4504 Movies

トランスポーター イグニション The Transporter Refueled (2015)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

ジェイソン・ステイサム主演のヒット作「トランスポーター」シリーズのリブート作品。
独自のルールにこだわるプロの運び屋が、復讐を企む女達に協力してロシアン・マフィアを倒すまでを描く、製作、原案、脚本リュック・ベッソン、監督カミーユ・ドゥラマーレ、主演エド・スクラインレイ・スティーヴンソンローン・シャバノ他共演のアクション。


アクション/アドベンチャー


スタッフ キャスト
監督:カミーユ・ドゥラマーレ
製作
マーク・ガオ
リュック・ベッソン
原案
リュック・ベッソン
ロバート・マーク・ケイメン
脚本
リュック・ベッソン
アダム・クーパー
ビル・コラージュ
撮影:クリストフ・コレッテ
編集:ジュリアン・レイ
音楽:アレクサンドレ・アザリア

出演
フランク・マーティンJr.:エド・スクライン
フランク・マーティンSr.:レイ・スティーヴンソン
アンナ:ローン・シャバノル
ジーナ:ガブリエラ・ライト
マリア:タティアナ・パイコヴィッチ
キャオ:ウェンシア・ユー
アルカディ・カラゾフ:ラシャ・ブコヴィッチ
マイッサ:ノエミ・ルノワール
ユーリ:ユーリー・コロコルニコフ
レオ・イマソフ:レン・クドリアヴィツキ
ベクタウィ警部:サミール・ゲスミ
スタニスラス・トゥルギン:アナトール・トーブマン

フランス 映画
配給
ヨーロッパ・コープ
Fundamental Films
2015年製作 96分
公開
フランス:2015年9月9日
北米:2015年9月4日
日本:2015年10月24日
製作費 $25,000,000
北米興行収入 $16,027,870
世界 $72,629,700


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
1995年、コートダジュール
ロシアン・マフィアのアルカディ・カラゾフ(ラシャ・ブコヴィッチ)は、歓楽街を仕切り、エスコート・クラブ”クール・ブリゼ”のアンナ(ローン・シャバノル)をその場で稼がせる。

15年後。
アンナは、ある計画を実行しようとしていた。

愛車”アウディS8”を盗もうとする男達を難なく倒したプロの運び屋”トランスポーター”フランク・マーティン(エド・スクライン)は、イギリス領事館に向かう。

引退した秘密捜査官の父フランク・マーティンSr.(レイ・スティーヴンソン)を迎えに行ったフランクは、30年国に尽くして、わずか月800ユーロ弱の年金だという愚痴を聞かされる。

友人のジーナ(ガブリエラ・ライト)が待つホテルの部屋に向かったアンナは、その場にいたカラゾフの会計士スタニスラス・トゥルギン(アナトール・トーブマン)と部下を殺して、薬物で死んでいた女にクール・ブリゼのペンダントをつける。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

参考:
・「トランスポーター」(2002)
・「トランスポーター2」(2005)
・「トランスポーター3」(2008)

・「トランスポーター イグニション」(2015)

*(簡略ストー リー)
コートダジュール
プロの運び屋”トランスポーター”フランク・マーティンは、謎の女アンナから仕事を依頼され、彼女と仲間のジーナとキャラを銀行で車に乗せて逃走する。
当初の話と違い契約違反だと言うフランクだったが、父親マーティンが人質に取られていることを知り、仕方なくマリアの指示に従う。
アンナらは、ロシアン・マフィアのカラゾフの女として働かされていたため、彼に復讐を誓っていたのだった。
マリアを加えたアンナら4人から、マーティンに毒を飲ませたと言われたフランクは、仕方なく彼女らに協力し、カラゾフを倒す計画に手を貸すのだが・・・。
__________

リュック・ベッソン製作、原案、脚本による、ジェイソン・ステイサム主演のヒット作「トランスポーター」シリーズのリブート作品。

シリーズには欠かせないはずの、主人公を演ずるジェイソン・ステイサムが降板したために注目を集めた作品。

期待よりも失望・・・と言う感じのする主人公を演ずるエド・スクラインなのだが、誰のも真似のできない、あの独特の雰囲気があるので世界的スターと言える、ジェイソン・ステイサムと比較するのは酷な話だ。

”独自のルールにこだわるプロの運び屋”という特徴と車だけが共通と考えて、前三作を意識せずに鑑賞すればまずまず楽しめる作品。
前作までの前日談で、”フランク・マーティン”の若かりし頃?を描いたと思えば納得がいく・・・といったところだろうか。

カーアクションなども控えめで満足できないところもあるが、ロシアン・マフィアを倒そうとする、虐げられた悲しい人生を歩んできた女達の綿密に練られた復讐計画や、裏社会の闇を描気ながらも、その雰囲気をユーモアで和らげる、主人公の父親の登場などに工夫が見られる内容でもある。

独自のルールにこだわりながら確実に仕事をこなすプロの運び屋エド・スクライン、元イギリスの秘密捜査官である主人公の父親をユーモアを交えて演ずるレイ・スティーヴンソン、主人公に復讐の手助けを頼むローン・シャバノルガブリエラ・ライト、タティアナ・パイコヴィッチ、ウェンシア・ユー、彼女達を使い荒稼ぎするロシアン・マフィアラシャ・ブコヴィッチ、その女ノエミ・ルノワール、仲間のユーリー・コロコルニコフレン・クドリアヴィツキ、警部のサミール・ゲスミロシアン・マフィアの会計士アナトール・トーブマンなどが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021