4237 Movies

サボテン・ブラザース Three Amigos! (1986)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

異色のコメディアンとして頂点を極めようとしていた製作総指揮、主演スティーヴ・マーティン、西部劇の名作でもある「荒野の七人」(1960)をパロディー化した、監督ジョン・ランディスチェビー・チェイスマーティン・ショートジョー・マンテーニャ他共演の大爆笑コメディ。


コメディ

スティーヴ・マーティン / Steve Martin / Pinterest


スタッフ キャスト ■
監督:ジョン・ランディス
製作総指揮
スティーヴ・マーティン

製作
ローン・マイケルズ

ジョージ・フォルシーJr.
脚本
ローン・マイケルズ

ランディ・ニューマン
スティーヴ・マーティン
撮影:ロナルド・W・ブラウン
編集:マルコム・キャンベル

音楽:エルマー・バーンスタイン

出演
スティーヴ・マーティン:ラッキー
チェビー・チェイス:ダスティ
マーティン・ショート:ネッド
パトリス・マルティネス:カルメン
アルフォンソ・アラウ:エルワポ
カイ・ウルフ:ドイツ人
ジョー・マンテーニャ:ハリー・フラグルマン
ジョン・ロヴィッツ:モーティ
フィリップ・ゴードン:ロドリゴ

アメリカ 映画
配給 オライオン・ピクチャーズ
1986年製作 102分
公開
北米:1986年12月12日
日本:1987年4月11日
制作費 $25,000,000
北米興行収入 $39,246,730


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
1916年、メキシコ
エルワポ(アルフォンソ・アラウ)率いる悪党集団に襲われ、被害を受けていた寒村サント・ポコから、ガンマンを探し求め、カルメン(パトリス・マルティネス)と少年のロドリゴ(フィリップ・ゴードン)がある町にやって来る。

酒場で助けを求めたカルメンだったが、無法者達は村よりも彼女に興味があり、彼女とロドリゴは逃げ出す。

二人は、町の教会で上映されていた人気サイレント映画”スリー・アミーゴス!”を観る。

映画を初めて見た二人は、”スリー・アミーゴス!”の三人が、現実のヒーローだと思い込み、早速、ハリウッドの彼らに電報を打つ。

しかし、所持金が足りないカルメンは電文を端折ってしまう。

ハリウッド
その頃、ギャラを渋ろうとする映画プロデューサー、ハリー・フラグルマン(ジョー・マンテーニャ)と、人気スターである”スリー・アミーゴス”の三人ラッキー(スティーヴ・マーティン)、ダスティ(チェビー・チェイス)、ネッド(マーティン・ショート)が揉めて、彼らはクビになり、撮影所から追い出されてしまう。

...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
1916年、メキシコ
エルワポ率いる悪党集団に襲われ、被害を受けていた寒村サント・ポコから、ガンマンを探し求めて、村娘カルメンと少年ロドリゴが、あるの町にやって来る。
二人は、町で上映されていた、人気サイレント映画”スリー・アミーゴス!”を観て、彼らが本当のヒーローだと思い込んでしまい、早速、ハリウッドに電報を打つ。
”スリー・アミーゴス”の三人ラッキー、ダスティ、ネッドは、報酬の件でプロデューサーと揉めてクビになってしまう。
そして、カルメンからの電報を受け取った三人は、それが、メキシコで撮影する映画の出演依頼だと思い込み、現地に向かう。
アミーゴスを迎えたカルメンとロドリゴは、意気揚々と故郷のサント・ポコに戻り、三人は村人に大歓迎される。
翌日、エルワポの手下の襲撃を受けた村だ
ったが、アミーゴスは相手を悪役だと思い演技を始め、”スリー・アミーゴス”としての勇姿を披露する。
手下達は、単に驚き撤退するのだが、村人は、アミーゴスが悪党を撃退したものと勘違いして、彼らを英雄扱いしてしまうのだが・・・。
__________

若くして、演出だけでなく脚本家としても、その卓越したコメディセンスを高く評価されていたジョン・ランディスと、本作の製作、脚本にも参加している、スティーヴ・マーティンとのコンビが話題にもなった作品。

西部劇風ではあるが、第一次大戦当時の世情や、サイレント映画のナンセンスさなどをうまく利用した、大きな勘違いによる、ドタバタ騒動が爆笑を誘う。

三人のトリオが主役の作品だが、製作を兼ねたS・マーティンに、先輩格のチェビー・チェイスが遠慮しているように見える。
今一いつもの彼らしくないのが気になると言いたいところだが、元来とぼけた笑いで冷めた感じのキャラクターであるため、彼らしいとも言える。
テレビのキャリアなどが長かったマーティン・ショートは、持ち味を生かし、二人とは、また違った雰囲気で大いに笑わせてくれる。

題材となった「荒野の七人」(1960)の音楽を担当した、エルマー・バーンスタインの、どことなくそれを思い起こさせるテーマ曲などもファンには嬉しい。

初公開当時、劇場で、大笑いしたことを昨日のことのように思い出す。

スティーヴ・マーティンは、2年後のコメディ「ペテン師とサギ師」(1988)も見逃せない。
S・マーティンが間抜けを装う仕草や、紳士詐欺師マイケル・ケインとの絡み合いは最高に笑わせてくれる。

60歳も過ぎ、「ピンク・パンサー」(2006)の新シリーズで、ようやく全盛期の笑いが甦りつつある彼の、今後の活躍が非常に楽しみでもある。

所持金不足で電文を省略してしまうところなど、真面目な顔して笑わせてくれる寒村の娘パトリス・マルティネス、極悪集団の首領を雰囲気抜群で演ずるアルフォンソ・アラウ、謎のドイツカイ・ウルフ、寒村の少年フィリップ・ゴードン、アミーゴスをクビにしてしまう映画プロデューサーのジョー・マンテーニャ、彼の補佐役でジョン・ロヴィッツ等が共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020