4213 Movies

X-ファイル:真実を求めて The X-Files: I Want to Believe (2008)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

人気TVシリーズ「X-ファイル」(1993~
2002)の映画化作品「X-ファイル ザ・ムービー」(1998)に続く、劇場版第2作。
FBIの”X-ファイル課”から手を引いていたモルダーとスカリーが、同僚の捜索に協力を求められ透視能力を持つ神父に関連する事件を解決していくまでを描く、製作、監督、脚本クリス・カーター、主演デイヴィッド・ドゥカヴニージリアン・アンダーソンミッチ・ピレッジアマンダ・ピート他共演のSFサスペンス・ミステリー。


ドラマ(サスペンス/犯罪)


スタッフ キャスト ■
監督:クリス・カーター
製作総指揮:ブレント・オコナー
製作
クリス・カーター

フランク・スポニッツ
脚本
クリス・カーター

フランク・スポニッツ
撮影:ビル・ロー
編集:リチャード・A・ハリス

音楽:マーク・スノウ

出演
フォックス・モルダー:デイヴィッド・ドゥカヴニー

ダナ・スカリー:ジリアン・アンダーソン
ウォルター・スキナー:ミッチ・ピレッジ
ダコタ・ホイットニー:アマンダ・ピート
モズレイ・ドラミー:アルヴィン・ジョイナー(Xzibit)
ジョセフ・クリスマン神父:ビリー・コノリー
ジャンク・デシシン:カラム・キース・レニー
モニカ・バナン:ザンサ・ラドリー
イバラ神父:アダム・ゴドリー

シェリル・カニンガム:ニッキー・エイコックス

アメリカ/カナダ 映画
配給 20世紀FOX

2008年製作 104分
公開
北米:2008年7月25日
日本:2008年11月7日
製作費 $30,000,000
北米興行収入 $20,981,630
世界 $68,369,430


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
ウェストヴァージニア州、サマセット。
FBIの女性捜査官モニカ・バナン(ザンサ・ラドリー)が失踪し、霊感能力者であるジョセフ・クリスマン神父(ビリー・コノリー)の協力で捜査が行われ、切断された片腕が発見される。

FBI捜査官のダナ・スカリー(ジリアン・アンダーソン)は、現在は病院勤務の医師をしていた。

ある日、スカリーは、FBI捜査官モズレイ・ドラミー(アルヴィン・ジョイナー(Xzibit))から、元同僚のフォックス・モルダー(デイヴィッド・ドゥカヴニー)の居場所を聞かれ、女性捜査官を捜す協力を求められる。

濡れ衣を着せられ、殺人罪に問われていたモルダーの元に向かったスカリーは、バナン捜査官の捜索への協力で、その罪を帳消しにすると言われたことを彼に伝える。

隠匿生活を送り、失踪した妹を、未だに捜そうとしていたモルダーは協力を渋るが、スカリーと共にワシントンD.C.に向かう。

支局長ダコタ・ホイットニー(アマンダ・ピート)は、72時間を超えると、不明のバナンの命が救えないことをモルダーとスカリーに伝え、切断され発見された男の腕の写真を二人に見せる。
・・・全てを見る


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
FBIの女性捜査官が失踪し、霊感能力者のクリスマン神父が捜査に協力することになる。
その後FBIは、元捜査官で医師のダナ・スカリーと接触し、隠匿生活を送り、失踪した妹を、未だに捜そうとしていた彼女の同僚フォックス・モルダーにも捜査への協力を要請する。
モルダーとスカリーは、現場に復帰して神父と会うが、彼には小児性愛の前科があること分かる。
スカリーは神父を疑い、捜査への協力を拒否してしまう。
モルダーは、神父を事件現場に連れて行くが、それ以上の透視は出来なかった。
スカリーは、尚も神父を疑っていたのだが、モルダーは彼を信じて、次々見つかる、女性の頭部や11人の四肢を手がかりに、捜査を続けるのだが・・・。
___________

シリーズの特徴である、異星人との関りや超常現象などは控えた、ホラー・サスペンスに終始している内容の作品。

監督は、テレビ・シリーズを担当したクリス・カーターで、何となく展開が都合よ過ぎる感じもするが、主人公二人の、心の動きなども絡めながら、事件、容疑者、霊感者がつながるという結論で、全てが収まるストーリーになっている。

興行収入は、残念ながら前作をかなり下回り、全世界で約1/3に減少してしまった。

北米興行収入 $20,981,630
世界 $68,369,430

モルダー役のデイヴィッド・ドゥカヴニーは、年齢を重ねてやや落ち着いた雰囲気がするが、相変わらず、冷静沈着で優秀な医師スカリー役のジリアン・アンダーソンの、小柄ながら凛々しい姿が印象的だ。

クライマックスだけに登場する、主人公達の元上司ミッチ・ピレッジ、容疑者追跡で命を落す支局長アマンダ・ピート、捜査官のアルヴィン・ジョイナー(Xzibit)、事件の鍵を握る霊感者のビリー・コノリー、容疑者のカラム・キース・レニー、失踪する捜査官ザンサ・ラドリー、病院の神父役のアダム・ゴドリー、失踪女性のニッキー・エイコックスなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020