4256 Movies

ロスト・ハイウェイ Lost Highway (1997)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

妻の殺害容疑で死刑を宣告されたサックス奏者の奇怪な体験を描く、カルト・ムービーの鬼才デヴィッド・リンチが5年振りに監督(脚本兼)した、主演ビル・プルマンパトリシア・アークエットバルサザール・ゲティロバート・ロッジアリチャード・プライヤージョヴァンニ・リビシ他共演によるサスペンス・スリラーの快作。


スリラー/ホラー


スタッフ キャスト ■
監督:デヴィッド・リンチ
製作
ディーパック・ネイヤー

トム・スタンバーグ
メアリー・スウィーニー
脚本
デヴィッド・リンチ

バリー・ギフォード
撮影:ピーター・デミング
編集:メアリー・スウィーニー
音楽
アンジェロ・バダラメンティ

トレント・レズナー

出演
フレッド・マディソン:ビル・プルマン

レネエ・マディソン/アリス・ウェイクフィールド:パトリシア・アークエット
ピート・レイモンド・デイトン:バルサザール・ゲティ
エディ/ディック・ロラント:ロバート・ロッジア
謎の男:ロバート・ブレイク
シーラ:ナターシャ・グレグソン・ワグナー
アーニー:リチャード・プライヤー
アンディ:マイケル・マッシー
スティーヴ”V”:ジョヴァンニ・リビシ
ビル・デイトン:ゲイリー・ビジー
フィル:ジャック・ナンス

アメリカ 映画
配給 October Films

1997年製作 135分
公開
北米:1997年2月21日
日本:1997年6月14日
製作費 $15,000,000
北米興行収入 $3,796,700


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
ロサンゼルス
ある朝、サックス奏者のフレッド・マディソン(ビル・プルマン)は、玄関のインターフォンで、”ディック・ロラントは死んだ”という男の声を聞く。

フレッドは、二階から外の様子を見るが、誰かがいる気配はなかった。

その夜、仕事に同行しなかった妻レネエ(パトリシア・アークエット)に電話をしたフレッドだったが誰もでない。

帰宅したフレッドは、レネエがベッドで寝ていることを確認する。

翌朝、レネエは玄関の会談に置いてあったビデオ・テープに気づき、フレッドとそれを見る。

しかし、それは、家の玄関を映しただけの映像だった。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
ロサンゼルス
サックス奏者フレッド・マディソンは、ある朝、インターフォン越しに”ディック・ロラントは死んだ”と言われる。
翌朝、フレッドは、玄関に届いた、家のを映したビデオ・テープを妻レネエと確認し、翌日も届けられたビデオで、自分達の寝姿が盗み撮りされていることを知る。
不安に思い警察に届けた二人は、監視してもらえることにはなる。
バンドマネージャー、アンディのパーティーで、不気味な謎の男に声をかけられたフレッドは、自分の家にいるという彼と、その場で電話で会話をして、その男がロラントの友人だと知る。
翌日、再び届いたビデオに、自分がレネエを殺しバラバラにする姿が映し出されたのを確認したフレッドは、容疑者として有罪になり死刑を宣告される。
その後、刑務所の独房で眠れないまま苦しむフレッドは、幻覚に襲われ、そして、ピートという青年に入れ替わってしまう・・・。
__________

混乱しながら入れ替わる二人の主人公、そしてそれに絡む二人の女性とギャング、観る者の思考能力を試すかのごとく、パラレル・ワールドを行き交うような不条理スリラーとして、デヴィッド・リンチの世界観を堪能できる作品。

時に、錯乱状態に陥る主人公の異様な体験を描きながら、官能的なシーンを多用した耽美な描写も、デヴィッド・リンチならではの映像感覚と言える。

倒錯の世界に紛れ込む主人公ビル・プルマン、その妻とギャングの愛人を体当たりで熱演するパトリシア・アークエット、主人公と入れ替わり、中盤からは主役として好演する、石油王である実業家ジャン・ゲティの孫として知られるバルサザール・ゲティ、ギャングのボスを貫禄で演ずる名優ロバート・ロッジア、インパクトのある不気味な謎の男を演ずるロバート・ブレイク、ピート(B・ゲティ)の恋人ナターシャ・グレグソン・ワグナー、彼にしては大人しい役である、ピートの父親役ゲイリー・ビジー、自動車整備工場主で、端役程度の出演が寂しいリチャード・プライヤー、悪党であるバンドマネージャーのマイケル・マッシージョヴァンニ・リビシなども出演している。

また、「イレイザーヘッド」(1977)の主人公を演じたジャック・ナンスは、公開を待たずに亡くなり、本作が遺作となった。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020