4238 Movies

トータル・リコール Total Recall (2012)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

多くが映画化されているSF作家フィリップ・K・ディックの、1988年に発表された短編小説”We Can Remember It for You Wholesale”を基に製作された、1990年公開、アーノルド・シュワルツェネッガー主演の「トータル・リコール」のリメイク作品。
記憶を売買する“リコール”社を訪れた労働者が、自分の知らない記憶の中の隠された陰謀に巻き込まれる姿を描く、製作総指揮、監督レン・ワイズマン、主演コリン・ファレルケイト・ベッキンセイルジェシカ・ビールビル・ナイブライアン・クランストン他共演のSFアクション大作。


SF


スタッフ キャスト ■
監督:レン・ワイズマン
製作総指揮
リック・キドニー

レン・ワイズマン
製作
トビー・ジャッフェ

ニール・H・モリッツ
原作:フィリップ・K・ディックWe Can Remember It for You Wholesale
原案
ロナルド・シャセット

ダン・オバノン
ジョン・ポービル
カート・ウィマー
脚本
マーク・ボンバック

カート・ウィマー
撮影:ポール・キャメロン
編集:クリスチャン・ワグナー
音楽:ハリー・グレッグソン=ウィリアムズ

出演
ダグラス・クエイド/カール・ハウザー:コリン・ファレル

ローリー・クエイド:ケイト・ベッキンセイル
メリーナ:ジェシカ・ビール
ヴァイロス・コーヘイゲン:ブライアン・クランストン
ハリー:ボキーム・ウッドバイン
マサイアス:ビル・ナイ
ボブ・マクレーン:ジョン・チョー
マレック:ウィル・ユン・リー

アメリカ 映画
配給 コロンビア・ピクチャーズ

2012年製作 118分
公開
北米:2012年8月3日
日本:2012年8月10日
製作費 $125,000,000
北米興行収入 $58,877,970
世界 $198,467,170


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
2084年。
化学戦争の末に、地球の大分部は居住不可能となった。

裕福層が暮らす”UFB”(ブリテン連邦/イギリス)、労働者区域”コロニー”(オーストラリア)だけが居住地域となる。

UFBの労働力であるコロニーの市民は、地球の裏側に向かい、交通手段”フォール”で移動した。

コロニーの労働者ダグラス・クエイド(コリン・ファレル)は、毎日同じ悪夢を見ることを、妻のローリー(ケイト・ベッキンセイル)に話す。

労働者が平等に扱われるべきだと主張する、レジスタンスのリーダー、マサイアス(ビル・ナイ)が首謀したと思われるテロ事件が起きる。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
2084年。
化学戦争の結果、大部分が居住不可能となった地球は、裕福層が暮らす”UFB”(ブリテン連邦)と、その支配下にある労働者区域“コロニー”に分かれていた。
コロニーに住む労働者ダグラス・クエイドは、妻のローリーと平凡な日々を送っていたが、毎日見る悪夢に悩まされていた。
そんな時クエイドは、”リコール”社が記憶を売買することを知り、興味を持ちそれを試そうとする。
しかし、装置にかけられたクエイドは、然の襲撃を受ける。
クエイドはその場を脱出するものの、彼を監視していたという、妻役を演じていたローリーにも襲われる。
それを何んとかかわしたクエイドは、自分に、隠された秘密の記憶があることや、UFBの支配者コーヘイゲンの陰謀も知る。
変装してUFBに向かったクエイドは、正体がばれて逃走し、夢に出て来る女性メリーナに助けられるのだが・・・。
__________

旧作とは大筋では似ているストーリーなのだが、今回は地球上の出来事という設定が大きな違いだ。

最新のVFXなどを駆使した、近未来の映像は手抜きのない仕上がりなのだが、人類が、火星への移住計画を進めているところがポイントの、前作の神秘的且つ異様な雰囲気を上回る出来ではなかった。

また、苦悩する主人公を演ずるコリン・ファレルは好演するものの、とてつもない存在感で画面を支配する、アーノルド・シュワルツェネッガーの圧倒的個性をイメージせずには観られないため、比較ばかりされて気の毒な気もする。

アンダーワールド」(2003)シリーズなどのレン・ワイズマンは、その主人公で妻でもあるケイト・ベッキンセイルに、主役級の演技をさせているようなところが気になる。
(彼女自身はかなりの熱演!)

また、注目は興行収入で、制作費に1億2500万ドルかけたものの、北米では約5900万ドルに終わり、全世界で約1億9800万ドルのヒットとなるが、22年前の旧作を遥かに下回った。
*前作
製作費 $65,000,000
北米興行収入 $119,394,840
世界 $261,299,840

前作で、検問所シーンで顔が変形する女性役を演じたプリシラ・アレンが再び出演し、今回も同様のシーン(一般人)で同じセリフで登場する。

レジスタンスの戦士として、主人公に協力するジェシカ・ビール、裕福層区域”UFB”の支配者ブライアン・クランストン、主人公の同僚ボキーム・ウッドバイン、少ない出演なのが残念であったレジスタンスのリーダー、ビル・ナイ、”リコール”社の担当者ジョン・チョー、主人公の同僚ウィル・ユン・リーなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020