4240 Movies

妖精ファイター Tooth Fairy (2010)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

ラフ・プレーを売り物にするアイスホッケー選手が、子供の夢を壊し“トゥース・フェアリー/歯の妖精”に変身させられ巻き起こす騒動を描く、主演ドウェイン・ジョンソンアシュレイ・ジャッドスティーヴン・マーチャントジュリー・アンドリュースビリー・クリスタルセス・マクファーレン他共演、監督マイケル・レンベックによるハート・ウォーミングなファンタジー・コメディ。


コメディ

ドウェイン・ジョンソン / Dwayne Johnson / Pinterest


スタッフ キャスト ■
監督:マイケル・レンベック
製作総指揮:ジム・ピドック
製作
ジェイソン・ブラム

マーク・シアーディ
ゴードン・グレイ
脚本
ローウェル・ガンツ

ババルー・マンデル
ジョシュア・スターニン
ジェフリー・ヴェンティミラ
ランディ・メイエム・シンガー
撮影:デヴィッド・タッターサル
編集:デヴィッド・フィンファー
音楽:ジョージ・S・クリントン

出演
デレク・トンプソン/トゥース・フェアリー:ドウェイン・ジョンソン

カーリー・ハリス:アシュレイ・ジャッド
トレーシー:スティーヴン・マーチャント
リリー:ジュリー・アンドリュース
ジェリー:ビリー・クリスタル
ミック・ドネリー:ライアン・シェクラー
ジギー:セス・マクファーレン
ランディ・ハリス:チェイス・エリソン
テス・ハリス:デスティニー・ウィットロック
デューク:ブランドン・T・ジャクソン

アメリカ 映画
配給 20世紀FOX

2010年製作 101分
公開
北米:2010年1月22日
日本:未公開
製作費 $48,000,000
北米興行収入 $60,020,100
世界 $112,462,510


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
ロサンゼルス
NHLプレイヤーで、怪我でマイナー落ちして夢を諦めたデレク・トンプソン(ドウェイン・ジョンソン)は、相手選手の歯を折ってしまうラフ・プレイが売り物で、”トゥース・フェアリー”の異名を誇る人気選手だった。

デレクは、恋人カーリー・ハリス(アシュレイ・ジャッド)の6歳になる娘テス(デスティニー・ウィットロック)の歯が抜けたことで、妖精が来るという夢を否定してしまう。

カーリーは気分を害してしまい、帰宅したデレクはベッドに入るが、そこで”妖精を信じない者の召喚状”を見つける。

その後、背中に羽が生え、妖精の国に導かれたデレクは、ケースワーカーのトレーシー(スティーヴン・マーチャント)に声をかけられる。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
ロサンゼルス
NHLプレイヤーで、怪我でマイナー落ちしたデレク・トンプソンは、敵選手の歯を折ってしまうことから、”トゥース・フェアリー”の異名を誇る、ラフ・プレイが売り物の人気選手だった。
選手として挫折を味わい、夢を持つことが無駄だと考えるデレクは、恋人のカーリーの娘テスが、歯が抜けたことで妖精が現れるという夢を否定してしまう。
カーリーは気分を害し、それを気にしながら帰宅したデレクだったが、なんと妖精に変身させられてしまう。
妖精の国に導かれたデレクは、ケースワーカーのトレーシーに修行を言い渡される。
騒ぎを起こしたデレクは、罰として”トゥース・フェアリー/歯の妖精”の任務を果たすよう、妖精の長リリーから命ぜられてしまう。
仕方なく修行を始め、人間界に戻り任務を遂行し、子供達に夢を与えようと、努力してみるデレクだったが・・・。
__________

子供達の成長の証となる、抜けた乳歯を枕の下に置いて寝ると、”トゥース・フェアリー/歯の妖精”が歯とお金を交換していくという、欧米の言い伝えを題材にした作品。

その夢を打ち砕くのが、いかにも荒っぽい豪傑タイプのドウェイン・ジョンソンだというところがいかにもなのだが、彼の柔和で愛嬌のある表情と、夢を信じる人物に変わるという、彼の従来のキャラクターとのギャップが、実に微笑ましく描かれている。

それにしても、アクション派の彼のコメディ・センスも確かなもので、肉体的魅力も十分に生かした見映えのするスターだ。

日本では劇場未公開とは言え、その夢をぶち壊す、相変わらずの邦題には愕然としてしまう・・・。

北米興行収入は、約6000万ドルと期待ほどではなかったが、全世界で約1億1200万ドルのヒットとなった。

奥深い演技にも定評のあるアシュレイ・ジャッドは、主人公の恋人であるシングル・マザーを意外にあっさりと演じている。

194cmのドウェイン・ジョンソンと、わずか数センチ違いとは思えない、彼より遥かに背の高い、針金のようなスリムな長身と表情が実にいいスティーヴン・マーチャントの好演が光る。

妖精の長を貫禄で演ずる若々しいジュリー・アンドリュース、特別出演程度だが、ラストも飾る妖精装備品支給係ビリー・クリスタル、若手ホッケー選手ライアン・シェクラー、妖精仲間セス・マクファーレン、涙する悲しい表情がとても印象的なカーリー(A・ジャッド)の息子役のチェイス・エリソン、娘役のデスティニー・ウィットロック、妖精の飛行訓練係ブランドン・T・ジャクソンなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020