒して人々に称えられる。

ナウシカは、そんなユリシーズに心を寄せる。

宮殿を訪れたアンティノオスアンソニー・クイン)はペネロペと話し、求婚者たちを追い払うことを約束して彼女に結婚を迫る。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
トロイア戦争で勝利したイタカの王ユリシーズは、女神カサンドラの呪いにより、ポセイドンの怒りにふれ、記憶を失い故郷に戻れずにいた。
ユリシーズの戻りを待つ王妃ペネロペは、王族から求婚されるもののそれを拒んでいた。
一方、アルキノオス王の国の海岸にたどり着いたユリシーズは、記憶を失っていたために、王女ナウシカアとの結婚を決意するのだが・・・。
__________

ホメーロスの叙事詩”オデュッセイア”を基に、ディノ・デ・ラウレンティスカルロ・ポンティが製作し、ハリウッド・スターのカーク・ダグラスを迎え、シルヴァーナ・マンガーノディノ・デ・ラウレンティス夫人)、アンソニー・クインが共演した大作。

王族に結婚を迫られながら、国王の帰りを待つ王妃ペネロペの苦悩を描く物語と共に、故郷に帰ろうとする主人公のユリシーズが体験する、様々な冒険の旅が興味深く描かれている。

野性味あふれる武闘派のユリシーズを演ずるカーク・ダグラスと、妖艶さと品格を備えた、魔女チルチェと王妃ペネロペを演ずるシルヴァーナ・マンガーノの美しさが話題になった作品でもある。

ペネロペに結婚を迫るアンティノオスを演ずるアンソニー・クインの、存在感ある演技が印象に残る。

ユリシーズと結婚を約束するものの夢かなわない王女ナウシカアロッサナ・ポデスタ、彼女の父である王アルキノオスジャック・デュメニルユリシーズの仲間エウリュロコスダニエル・イヴェルネルユリシーズの乳母エウリュクレイアシルヴィーユリシーズの息子テーレマコスフランコ・インテルレンギ、女神カサンドラエレナ・ザレスキユリシーズの母アンティクレイアエヴィ・マルタリアティアレテルドミラ・ドゥダロワ、レウカントーのタニア・ウェーバーアキレスピエロ・ルッリメントールのフェルッチョ・スタグニ、ディオメデスアレッサンドロ・フェルセン、カロプスのオスカー・アンドリアーニ、一つ目の巨人ポリュペーモスウンベルト・シルヴェストリラエルテスグアルティエロ・トゥミアーティメランソテレサ・ペラーティ、求婚者エウリュマコスマリオ・フェリシアニ、同じくレオデスミケーレ・リカルディーニなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020