4315 Movies

俺たちニュースキャスター Anchorman: The Legend of Ron Burgundy (2004)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

人気アンカーマンとその仲間達が、女性キャスターの入社で巻き起こす騒動を描く、製作総指揮デヴィッド・O・ラッセル、監督、脚本アダム・マッケイ、脚本、主演ウィル・フェレルクリスティナ・アップルゲイトポール・ラッドスティーヴ・カレルデヴィッド・ケックナーヴィンス・ヴォーン他共演のコメディ。


コメディ

スティーヴ・カレル / Steve Carell / Pinterest


スタッフ キャスト
監督:アダム・マッケイ

製作:ジャド・アパトー
製作総指揮
デヴィッド・O・ラッセル
ショーナ・ロバートソン
脚本
ウィル・フェレル
アダム・マッケイ
撮影:トーマス・E・アッカーマン
編集:ブレント・ホワイト
音楽:アレックス・ワーマン

出演
ロン・バーガンディ:ウィル・フェレル
ヴェロニカ・カーニングストーン:クリスティナ・アップルゲイト
ブライアン・ファンタナ:ポール・ラッド
ブリック・タムランド:スティーヴ・カレル
チャンプ・カインド:デヴィッド・ケックナー
エドワード”エド”ハーケン:フレッド・ウィラード
ガース・ホリデー:クリス・パーネル
ウェス・マントゥース:ヴィンス・ヴォーン
ヘレン:キャスリン・ハーン
スコッティ:セス・ローゲン
ティノ:フレッド・アーミセン
バーテンダー:ダニー・トレホ
バイカー:ジャック・ブラック
フランク・ヴィッチャード:ルーク・ウィルソン
アルトゥーロ・メンデス:ベン・スティラー
公共放送局キャスター:ティム・ロビンス
動物園の飼育係:ミッシー・パイル
バーの男:ジェリー・スティラー
局の職員:アダム・マッケイ

アメリカ 映画
配給 ドリ ームワークス
2004年製作 95分
公開
北米:2004年7月9日
日本:未公開
製作費 $26,000,000
北米興行収入 $85,288,300
世界 $90,574,188


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
1974年、サンディエゴ
”KVWMチャンネル4”のアンカーマン、ロン・バーガンディ(ウィル・フェレル)は、エミー賞を5度受賞した地元の有名人だった。

ロンは、スポーツのチャンプ・カインド(デヴィッド・ケックナー)、お天気のブリック・タムランド(スティーヴ・カレル)、リポーターのブライアン・ファンタナ(ポール・ラッド)とチームを組んで、絶大な人気を誇る夕方6時のニュースを担当していた。

先月の視聴率が発表され、局長のエドワード”エド”ハーケン(フレッド・ウィラード)は一位を獲得したことを伝え、ロンや仲間達、そしてスタッフらと喜ぶ。

エドは、アシスタントのガース・ホリデー(クリス・パーネル)に、ロン達が羽目を外し過ぎないように監視するよう指示するが、無駄だと言われる。

仲間達と共に恒例の週末のパーティーを楽しむロンは、出席者のヴェロニカ・カーニングストーン(クリスティナ・アップルゲイト)に心奪われてしまう。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

参加:
・「俺たちニュースキャスター」(2004)
・「俺たちニュースキャスター 史上最低!?の視聴率バトルinニューヨーク」(2013)

*(簡略ストー リー)
1974年、サンディエゴ
”KVWMチャンネル4”の人気アンカーマン、ロン・バーガンディは、ブライアン、ブリック、チャンプらとチームを組み、看板番組の夕方6時のニュースを担当していた。
そんなロンは、魅力的な女性ヴェロニカに出会うのだが、相手にされなかった。
その後、局長のエドから、番組に変化を与えると言って新戦力のヴェロニカを紹介されたエドは驚いてしまう。
仲間達は、女性の起用など認められないと言って猛反発するが、ロンはヴェロニカに惹かれていたために戸惑う。
ヴェロニカは、ブライアンらの嫌がらせに対抗しながらも女性アンカーを目指し、実は好意を抱くロンと親密になるのだが・・・。
__________

脚本を兼ねるアダム・マッケイの監督デビュー作であり、同じく”サタデー・ナイト・ライブ”の人気によりスターとなった盟友ウィル・フェレルとの共同脚本による爆笑コメディの快心作!

二人は、この後コンビを組み数々のコメディをヒットさせている。

時代設定を1970年代にしているところがいい。
当時を感じさせるファッションやヘアースタイル、どことなくナンセンスな雰囲気は、その時代を思い起こさせてくれて実に懐かしい。

女性蔑視もセクハラもお構いなしの時代、それを前面に出した内容は、人権や差別に敏感過ぎる現在の堅苦しい考えに抵抗しているような徹底ぶりだ。

男性包囲網のような社会に真っ向から挑む女性の姿もまた痛快で、その激しい戦も見所の一つだ。

こんなに楽しい、超豪華スター競演の作品を、日本では公開しないことが考えられない。
本作を遥かに上回るヒットとなった、今を時めくスター総出演の続編も未公開というのだから信じ難い。

自信過剰な人気アンカーマンを熱演するウィル・フェレル、女性アンカーを目指す野心家を好演するクリスティナ・アップルゲイト、主人公とチームを組む少々間抜けな同僚達ポール・ラッドスティーヴ・カレルデヴィッド・ケックナー、局長のフレッド・ウィラード、そのアシスタント、クリス・パーネル、女性スタッフ、キャスリン・ハーン、カメラマンのセス・ローゲン、レストランのオーナー、フレッド・アーミセン、バーテンダーのダニー・トレホ、バイカーのジャック・ブラック、ライバル局のキャスター、ヴィンス・ヴォーンルーク・ウィルソンベン・スティラーティム・ロビンス、動物園の飼育係ミッシー・パイル、バーの男(ジェリー・スティラー)、そして局の職員役でアダム・マッケイも出演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020