4551 Movies

ガープの世界 The World According to Garp (1982)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

1978年に出版され大ベストセラーとなりセンセーションを巻き起こした、ジョン・アーヴィング同名小説を基に製作された、私生児である主人公のたどる数奇な運命を描く、製作、監督ジョージ・ロイ・ヒル、主演ロビン・ウィリアムズメアリー・ベス・ハートグレン・クローズジョン・リスゴーヒューム・クローニンジェシカ・タンディアマンダ・プラマー他共演のヒューマン・ドラマ。


ドラマ(ヒューマン)


スタッフ キャスト ■
監督:ジョージ・ロイ・ヒル
製作総指揮:パトリック・ケリー
製作
ジョージ・ロイ・ヒル

ロバート・L・クロウフォードJr.
原作:ジョン・アーヴィングガープの世界
脚本:スティーヴ・テシック

撮影:ミロスラフ・オンドリチェク
編集:スティーヴン・A・ロッター
音楽:デイヴィッド・シャイア
主題歌:ビートルズ”When I’m Sixty-Four”

出演
ロビン・ウィリアムズ:T・S・ガープ
メアリー・ベス・ハート:ヘレン・ホルム
グレン・クローズ:ジェニー・フィールズ
ジョン・リスゴー:ロバータ・マルドゥーン
ヒューム・クローニン:フィールズ
ジェシカ・タンディ:フィールズ夫人
アマンダ・プラマー:エレン・ジェームズ
スージー・カーツ:売春婦
ピーター・マイケル・ゴーツ:ジョン・ウルフ
ジェニー・ライト:クッシー
ブレンダ・カリン:プー
マーク・ソパー:マイケル・ミルトン

アメリカ 映画
配給 ワーナー・ブラザーズ
1982年製作 136分
公開
北米:1982年7月23日
日本:1983年10月15日
製作費 $17,000,000
北米興行収入 $29,712,170


アカデミー賞 ■
第55回アカデミー賞
・ノミネート
助演男優賞(ジョン・リスゴー)
助演女優賞(グレン・クローズ)


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
1944年。
従軍看護師のジェニー・フィールズ(グレン・クローズ)は、病院の患者との間に生まれた子供を連れて里帰りする。

両親(ヒューム・クローニン/ジェシカ・タンディ)は、その子供が、入院していた兵士ガープとの間で、ジェニーの一方的な性的行為によって産んだ子だと知らされて驚いてしまう。

子供の名前は、父親がテクニカル・サージャント(三等軍曹)だったため、”T・S・ガープ”と名付けられる。

数年後、ジェニーは全寮制の男子校学内看護師として住み込み生活を始め、ガープを女手一人で育てていた。

ガープは、顔も知らない父親を想いながら成長して、レスリングのイヤーガードが、飛行士のヘルメットに思えた彼は、その後レスリングに熱中する。

ガーブ(ロビン・ウィリアムズ)は、レスリング・コーチの娘へレン・ホルム(メアリー・ベス・ハート)に夢中になるが、ジェニーはそれを手放しで喜べない。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
従軍看護師ジェニーは、入院していた兵士との子供で、私生児のガープを女手一人で育てる。
成長したガープは、心を寄せるヘレンから小説家と結婚すると言われ、それを目指す。
ジェニーも自分の体験談を本にしてみたくなり、ガープより一足先に作家デビューし、大ベストセラー作家になる。
その後、ジェニーは女性活動家の憧れの的となり、自宅を、女性達に解放する施設にしてしまう。
ヘレンと結婚したガープも作家となるが、彼は若死する家系だということを理由に人生を急ぎ、自分の身に及ぶ危険を気にしてばかりいる・・・。
__________

アメリカだけでも500万部が売れた原作だが、映像では表現しにくいだろうと言われた、難解な内容の映画化に注目が集まった。

監督のジョージ・ロイ・ヒルは、レスリングや小説の執筆など何にでも熱中し、人間の欲求や恋に悩みながら成長して、短い生涯を精一杯生き抜くガープの生き様を、悲しくもユーモラスに描き切り、見事な演出を見せている。

第55回アカデミー賞では、助演男優賞(ジョン・リスゴー)と助演女優賞(グレン・クローズ)にノミネートされた。

「ポパイ」(1980)などに続き、まだデビュー間もない若きロビン・ウィリアムズ(31歳)の、感受性豊かな主人公の人間性を、繊細に演じた熱演は光る。

映画初出演とは思えないグレン・クローズも素晴らしい。
周囲を気にせず、自らの道を邁進する女性、またその奔放な生き様を見事に演じている。
初出演にして、いきなりアカデミー助演賞候補は納得だ。

また、最も印象に残るのは、性転換をした元プロ・フットボーラー役のジョン・リスゴーだ。
悪役のイメージもある長身(193cm)の彼は、女装すると、それだけでどことなくユーモラスだが、ガープ一家を温かく見守る、優しさを感じる、彼の仕草や表情がたまらなくいい。

彼は本作に続き、翌年の「愛と追憶の日々」(1983)でもアカデミー助演賞候補になる。

実生活でも、おしどり夫婦で有名なヒューム・クローニンジェシカ・タンディの出演も嬉しい。

こちらもデビュー2作目のアマンダ・プラマーも、物語のキーポイントとなる人物を、短い出演ながら印象的に演じている。
彼女は、いまだ現役で、最近特に充実した役どころが多い、名優クリストファー・プラマーの娘である。

ポール・マッカートニーが歌う挿入歌で、ビートルズの”When I’m Sixty-Four”も、オープニングとエンディングで効果的に使われている。

主人公との間に紆余曲折あるの妻役メアリー・ベス・ハート、ジェニー(G・クローズ)に感化される売春婦スージー・カーツ、編集者のピーター・マイケル・ゴーツ、主人公の幼馴染ジェニー・ライト、その妹ブレンダ・カリン、ヘレン(M・B・ハート)に迫る学生マーク・ソパーなどが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021