4451 Movies

ツイステッド Twisted (2004)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

苦悩を抱えながら連続殺人犯を追う女性刑事の執念の捜査を描く、 監督フィリップ・カウフマン、主演アシュレイ・ジャッドサミュエル・L・ジャクソンアンディ・ガルシアデヴィッド・ストラザーン他共演のサスペンス。


ドラマ(サスペンス/犯罪)


スタッフ キャスト
監督:フィリップ・カウフマン

製作
バリー・ベーレズ
アン・コペルソン
アーノルド・コペルソン
リン・ラドミン
製作総指揮
スティーヴン・ブラウン
マイケル・フリン
ロビン・マイシンガー
脚本:サラ・ソープ
撮影:ピーター・デミング
編集:ピーター・ボイル
音楽:マーク・アイシャム

出演
ジェシカ・シェパード:アシュレイ・ジャッド
ジョン・ミルズ:サミュエル・L・ジャクソン
マイク・デルマルコ:アンディ・ガルシア
マーヴィン・フランク医師:デヴィッド・ストラザーン
トン警部補:ラッセル・ウォン
リサ:カムリン・マンハイム
ジミー・シュミット:マーク・ペルグリノ
デール・ベッカー:タイタス・ウェリヴァー
レイ・ポーター:D・W・モフェット
ウィルソン・ジェファーソン:リチャード・T・ジョーンズ
アパートの管理人:ヴェロニカ・カートライト
エドモンド・カトラー:リーランド・オーサー

アメリカ/ドイツ 映画
配給 パラマウント・ピクチャーズ
2004年製作 97分
公開
北米:2004年2月27日
日本:2004年10月9日
製作費 $50,000,000
北米興行収入 $25,198,600
世界 $40,954,600


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
サンフランシスコ
市警のパトロール警官ジェシカ・シェパード(アシュレイ・ジャッド)は、連続殺人の容疑者エドモンド・カトラー(リーランド・オーサー)を逮捕する。

殺人課の刑事に昇格するシェパードは、同僚のウィルソン・ジェファーソン(リチャード・T・ジョーンズ)らにバーで祝福される。

カウンターで声をかけてきたマイク・デルマルコ(アンディ・ガルシア)が警官だと見抜いたシェパードは、育ての親でもある上司ジョン・ミルズ本部長(サミュエル・L・ジャクソン)と話をする。

たった一人で連続殺人犯を捕えようとしたことをミルズに注意されたシェパードは、今後はミスは赦されないと忠告される。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
サンフランシスコ
市警のパトロール警官ジェシカ・シェパードは、殺人課の刑事に昇格し、亡き父親の同僚だった育ての親である本部長ミルズに期待される。
そんなシェパードは、両親の死がトラウマとなり苦悩し、気晴らしのために、行きずりの男と関係を持つことを繰り返していた。
新たなパートナーのデルマルコと組んで、発生した殺人事件を捜査したシェパードは、被害者が関係を持ったことのある男性だと気づく。
同じような事件が起き、その容疑者とも関係していたことを知ったシェパードは、自分自身に疑いがかけられる。
思い詰めるシェパードは、職務を全うするようミルズに助言されセラピーを受けながら、デルマルコと共に事件を解決しようとするのだが・・・。
__________

フィリップ・カウフマンの演出、アシュレイ・ジャッドサミュエル・L・ジャクソンアンディ・ガルシアデヴィッド・ストラザーン他、実力派豪華キャストなどが話題になった作品。

1990年以降、作品がめっきり減っているフィリップ・カウフマンは、それ故にファンに期待される存在だ。
脚本家として評価の高い彼の脚本ではないが、複雑怪奇な連続殺人事件を担当する主人公が、情緒不安定的苦悩を抱えながら捜査を行うという、一捻り加えられた物語となっている。

観終わってみると、なるほどと思う人物が犯人であるため納得できるが、ドラマの途中では、他の人物を犯人に思わせる工夫が凝らされている。

しかし、サスペンス性を高めるために物語を複雑にしようとし過ぎて空回りする構成や、フィリップ・カウフマンにしてはやや深みに欠ける演出が気になる。

主演のアシュレイ・ジャッドは、親代わりの恩師に英才教育的な訓練を受けて経歴を重ねた、トラウマを抱え苦悩しつつ事件を解決する女性刑事を演じている。
ボーイッシュでありながら、女性としての魅力も感じさせる役柄を熱演している。

主人公の育ての親である警察本部長を存在感ある演技で演ずるサミュエル・L・ジャクソン、主人公を支えるパートナーのアンディ・ガルシア、主人公を診察する精神科医デヴィッド・ストラザーン、主人公の上司ラッセル・ウォン、鑑識の担当官カムリン・マンハイム、主人公と関係した元同僚マーク・ペルグリノ、主人公の同僚タイタス・ウェリヴァー、主人公と関係した弁護士D・W・モフェット、主人公の同僚リチャード・T・ジョーンズ、連続殺人犯リーランド・オーサー、アパートの管理人のヴェロニカ・カートライトなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021