4849 Movies

キンキーブーツ Kinky Boots (2006)

父の死で靴工場を継いだ青年が、実は工場が閉鎖の危機だと知り、あるアイデアからドラァグクイーン用ブーツの、ニッチ市場開拓を目指し奮闘する姿を描いた、ジョエル・エドガートンキウェテル・イジョフォー共演のヒューマン・コメディ。
★★★☆☆

アカデミー賞 ■ ストーリー ■ 解説


ドラマ(コメディ)


スタッフ キャスト ■
監督:ジュリアン・ジャロルド

製作
ニック・バートン

ピーター・エテッドギー
スザンヌ・マッキー
脚本
ティム・ファース

ジェフ・ディーン
撮影:アイジル・ブリルド
編集:エマ・E・ヒコックス
音楽:エイドリアン・ジョンストン

出演
チャーリー・プライス:ジョエル・エドガートン

サイモン/ローラ:キウェテル・イジョフォー
ローレン:サラ=ジェーン・ポッツ
ニコラ:ジェミマ・ルーパー
メル:リンダ・バセット
ドン:ニック・フロスト
ジョージ:ユアン・フーパー
ハロルド・プライス:ロバート・パフ
ビッグ・マイク:スティーヴン・マーカス

イギリス/アメリカ 映画
配給
タッチストーン・ピクチャーズ

ミラマックス
2005年製作 107分
公開
北米:2005年10月7日
日本:2006年8月26日
北米興行収入 $1,819,450
世界 $9,950,130


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
ノーサンプトン
100年以上の歴史を誇る靴工場を、父の急死で継ぐことになったチャーリー・プライス(ジョエル・エドガートン)は、工場が閉鎖の危機にあることを知ってしまう。
仕方なく、在庫を業者に売るためにロンドンを訪れたチャーリーは、ひょんなことでドラァグクイーンのローラ(キウェテル・イジョフォー)と出会う。
工場に帰ったチャーリーは、従業員の解雇を始めるが、その一人ローレルから”路線変更”をするべきだと言われ、その後、ローラの履いていたブーツを思い出し、アイデアが閃く。
そして、背水の陣のチャーリーは、男性が履けるブーツの市場を開拓するために、ローラに協力を求め、彼の協力を得られることになるのだが・・・。


解説 評価 感想 ■

実在の紳士靴メーカー”W.J.Brookes Ltd”をモデルにした実話と明記されるが、実際には、会社と映画に共通点がある程度というのが正しいようだ。

倒産寸前の工場を救おうとする、跡取の奮闘記、自体はそれほど新鮮ではないのだが、ドラァグクイーンに力を借りて、新市場を開拓しようとするアイデアは面白いし、さびれた町の工場で働く人々の、田舎臭ささなども実に良く描写されている。
しかし、上記のように、それは全くの脚色で、実話でなかったのは少し残念だ。

ドラァグクイーン及びゲイが登場すると、意外に人情ドラマとして物語が成り立つものであり、「3人のエンジェル」 (1995)などが、その良い例だ。

主演のジョエル・エドガートンは、頼りない跡取から、出会ったドラァグクイーンの男性と従業員の協力で困難を乗り切り、成長していく青年経営者を熱演する。

彼をサポートするかたちで、圧倒的なインパクトでドラァグクイーンを演じ、終始画面を占領するキウェテル・イジョフォーの怪演は見ものであり、ゴールデングローブ賞の主演男優賞(ドラマ・コメディ)他にノミネートされた。

主人公の右腕として助力し、愛も芽生える工員サラ=ジェーン・ポッツ、逆に婚約者を支えきれない主人公の恋人ジェミマ・ルーパー、工場長ユアン・フーパー、工員のリンダ・バセットニック・フロストスティーヴン・マーカス、先代の社長ロバート・パフなどが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2022