4478 Movies

エイミー、エイミー、エイミー! こじらせシングルライフの抜け出し方 Trainwreck (2015)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

幼い頃の父の助言でまともに恋愛する気になれない女性雑誌記者が、スポーツ・ドクターを取材したことをきっかけに、自分を変えようとしながら巻き起こす騒動と恋の行方を描く、製作、監督ジャド・アパトー、脚本、主演エイミー・シューマービル・ヘイダーブリー・ラーソンコリン・クインジョン・シナティルダ・スウィントンエズラ・ミラー他共演のロマンチック・コメディ。


ロマンチック・コメディ


スタッフ キャスト
監督:ジャド・アパトー

製作
ジャド・アパトー
バリー・メンデル
製作総指揮:デヴィッド・ハウスホルター
脚本:エイミー・シューマー
撮影:ジョディ・リー・ライプス
編集
ウィリアム・ケアー
ポール・ザッカー
音楽:ジョン・ブライオン

出演
エイミー・タウンゼント:エイミー・シューマー
アーロン・コナーズ:ビル・ヘイダー
キム・タウンゼント:ブリー・ラーソン
ゴードン・タウンゼント:コリン・クイン
ダイアナ:ティルダ・スウィントン
スティーヴン:ジョン・シナ
ニッキー:ヴァネッサ・ベイヤー
トム:マイク・バービグリア
ドナルド:エズラ・ミラー
ノーム:デイヴ・アテル
ブライソン:ランドール・パク
シュルツ:ジョン・グレイザー
ノーマン:ノーマン・ロイド
地下鉄で憤慨する女性:レスリー・ジョーンズ
本人:ダニエル・ラドクリフ
本人:マリサ・トメイ
本人:マシュー・ブロデリック
本人:レブロン・ジェームズ
本人:アマーレ・スタウダマイアー
本人:クリス・エヴァート
本人:トニー・ロモ
本人:マーヴ・アルバート

アメリカ 映画
配給 ユニバーサル・ピクチャーズ
2015年製作 125分
公開
北米:2015年7月17日
日本:2017年3月4日
製作費 $35,000,000
北米興行収入 $110,212,700
世界 $140,795,790


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
妻との離婚を決めたゴードン・タウンゼント(コリン・クイン)は、娘のエイミーとキムにそれを伝え、一夫一婦制は非現実的だと説明して二人に教え込む。

23年後、ニューヨーク
その教えを守るエイミー(エイミー・シューマー)は恋愛もせずに、男性とは関係を持つだけで一夜を明かさないこと割り切る日々を送っていた。

そんなエイミーは、最近は筋肉マンのスティーヴン(ジョン・シナ)と付き合っていた。

男性誌”スナッフ”の記者であるエイミーは、同僚のニッキー(ヴァネッサ・ベイヤー)、ブライソン(ランドール・パク)、シュルツ(ジョン・グレイザー)と共にボスのダイアナ(ティルダ・スウィントン)とミーティングをする。

ダイアナは、見習いのドナルド(エズラ・ミラー)から声をかけられ、彼を下がらせてミーティングを始める。

ブライソンから、”ニューヨーク・ニックス”のスポーツ・ドクター、アーロン・コナーズ(ビル・ヘイダー)をリサーチすることを提案されたダイアナは、スポーツを軽蔑するエイミーの意見を聞く。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
ニューヨーク
雑誌記者のエイミー・タウンゼントは、幼い頃に言われた、”一夫一婦制は非現実的だ”という父の助言を守り、まともな恋愛もせず、男性とは関係を持つだけで一夜を明かさないと割り切っていた。
妹キムは結婚しているのだが、相変わらず、男、深酒、マリファナで気を紛らす日々を送るエイミーは、ボスのダイアナから、スポーツ・ドクターのアーロンの取材を任される。
スポーツに興味のないエイミーは、仕方なく取材を始めるのだが、アーロンは彼女に惹かれてしまう。
成り行きでアーロンと愛し合ってしまったエイミーは、戸惑いながらも自分の変化に気づき、真剣な交際を考えるのだが・・・。
__________

製作、監督ジャド・アパトー、日本での知名度は低いが、アメリカでは絶大な人気を誇るコメディアン、エイミー・シューマーが脚本を担当し、初主演したことで話題になった作品。

無駄なく笑いのツボを押さえるジャド・アパトーの軽快でテンポのいい演出、その小気味よい展開は観客の心を捉える。

主演のエイミー・シューマーは、上院議員チャック・シューマーのいとこの娘であり、父ゴードンの名前は、本作の父親の役名にも使われている。

正直に言って、日本人受けする雰囲気ではないエイミー・シューマーの人気が日本には伝わらないのは分からないでもない。
しかし、ニューヨーク生まれのアメリカ人気質丸出しというイメージの彼女の人気は、今後、高まるようにも思える。

ファン待望のエイミー・シューマー主演作ということで大々的に公開された本作は、北米興行収入、約1億1000万ドル、全世界では約1億4100万ドルのヒットとなった。

豪華スター競演も注目であり、個人的には、主人公の父親を演ずるコリン・クインの、偏屈だが人間味のある演技と、100歳で出演した老人ホームの老人役、名優のノーマン・ロイドのとぼけた演技が印象に残る。
また、本人役でNBAのスター選手レブロン・ジェームズアマーレ・スタウダマイアーが、なかなかいい役柄を演じている。

主人公と愛し合うスポーツ・ドクターのビル・ヘイダー、主人公の妹ブリー・ラーソン、主人公の父親コリン・クイン、主人公の上司ティルダ・スウィントン、主人公の恋人ジョン・シナ、主人公の同僚ヴァネッサ・ベイヤー、キム(ブリー・ラーソン)の夫マイク・バービグリア、主人公の雑誌社の見習いエズラ・ミラー、ホームレスのデイヴ・アテル、主人公の同僚ランドール・パクジョン・グレイザー、老人ホームの老人ノーマン・ロイド、映画”ザ・ドックウォーカー”の主演者ダニエル・ラドクリフと共演者のマリサ・トメイ、地下鉄で憤慨する女性レスリー・ジョーンズ、本人役でマシュー・ブロデリックレブロン・ジェームズアマーレ・スタウダマイアー、テニス・プレイヤーのクリス・エヴァートNFLのスター、トニー・ロモ、スポーツキャスターのマーヴ・アルバートなどが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021