4233 Movies

ツイン・ピークス ローラ・パーマー最期の7日間 Twin Peaks: Fire Walk With Me (1992)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

センセーションを巻き起こしたカルト・テレビ・ドラマ「ツイン・ピークス」の製作総指揮を務めた、鬼才デヴィッド・リンチ自身が監督して映画化した作品。
TVドラマの起点になった、“ローラ・パーマー殺人事件”に至るまでの7日間を描く、シェリル・リーレイ・ワイズカイル・マクラクランデヴィッド・リンチダナ・アッシュブルック共演のカルト・サスペンス。


スリラー/ホラー


スタッフ キャスト ■
監督:デヴィッド・リンチ
製作総指揮
マーク・フロスト

デヴィッド・リンチ
製作:グレッグ・ファインバーグ
脚本
デヴィッド・リンチ

ロバート・エンゲルス
撮影:ロナルド・ヴィクター・ガルシア
編集:メアリー・スウィーニー
音楽:アンジェロ・バダラメンティ

出演
ローラ・パーマー:シェリル・リー

リーランド・パーマー:レイ・ワイズ
シェリー・ジョンソン:メッチェン・エイミック
ドナ・ヘイワード:モイラ・ケリー
ボビー・ブリッグス:ダナ・アッシュブルック
テレサ・バンクス:パメラ・ギドリー
チェスター“チェット”デズモンド:クリス・アイザック
サム・スタンリー:キーファー・サザーランド
フィリップ・ジェフリーズ:デヴィッド・ボウイ
デイル・クーパー:カイル・マクラクラン
レオ・ジョンソン:エリック・ダレ
カール・ロッド:ハリー・ディーン・スタントン
アルバート・ローゼンフィールド:ミゲル・ファーラー
アニー・ブラックバーン:ヘザー・グレアム
ノーマ・ジェニングス:ペギー・リプトン
ゴードン・コール:デヴィッド・リンチ
ジャームズ・ハーレー:ジェームズ・マーシャル
別の場所から来た男:マイケル・J・アンダーソン
ジャック・ルノー:ウォルター・オルケウィッツ
ロネット・プラスキ:フィービー・オーガスティン
フィリップ・マイケル・ジェラルド:アル・スローベル
ウッドマン:ユルゲン・プロフノフ
ハロルド・スミス:レニー・フォン・ドーレン
セーラ・パーマー:グレイス・ザブリスキー
チャルフォント夫人:フランセス・ベイ
ボブ:フランク・シルヴァ

アメリカ 映画
配給 ニュー・ライン・シネマ

1992年製作 135分
公開
北米:1992年8月20日
日本:1992年5月16日
製作費 $10,000,000
北米興行収入 $4,160,850


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
FBI地方局の主任ゴードン・コール(デヴィッド・リンチ)は、オレゴンウィンド川で、17歳の少女テレサ・バンクス(パメラ・ギドリー)が殺されたことを、捜査官チェスター“チェット”デズモンド(クリス・アイザック)に知らせて呼び寄せる。

コールは、到着したデズモンドにパートナーとなるサム・スタンリー(キーファー・サザーランド)を紹介する。

二人は、その場で待機していた、母親の妹の娘だという”リル”という風変わりな女性をコールから紹介される。

デズモンドは、リルに手がかりが隠されていることなどを細かく説明するが、”青いバラ”については何も話せないとスタンリーに伝える。

ディア・メドウ。
非協力的な保安官から資料を受取ったデズモンドは、スタンリーと共に、安置所のテレサの遺体の検死を始める。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
オレゴン州で、17歳の少女テレサ・バンクスの変死体が発見される。
FBI捜査官デズモンドは、同僚スタンリーと共に現場に向かい、テレサの死体や、彼女が住んでいたトレーラー・ハウスを調べ、指輪がなくなっていることなどに気づく。
スタンリーは死体と共に現場を離れるが、あるトレーラーの下で、指輪を見つけたデズモンドは姿を消してしまう。
その頃、捜査官デイル・クーパーの前に、行方不明だった捜査官ジェフリーズが姿を現して、事件の背後にある謎を示し再び姿を消す。
現場に向かったクーパーは、犯行が再び起こることを予測する。
1年後、ワシントン州、ツイン・ピークス。
ハイスクールのクイーンであるローラ・パーマーは、その裏で、ドラッグとセックスに溺れる毎日を過ごしていた。
ある日ローラは、自分の秘密を書き記してある日記帳が破られていることに気づき、12歳の時から弄ばれている、”ボブ”の仕業だと考えて動揺し怯えてしまうのだが・・・。
__________

ファンとしては、物語の謎がついに解明されるのか・・・という大きな期待がかかったことで話題にはなった。

デヴィッド・リンチの思い入れがあまりにも強いせいか、彼自身が、奇妙な役でいきなり登場するオープニングには驚いてしまう。

それらを含め、彼独特の世界観で押しまくる展開が実に興味深い。

テレビ版でお馴染みの登場人物はもちろん登場するが、ドナ・ヘイワードを演じたララ・フリン・ボイルとオードリー・ホーン役のシェリリン・フェンが出演しないのは残念だ。

また、テレビ版の中心人物である、FBI特別捜査官デイル・クーパー役のカイル・マクラクランは、イメージが固まるのを嫌い出演に難色を示したが、何んとか承諾してもらえたという経緯がある。

常に怯えながら、ドラッグとセックスに溺れる主人公を熱演するシェリル・リー、その父親を怪演するレイ・ワイズ、主人公のボランティア先のダイナー同僚メッチェン・エイミック、その夫でドラッグの売人エリック・ダレ、主人公の友人役モイラ・ケリー、主人公のボーイフレンドでもあるドラッグの売人ダナ・アッシュブルック、最初の犠牲者パメラ・ギドリー、彼女の殺人事件捜査中に失踪する捜査官クリス・アイザック、その同僚キーファー・サザーランド、行方不明の捜査官デヴィッド・ボウイ、トレーラー・パークの管理人役ハリー・ディーン・スタントン、クーパー(カイル・マクラクラン)の同僚ミゲル・ファーラー、ダイナーのオーナー(ペギー・リプトン)の妹で、幻覚として血だらけで登場するヘザー・グレアム、主人公と関係を持つジェームズ・マーシャル、別の場所から来た男のマイケル・J・アンダーソン、ドラッグの密売人ウォルター・オルケウィッツ、主人公のドラッグ仲間フィービー・オーガスティン、片腕の男アル・スローベル、主人公の母グレイス・ザブリスキー、主人公の友人レニー・フォン・ドーレン、謎の男である”ボブ”役のフランク・シルヴァ、老婦人のフランセス・ベイ、他ユルゲン・プロフノフなども共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020