4216 Movies

大西部への道 The Way West (1967)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

ミズーリから未開の地オレゴンに向かう幌馬車隊の苦難の旅を描く、監督アンドリュー・V・マクラグレン、主演カーク・ダグラスロバート・ミッチャムリチャード・ウィドマークサリー・フィールド他共演の西部劇。


西部劇


スタッフ キャスト ■
監督:アンドリュー・V・マクラグレン
製作:ハロルド・ヘクト
原作:A・B・ガスリーJr.The Way West
脚本
ベン・マドー

ミッチ・リンデマン
撮影:ウィリアム・H・クローシア
編集:オットー・ラヴリング
音楽:ブロニスラウ・ケイパー

出演
ウィリアム・J・タドロック上院議員:カーク・ダグラス

ディック・サマーズ:ロバート・ミッチャム
ライジ・エヴァンス:リチャード・ウィドマーク
レベッカ・エヴァンス:ローラ・オルブライト
マーシー・マクビー:サリー・フィールド
マクビー:ハリー・ケリーJr.
ウェザビー:ジャック・イーラム
ブラウニー・エヴァンス:マイケル・マクグリーヴィ
ジョニー・マック:マイケル・ウィトニー
アマンダ・マック:キャサリン・ジャスティス
グラント大尉:パトリック・ノウルズ

アメリカ 映画
配給 ユナイテッド・アーティスツ

1967年製作 122分
公開
北米:1967年5月24日
日本:1967年8月12日


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
1843年、ミズーリインディペンデンス
上院議員ウィリアム・J・タドロック(カーク・ダグラス)は、未開の地オレゴンに向かうガイドとしてディック・サマーズ(ロバート・ミッチャム)を雇おうとする。

妻の死のショックから立ち直れないサマーズはそれを断り、自分も同じ立場のタドロックは、いつまでもそのことを引きずる彼を非難して立ち去る。

農場主のライジ・エヴァンス(リチャード・ウィドマーク)は、妻のレベッカ(ローラ・オルブライト)を説得して、息子のブラウニー(マイケル・マクグリーヴィ)と共に旅立つ。

4月。
タドロックをリーダーとした幌馬車隊は西を目指して出発し、その中にはサマーズもいた。
・・・全てを見る


解説 評価 感想 ■

1949年に発表された、A・B・ガスリーJr.の小説”The Way West”を基に製作された作品。

*(簡略ストー リー)
西部開拓時代、夢と希望を抱きながら開拓民達が通った”オレゴン・トレイル”の幌馬車隊の旅を描いたドラマで、ジョン・フォードの秘蔵っ子アンドリュー・V・マクラグレンによるスケール感のある西部劇には仕上がっている。

主要男優陣の豪華競演は注目なのだが、期待して観ると、その個性が今一活かされていないようで、ファンとしてはどうも物足りない感じがする。

ジョン・ウェイン作品なども手掛けるアンドリュー・V・マクラグレンなのだが、見せ場はあるものの、本作の演出はやや平凡だ。

しかし、困難な旅を成功させようとする主人公が、厳しさだけでは人の心は動かせないと悟る、終盤に向けての、人間性の追及に視点を置く展開は、開拓者魂や伝統的なアメリカ人気質を感じさせる内容で、ラストも爽やかに幕を閉じる。

幌馬車隊を率い厳しい態度で苦難に耐えるカーク・ダグラス、ガイドとして的確に役目を果たす頼もしい男を好演するロバート・ミッチャム、新天地での生活に希望を抱く農場主リチャード・ウィドマーク、その妻役ローラ・オルブライト、息子役のマイケル・マクグリーヴィ、彼と結婚する若き日のサリー・フィールド、その父ハリー・ケリーJr.、牧師ジャック・イーラム、新婚夫婦役のマイケル・ウィトニーキャサリン・ジャスティス、砦の大尉役パトリック・ノウルズなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020