4258 Movies

ペントハウス Tower Heist (2011)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

超高級アパートの居住者の富豪に騙されたビルの関係者の復讐のための強盗劇を描く、製作ブライアン・グレイザー、監督ブレット・ラトナー、主演ベン・スティラーエディ・マーフィケイシー・アフレックアラン・アルダマシュー・ブロデリックティア・レオーニ他共演のコメディ。


コメディ


スタッフ キャスト ■
監督:ブレット・ラトナー
製作総指揮
ビル・カラッロ

カレン・ケーラ=シャーウッド
製作
ブライアン・グレイザー

エディ・マーフィ
キム・ロス
原案
ビル・コラージュ

アダム・クーパー
テッド・グリフィン
脚本
テッド・グリフィン

ジェフ・ナサンソン
撮影:ダンテ・スピノッティ
編集:マーク・ヘルフリッチ
音楽:クリストフ・ベック

出演
ジョシュ・コヴァクス:ベン・スティラー

スライド:エディ・マーフィ
チャーリー・ギブス:ケイシー・アフレック
アーサー・ショウ:アラン・アルダ
フィッツヒュー:マシュー・ブロデリック
クレア・デナム:ティア・レオーニ
エンリケ・デヴロー:マイケル・ペーニャ
オデッサ・モンテロ:ガボレイ・シディベ
サイモン:ジャド・ハーシュ
レスター:スティーヴン・ヘンダーソン
メイジン:ジェリコ・イヴァネク
サシャ・ギブス:ジェシカ・ゾア
裁判所の警備員:ヘヴィ・D

アメリカ 映画
配給 ユニバーサル・ピクチャーズ

2011年製作 104分
公開
北米:2011年11月4日
日本:2012年2月3日
製作費 $75,000,000
北米興行収入 $78,009,160
世界 $152,930,620


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
ニューヨークマンハッタン
65階建の超高級マンション“ザ・タワー”のビルディング・ネージャーのジョシュ・コヴァックス(ベン・スティラー)は、居住者の満足感を損なわないようサービスを提供することを心がけ、精力的に仕事をこなす。

使用禁止の携帯電話の電源を入れていた、エレベーター操作係のエンリケ・デヴロー(マイケル・ペーニャ)を、ビル総支配人サイモン(ジャド・ハーシュ)に紹介されたジョシュは、彼に厳しい管理体制を説明する。

遅刻してきたコンシェルジュのチャーリー・ギブス(ケイシー・アフレック)は、ジョシュの妹サシャ(ジェシカ・ゾア)の夫なのだが、彼女が出産を控えているために遅刻続きだった。

ジョシュは、サイモンに解雇される心配があることを、チャーリーに伝えて忠告する。

ウォール街の元ディーラーである、破産したフィッツヒュー(マシュー・ブロデリック)の部屋が銀行に差し押さえられるため、ジョシュは、立ち退きを拒否する彼を、説得するようサイモンに命ぜられる。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
ニューヨークマンハッタン
65階建の超高級マンション“ザ・タワー”の管理を仕切るビルディング・マネージャー、ジョシュ・コヴァックスは、居住者の満足度を満たすために、日々、精力的に仕事をこなす。
そんな時、ジョシュが慕う居住者で、実業家で富豪のショウが、証券詐欺の容疑でFBI捜査官デナムらに逮捕される。
ジョシュは、スタッフの年金をショウに渡して運用させていたため、彼が財産を没収されたことで、それが回収不能となる。
その後ショウは、1000万ドルで保釈され、FBIの監視下で監禁される。
その頃、ショウに全財産を預けていた、ビルのドアマンのレスターが、引退後の生活に絶望して自殺を図る。
幸いレスターは助かるが、彼の気持ちを知ったジョシュは、ショウへの復讐を誓う。
ジョシュは、ショウ所有の”フェラーリ”を叩き壊し、義弟のチャーリーやエレベーター係のエンリケと共に解雇されるが、彼らとコソ泥のスライドを仲間に引き入れ、ショウの隠し財産2000万ドルを奪おうとするのだが・・・。
__________

紆余曲折あったエディ・マーフィの企画を、ブレット・ラトナーの協力で映画化した痛快コメディ。

冒頭のリッチで洗練された雰囲気、そして、超豪華キャストの面々が登場するだけで、胸躍る快心作の予感を漂わせる。

しかし、ブレット・ラトナーらしい軽快な演出は十分に楽しめるのだが、名だたるスターの魅力が100%生かされているかというと、やや物足りない。

とにかく、期待に胸ふくらませながら観始めたわけだが、原案と脚本が「オーシャンズ11」(2001)だけに、それを彷彿させる内容にあまり新鮮味もなく、全体的には楽しい作品なのだが、終盤にかけてもそれほど盛り上がらない。

北米興行収入は約7800万ドル、全世界では約1億5300万ドルのヒットとなった。

制作費は7500万ドル。
ベン・スティラーのギャラが1500万ドルで、エディ・マーフィは750万ドル。

舞台となるビルは、ドナルド・トランプの”トランプ・オーガナイゼイション”が所有管理する”トランプ・インターナショナル・ホテル・アンド・タワー”で、物語のキーポイントとなる、スティーヴ・マックイーンが所有していた”フェラーリ250GT ルッソ”の登場も実に興味深い。

仕事柄、堅物ではあるが、人情味もあるビルのマネージャー、ベン・スティラー、もう少し派手なパフォーマンスを期待したコソ泥エディ・マーフィ、主人公の義弟ケイシー・アフレック、詐欺行為で逮捕される富豪の実業家アラン・アルダ、破産した投資家マシュー・ブロデリック、いい味を出しているFBI捜査官のティア・レオーニ、同様に能天気なエレベーター係を好演しているマイケル・ペーニャ、巨漢のメイドを豪快に演ずるガボレイ・シディベ、アパート・ビルの総支配人ジャド・ハーシュ、人間味溢れるドアマンのスティーヴン・ヘンダーソンFBI局長ジェリコ・イヴァネク、主人公の妹ジェシカ・ゾア、裁判所の警備員ヘヴィ・Dなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020