4236 Movies

見知らぬ乗客 Strangers On a Train (1951)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★ヒッチコック登場場面
5star

1950年に発表された、パトリシア・ハイスミスの小説”Strangers on a Train”を基に製作された作品。
列車に乗り合わせた乗客から交換殺人をもちかけられたテニス・プレーヤーが心理的に追い詰められる姿を描く、製作、監督アルフレッド・ヒッチコック、主演ファーリー・グレンジャールース・ローマンロバート・ウォーカーレオ・G・キャロル他共演の傑作サスペンス。


ドラマ(サスペンス/犯罪)

アルフレッド・ヒッチコック Alfred Hitchcock 作品一覧
アルフレッド・ヒッチコック / Alfred Hitchcock / Pinterest


スタッフ キャスト
監督:アルフレッド・ヒッチコック
製作:アルフレッド・ヒッチコック
原作:パトリシア・ハイスミスStrangers on a Train
脚本
レイモンド・チャンドラー
チェンツイ・オルモンド
撮影:ロバート・バークス
編集:ウィリアム・H・ジーグラー
音楽:ディミトリ・ティオムキン

出演
ガイ・ヘインズ:ファーリー・グレンジャー
アン・モートン:ルース・ローマン
ブルーノ・アントニー:ロバート・ウォーカー
モートン上院議員:レオ・G・キャロル
バーバラ・モートン:パトリシア・ヒッチコック
ミリアム・ジョイス・ヘインズ:ローラ・エリオットケイシー・ロジャース
アントニー夫人:マリオン・ローン
アントニー:ジョナサン・ヘイル
カニンガム夫人:ノーマ・ヴァルデン
ヘネシー:ロバート・ギスト

アメリカ 映画
配給 ワーナー・ブラザーズ
1951年製作 101分
公開
北米:1951年6月30日
日本:1953年5月9日
製作費 $1,200,000
北米興行収入 $7,000,000


アカデミー賞
第24回アカデミー賞

・ノミネート
撮影賞(白黒)


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
アマチュア・テニスのスター選手ガイ・ヘインズ(ファーリー・グレンジャー)は、列車でワシントンD.C.から故郷メトカルフへ向かう途中、ブルーノ・アントニー(ロバート・ウォーカー)という男性に話しかけられる。

妻ミリアム(ローラ・エリオット)との不和や、新聞のゴシップ記事で読んだという、上院議員の娘アン・モートン(ルース・ローマン)との関係を不躾に話す風変わりなブルーノを、少々鬱陶しく思うガイは食堂車に向かおうとする。

空席がなかったために、ブルーノと話をすることになったガイは、彼から、完全犯罪に興味があるかを問われる。

ブルーノは、仮定の話だとしながら、自分がガイの妻を殺して、彼が、嫌っている父を殺すという交換殺人を提案する。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

★ヒッチコック登場場面
上映から約10分、ファーリー・グレンジャーが列車を降りる際に、”コントラバス”を持参して乗車しようとする男性として登場する。
非情に分かり易い。

*(簡略ストー リー)
アマチュア・テニスのスター選手ガイ・ヘインズは、故郷のメトカフに向かう列車内で、風変わりな男性ブルーノに声を掛けられる。
新聞の記事などで、ガイが妻ミリアムと不仲と知るブルーノは、仮定の話だとしながら、自分が彼女を殺し、嫌っている父親をガイが殺すという交換殺人を提案する。
それをまともに聞き入れるはずのないガイは、列車を降りてミリアムの元に向かうが、彼女に離婚を拒まれてしまう。
ガイは、上院議員の娘アンと付き合っていたのだが、ワシントンD.C.に戻った彼は、現れたブルーノから、ミリアムを殺したことを知らされる。
そしてブルーノは、交換殺人として、自分の父親を殺すようガイに迫るのだが・・・。
__________

アルフレッド・ヒッチコック作品の中でも、かなり評価の高い一作。

計算しつくされた場面展開、ロバート・バークスの映像感覚の素晴らしさ、ヒッチコックとは不仲だと言われるレイモンド・チャンドラーも参加した脚本の妙、場面を盛り上げるディミトリ・ティオムキンの音楽、その調和のとれた仕上がりは、全編に渡り一時も目が離せない。

レイモンド・チャンドラーは、ほとんど仕事をしなかったという説もある。

冒頭の、主人公二人の出会いまでの描写、あっさりと行われる殺人を眼鏡のレンズ上にで映し出すショット、また、その眼鏡が引き金になる犯人の殺意の再燃、その斬新なアイデアの数々は見事だ。

第24回アカデミー賞は、撮影賞(白黒)にノミネートされた。

主演のファーリー・グレンジャーは、夫婦間の諍いで苦悩するものの、誠実なイメージが漂い熱演し、実生活でもその奇行が知られていたことを考えながら観ると、一層ロバート・ウォーカーの好演が際立つ。
同性愛的描写もあるパトリシア・ハイスミスの原作と、ファーリー・グレンジャー自身もバイセクシャルだったことも興味深い。
ロバート・ウォーカーは、本作公開2か月後に急死する。

苦悩する主人公を支える恋人のルース・ローマン、その父親で、ヒッチコック作品の常連、上院議員のレオ・G・キャロル、その娘役でヒッチコックの実娘パトリシア・ヒッチコック、主人公の妻役で”ローラ・エリオット”のクレジットだったケイシー・ロジャース、ブルーノ(ロバート・ウォーカー)の母親役マリオン・ローン、父親ジョナサン・ヘイル、パーティーで首を絞められる婦人ノーマ・ヴァルデン、主人公の護衛兼見張りの刑事ロバート・ギストなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020