That's Movie Talk!     4034 Movies

ウィッチ The Witch (2015) 3.88/5 (34)

  •  
  •  
  •  
  •  

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

森に潜む魔女に呪われた敬虔なキリスト教一家に襲い掛かる恐怖を描く、監督、脚本ロバート・エガース、主演アニャ・テイラー=ジョイラルフ・アイネソンケイト・ディッキー他共演のホラー。


スリラー/ホラー


スタッフ キャスト
監督:ロバート・エガース
製作
ジェイ・ボン・ホイ
ラース・カスダン
ジョディ・レドモンド
ダニエル・ベッカーマン
ロドリゴ・テイクセラ
脚本:ロバート・エガース
撮影:ジェイリン・ブラシケ
編集:ルイス・フォード
音楽:マーク・コーヴェン

出演
トマシン:アニャ・テイラー=ジョイ
ウィリアム:ラルフ・アイネソン
キャサリン:ケイト・ディッキー
ケイレブ:ハーヴェイ・スクリムショウ
マーシー:エリー・グレインジャー
ジョナス:ルーカス・ドーソン
領事:ジュリアン・リッチングス
若い魔女:サラ・スティーブンス

アメリカ 映画
配給 A24
2015年製作 93分
公開
北米:2016年2月19日
日本:2017年7月22日
製作費 $3,000,000
北米興行収入 $25,138,710
世界 $40,423,950


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
1630年、ニューイングランド
イングランドからの入植者である信仰心があついウィリアム(ラルフ・アイネソン)は、新約聖書の解釈の違いから、ピューリタンの入植地の村から追放されてしまう。

ウィリアムは、妻キャサリン(ケイト・ディッキー)、娘トマシン(アニャ・テイラー=ジョイ)、息子のケイレブ(ハーヴェイ・スクリムショウ)、双子のマーシー(エリー・グレインジャー)とジョナス(ルーカス・ドーソン)と共に村を離れる。

森の手前の土地に住む決心をしたウィリアムらは、希望を抱き暮らし始める。

その後ウィリアムは、家を建てて農地を作り一家の生活を支えた。

生まれたばかりのサミュエル”サム”の子守をキャサリンから頼まれたトマシンは、森の手前で弟をあやしていた。
・・・全てを見る


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
1630年、ニューイングランド
イングランドからの入植者である信仰心があついウィリアムは、新約聖書の解釈の違いから、ピューリタンの入植地の村から追放されてしまう。
ウィリアムは、妻キャサリン、娘トマシン、息子のケイレブ、双子のマーシーとジョナスと共に森の手前の土地で暮らし始める。
やがて弟のサムが生まれ、子守を頼まれたトマシンだったが、目の前でサムが姿を消してしまう。
魔女の呪いだと考える息子を失ったキャサリンは悲しみ、ウィリアムは何とか生活を支えようとするが、その後も、家族には理解できない出来事が次々と起きる・・・。
__________

若手監督として注目される脚本家でもあるロバート・エガースの初監督作品であり、各映画祭で絶賛された作品。

世界の各映画祭に招待され、2015年サンダンス映画祭では、ロバート・エガースがグランプリにノミネートされ、監督賞(各ドラマ部門)を受賞した。

キリスト教の敬虔な信者であるイングランドからの入植者一家が、森に潜む魔女の呪いにより体験する恐怖を描くホラー。

超自然的な理解不能な現象が派手な描写もなく展開し、プロダクションデザイナーでもあるロバート・エガースの斬新な映像センスが注目の作品でもある。

17世紀の入植時代の雰囲気を再現する描写や衣装なども手が込んでいる。

300万ドルの予算で製作された本作は高評価を受けて拡大公開され、北米興行成績は約2500万ドル、全世界では約4000万ドルの記録を残した。

前年の「ヴァンパイア・アカデミー」(2014)でデビューし、本作で主演に抜擢されたアニャ・テイラー=ジョイは、敬虔な信者である両親の影響を受けながらも、魔女に呪われていく少女を好演して注目を集めることになり、M・ナイト・シャマランの「スプリット」の演技も高く評価され、今後が大いに期待できる。

敬虔なクリスチャンである主人公の父親ラルフ・アイネソン、息子を失い信仰心が弱まり心が乱れる母親を熱演するケイト・ディッキー、その息子ハーヴェイ・スクリムショウ、双子のエリー・グレインジャーとルーカス・ドーソン、入植地の領事ジュリアン・リッチングスなどが共演している。


That's Movie Talk! © 2019 Frontier Theme
Translate / 翻訳
Scroll Up