4237 Movies

間違えられた男 The Wrong Man (1956)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★ヒッチコック登場場面
★★★★

強盗容疑で逮捕される男性とその妻の苦悩を描く、監督アルフレッド・ヒッチコック、主演ヘンリー・フォンダヴェラ・マイルズアンソニー・クエイル共演の実話に基づいたシリアス・サスペンス。


ドラマ(サスペンス/犯罪)

アルフレッド・ヒッチコック Alfred Hitchcock 作品一覧
アルフレッド・ヒッチコック / Alfred Hitchcock / Pinterest


スタッフ キャスト ■
監督:アルフレッド・ヒッチコック

製作:ハーバート・コールマン
原作:マクスウェル・アンダーソン
脚本
マクスウェル・アンダーソン
アンガス・マクファイル
撮影:ロバート・バークス
編集:ジョージ・トマシーニ
音楽:バーナード・ハーマン

出演
クリストファー・エマニュエル”マニー”バレストレロ:ヘンリー・フォンダ
ローズ・バレストレロ:ヴェラ・マイルズ
フランク・D・オコナーアンソニー・クエイル
バワーズ:ハロルド・J・ストーン
バレストレロ夫人:エスター・ミンチオッティ
マシューズ:チャールズ・クーパー
ジーン・コンフォーティ:ネヘマイア・パーソフ
少女:チューズデイ・ウェルド

アメリカ 映画
配給 ワーナー・ブラザーズ
1956年製作 105分
公開
北米:1956年12月22日
日本:1957年6月19日
製作費 $1,200,000
北米興行収入 $2,000,000


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
1953年1月14日、ニューヨーク
高級ナイトクラブでベースを弾くバンド・マン、クリストファー・エマニュエル”マニー”バレストレロ(ヘンリー・フォンダ)は仕事を終える。

いつものように、マニーは地下鉄に乗り、新聞の競馬予想欄などをチェックしながら、カフェにも立ち寄り早朝に帰宅する。

マニーは、起きていた妻のローズ(ヴェラ・マイルズ)の歯の治療費に300ドルが必要だと聞く。

豊かではないマニーにとっては大金ではあったが、彼は、愛するローズのために、何んとかそれを工面する方法を考える。

翌朝マニーは、ローズの生命保険で歯の治療費を借りようと考え保険会社に出向く。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

脚本も担当したマクスウェル・アンダーソンの小説”he True Story of Christopher Emmanuel Balestrero”を基に製作された作品。

★ヒッチコック登場場面
アルフレッド・ヒッチコックが、実話に基づいた作品として、劇中ではなく、冒頭のシルエット映像で、それを説明する形で登場する。

*(簡略ストー リー)
ニューヨーク
高級ナイトクラブでベースを弾くバンド・マンのクリストファー・エマニュエル”マニー”バレストレロは、いつものように仕事を終えて帰宅する。
妻ローズのために、歯科医の費用を工面しようとするマニーは、彼女の保険で借金をすることを考える。
保険会社に出向いたマニーだったが、社員らは、彼が以前押し入った強盗だと確信する。
社員は、とりあえずマニーの要望を受け入れて、後日の手続きを伝える。
保険会社の通報で、警察はマニーを犯人だと断定し、彼は身に覚えのない罪で逮捕されてしまう。
マニーは、姉夫婦の協力で保釈金を払い釈放され、弁護士オコナーに相談する。
そして、マニーはローズと共に、無実を証明できる証人を探そうとするのだが・・・。
__________

実話に基づくストーリーを、生々しいタッチで描くアルフレッド・ヒッチコックの演出は、得意とする”巻き込まれ型”という面では、彼らしい展開でドラマは進行する。

演技派の大スター、ヘンリー・フォンダを主演に起用し、彼の名演により、追い詰められる者の心理的な描写に重点を置いた演出も見応え十分だ。

陰影を生かしたロバート・バークスのモノクロ映像、主人公の心の動きを細やかに表現している、ヒッチコック作品の常連バーナード・ハーマンの音楽も素晴らしい。

物腰や表情が実に味わい深いヘンリー・フォンダの好演が際立つ。
実、彼とは親子ほど年の差がある妻役のヴェラ・マイルズは、10代で結婚しているだけあり、落ち着いた雰囲気で違和感はない。
中盤から、苦悩する夫を支えきれずに、精神を患う姿が痛々しい。

主人公への協力を惜しまない、実在の弁護士である、フランク・D・オコナーを演ずるアンソニー・クエイル、刑事ハロルド・J・ストーンチャールズ・クーパー、主人公の義兄ネヘマイア・パーソフ、母エスター・ミンチオッティ、そして、少女役としてチューズデイ・ウェルドが端役出演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020