That's Movie Talk!     4100 Movies

レスラー The Wrestler (2008)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

かつての栄光を胸に、リングでしか生きられない男と仲間達の友情、思いを寄せる女性と娘との関係に苦悩する老レスラーの生き様を描く、監督ダーレン・アロノフスキーミッキー・ロークの渾身の演技が光る、 マリサ・トメイエヴァン・レイチェル・ウッド共演のヒューマン・ドラマの秀作。


ドラマ(ヒューマン)


スタッフ キャスト ■
監督 :ダーレン・アロノフスキー

製作総指揮
ヴィンセント・マラヴァル

アグネス・メントル
ジェニファー・ロス
製作
ダーレン・アロノフスキー

スコット・フランクリン
脚本 :ロバート・シーゲル
撮影:マリス・アルペルチ
編集:アンドリュー・ワイスブラム
音楽:クリント・マンセル
主題歌 :ブルース・スプリングスティーン

出演
ミッキー・ローク:ランディ”ザ・ラム”ロビンソン/ロビン・ラムジンスキー
マリサ・トメイ:パム/キャシディ
エヴァン・レイチェル・ウッド:ステファニー・ラムジンスキー
マーク・マーゴリス:レニー
トッド・バリー:ウェイン
ウェス・スティーヴンス:ニック・ヴォルペ
アーネスト・ミラー:ボブ/”ジ・アヤトッラー”
ディラン・サマーズ/ネクロ・ブッチャー:本人

アメリカ 映画
配給 フォックス・サーチライト・ピクチャーズ
2008年製作 109分
公開
北米:2008年12月17日
日本:2009年6月13日
製作費 $7,000,000
北米興行収入 $26,236,600
世界 $44,704,000


アカデミー賞 ■
第81回アカデミー賞

・ノミネート
主演男優(ミッキー・ローク)
助演女優(マリサ・トメイ)


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
1980年代に一世を風靡した人気プロ・レスラー、ランディ”ザ・ラム”ロビンソンことロビン・ラムジンスキー(ミッキー・ローク)は、20年後の現在では、エリザベス(ニュージャージー)で週末だけ行われる、独立団体に参加するレスラーに成り下がっていた。

試合を終え、少ないギャラを手にして自宅のトレーラー・ハウスに帰ったランディだったが、家賃を払わないために追い出されてしまう。

車で寝ることになったランディは、スーパーでの仕事を増やそうと、上司ウェイン(トッド・バリー)に掛け合い残業を許可される。

衰えた体力と傷だらけの体に鞭打ち、平日はスーパーの下働きを続け、なんとか生活していたランディだったが、巡業レスラー仲間達にとって、彼は憧れの存在でヒーローだった。
・・・全てを見る

 


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
かつて一時代を築いた、人気プロ・レスラーのランディ”ザ・ラム”ロビンソンは、今では、老体に鞭打つ、巡業レスラーに成り下がっていた。
ストリップ・バーのダンサー、キャシディに会うことが唯一の楽しみだったランディは、巡業レスラー仲間達からは慕われ、ヒーローとして尊敬もされていた。
そんなランディに、20年前の世紀のリマッチの企画が舞い込む。
しかし、ランディは流血マッチの直後、心臓発作で倒れ、手術の末レスラーとして再起不能になってしまう。
行き場を失ったランディは、キャシディの助言で、別居していた娘ステファニーに再会し、何とか親子関係を取り戻し、そして、引退を決意する。
心の拠り所を求め、キャシディに愛を告げたランディはそれを拒まれ、さらに、再び娘の信頼を失い絶縁されてしまう。
失意のランディは、自分の居場所がリングしかないことを悟り、全てを懸けた最後の試合に挑む・・・。
__________

各映画賞を受賞し、批評家からも絶賛され、主演のミッキー・ロークの復活劇と、彼の人生と重なり合うストーリーが、多いに話題を呼んだ作品。

第65回ヴェネツィア国際映画祭金獅子賞受賞

第66回ゴールデングローブ賞
主演男優賞 (ドラマ部門)
歌曲賞受賞

第81回アカデミー賞
・ノミネート
主演男優賞/ミッキー・ローク
助演女優賞/マリサ・トメイ

ボクシングを題材にした作品は数多く作られているが、プロレスの世界を描いた作品は殆どないに等しく、本格的なプロレス映画として新鮮味を感じる。

意外に簡単に修復した親子関係が、もろくも崩れてしまう展開なども、ただのお涙頂戴的な作品ではなく、ダーレン・アロノフスキーは、現実の厳しさも鋭く描いている。

ロッキー」(1976)のような達成感を感じさせるヒーロー・ドラマではないが、淡々とした生活を続ける不器用な男を演じ、本物のレスラーが、役者として演じているような雰囲気のミッキー・ロークの、素朴な演技が胸を打つ。

ミッキー・ロークの体は、55歳にしてはかなり張りがあり、若々しいとは言えないが相当に鍛えたことが想像できる。

子持ちのストリップ・ダンサーとして、体を張った演技を見せ、アカデミー助演賞候補になったマリサ・トメイの”大人”の演技も注目で、母親として、一女性に戻ったシーンの自然な美しさも印象的。

700万ドルという超低予算作品ということで、スタッフの苦労が窺える地味な作品なのだが、主人公ランディを追うカメラワークなど、ドキュメント映像に見えたりもするショットが、生々しいスポーツ映画の醍醐味を描写するのに効果を上げている。

また、厳つく異様な存在にも見えるレスラー達の私生活や試合の裏舞台、その友情なども興味深く描かれている。

友人ブルース・スプリングスティーンの好意で、ミッキー・ロークに提供されたテーマ曲も心に沁みる。

一度は和解するが、結局は父を見捨てる娘役エヴァン・レイチェル・ウッド他、プロ・レスラーも多数出演している。


That's Movie Talk! © 2020 Frontier Theme
Translate / 翻訳
Scroll Up