4263 Movies

男と女の不都合な真実 The Ugly Truth (2009)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

プライドが高い敏腕テレビ・プロデューサーと人気パーソナリティーが、反発しながら次第に惹かれ合っていく姿を描く、監督ロバート・ルケティック、主演キャサリン・ハイグルジェラルド・バトラーエリック・ウィンター他共演のロマンチック・コメディ。


ロマンチック・コメディ


スタッフ キャスト ■
監督: ロバート・ルケティック
製作総指揮
アンドレ・ラマル

エリック・リード
キャサリン・ハイグル
ナンシー・ヘイグル
カレン・マックラー・ラッツ
キルステン・スミス
ライアン・カヴァノー
製作
トム・ローゼンバーグ

ゲイリー・ルチェシ
スティーヴン・ルーサー
キンバリー・ディ・ボナヴェンチュラ
デボラ・ジェリン・ニューマイヤー
原案:ニコール・イーストマン
脚本
ニコール・イーストマン

カレン・マックラー・ラッツ
キルステン・スミス
撮影:ラッセル・カーペンター
編集:リサ・ゼノ・チャージン
音楽:アーロン・ジグマン

出演
アビゲイル”アビー”リクター:キャサリン・ハイグル

マイク・チャドウェイ:ジェラルド・バトラー
コリン・アンダーソン:エリック・ウィンター
ラリー・ウィリアムズ:ジョン・マイケル・ヒギンズ
ジョージア・ウィリアムズ:シェリル・ハインズ
ジョイ・ヘイム:ブリー・ターナー
スチュアート:ニック・サーシー
ジム・ライアン:ケヴィン・コナリー
本人:クレイグ・ファーガソン

アメリカ 映画
配給 コロンビア・ピクチャーズ

2009年製作 96分
公開
北米:2009年7月24日
日本:2009年9月18日
製作費 $38,000,000
北米興行収入 $88,915,210
世界 $205,298,910


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
カリフォルニア州、サクラメント
テレビのモーニングショーのプリデューサー、アビゲイル”アビー”リクター(キャサリン・ハイグル)は、視聴率低下について、上司スチュアート(ニック・サーシー)から意見されてしまう。

焦ったアビーは、その対策のため、約束していたデートをキャンセルしようとするが、アシスタントで親友のジョイ・ヘイム(ブリー・ターナー)に”人間観察”が視聴率アップにつながると助言され、それに従う。

知らない相手ジム・ライアン(ケヴィン・コナリー)とデートしたアビーは、帰宅後、”The Ugly Truth”という下品な番組を見てしまう。

番組の放映中、パーソナリティーのマイク・チャドウェイ(ジェラルド・バトラー)に電話で意見をしたアビーだったが、彼にまともな恋愛経験もないことを見抜かれてしまいショックを受ける。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
仕事一筋の敏腕テレビ・プロデューサーのアビー・リクターは、視聴率低下を理由に、彼女にとっては”低俗”極まりない番組のパーソナリティー、マイク・チャドウェイと、気が進まないまま組まされてしまう。
ところが、アビーのショーはマイクのお陰で人気が急上昇し、自信満々のマイクは、ようやく掴みかけたアビーの恋の指南役を買って出る。
そして、反発し合っていた二人だったが、マイクがアビーの恋を実らせようとするうちに、お互いが惹かれ合っていることに気づく・・・。
__________

往年の”スクリューボール・コメディ”タッチの作風も楽しい作品だが、かなり露骨な性表現が飛び交う、大人向けのロマンス映画。

母親のナンシーと共に製作に参加している、主演のキャサリン・ハイグルの意欲作でもあり、かなり過激なセリフが多用される作品を、母娘でプロデュースしているのには驚いてしまう。

北米興行収入は約8900万ドルに留まるが、全世界では2億ドルを超すヒットとなった。

”あの作品”と”最近流行った作品”の題名を合わせただけの邦題には頭を傾げてしまう。
自分としては、この邦題を聞いた瞬間に劇場に足を運ぶ気はしない。
最近このような意味不明の邦題が多く、それが観客動員に貢献しているとは思えない。

監督:ロバート・ルケティックの演出は無難と言ったところだろうか、主演の二人の魅力が際立つ作品となっている。

主演のキャサリン・ハイグルは、次代を担う”ロマンチック・コメディ”の女王に成りつつあり、ジェラルド・バトラーの人間味溢れるキャラクターもいい。

実はゲイだったというオチを期待してしまったエリック・ウィンター、ショーのアナウンサー役のジョン・マイケル・ヒギンズ、その妻シェリル・ハインズ、アシスタントのブリー・ターナー、上司ニック・サーシー、主人公の”ブラインド・デート”の相手ケヴィン・コナリー、そして、本人役でクレイグ・ファーガソンも出演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020