4213 Movies

サブウェイ・パニック The Taking of Pelham One Two Three (1974)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

犯罪サスペンスに、当時、大流行していたパニックとハイジャックという題材を織り込み、抜群のユーモア・センスで楽しませてくれる、監督ジョセフ・サージェント、主演ウォルター・マッソーロバート・ショウマーティン・バルサムヘクター・エリゾンド他共演による犯罪サスペンスの秀作。


ドラマ(サスペンス/犯罪)


スタッフ キャスト ■
監督:ジョセフ・サージェント
製作
ガブリエル・カツカ

エドガー・J・シェリック
原作:ジョン・ゴーディ
脚本:ピーター・ストーン
撮影:オーウェン・ロイズマン
編集:ジェラルド・B・グリーンバーグ

音楽:デヴィッド・シャイア

出演
ウォルター・マッソー:ザカリー・ガーバー
ロバート・ショウ:Mr.ブルー/バーナード・ライダー
マーティン・バルサム:Mr.グリーン/ハロルド・ロングマン
ヘクター・エリゾンド:Mr.グレイ/ジョー・ウェルカム
アール・ヒンドマン:Mr.ブラウン/ジョージ・スティーヴァー
ディック・オニール:フランク・コレル
ジェリー・スティラー:リコ・パトローン
トニー・ロバーツ:ウォーレン・ラセール
リー・ウォレス:市長
ドリス・ロバーツ:市長夫人/ジェシー
ジュリアス・ハリス:ダニエルズ警視
ジェームズ・ブロデリック:デニー・ドイル
ネイサン・ジョージ:ジェームズ
トム・ペディ:キャズ・ドロウィッツ

アメリカ 映画
配給 ユナイテッド・アーティスツ
1974年製作 104分
公開
北米:1974年10月2日
日本:1975年2月15日


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
ニューヨーク
地下鉄”NY地下鉄6/ペラム123”が、4人組に乗っ取られる。

犯人、Mr.ブルー/バーナード・ライダー(ロバート・ショウ)、Mr.グリーン/ハロルド・ロングマン(マーティン・バルサム)、Mr.グレイ/ジョー・ウェルカム(ヘクター・エリゾンド)、Mr.ブラウン/ジョージ・スティーヴァー(アール・ハインドマン)の4人は、イギリスなまりのブルーが交渉役、グリーンは元地下鉄運転手、残りの2人は見張り役だった。

事件を知らないMTA(ニューヨーク州都市交通局)運行指令センターは、いつもながらののんびりムードの中、業務を進めていた。

暇に任せ、東京の地下鉄会社の、重役らの視察団の案内役を受けた公安局ザカリー・ガーバー警部補(ウォルター・マッソー)が、彼ら適当にセンター内を連れ回していた。

どうせ英語が通じないだろうと思いながら、日本人をバカにしながら案内するガーバーは、同僚のリコ・パトローン(ジェリー・スティラー)に彼らを紹介するが相手にされない。
・・・全てを見る


解説 評価 感想 ■

1973年に発表され、たジョン・ゴーディ同名小説の映画化。
2009年にデンゼル・ワシントンジョン・トラボルタ共演でリメイク作「サブウェイ123」が公開された。

*(簡略ストー リー)
ニューヨーク
武装した4人が、”NY地下鉄6/ペラム123”を乗っ取り、1時間以内に現金100万ドルを届けるよう要求し、遅れた場合は人質を殺すと脅迫する。
地下鉄公安警察ザカリー・ガーバーは、犯人の主犯格Mr.ブルーと交信を始める。
犠牲者も出る中で、市長が身代金支払いに応じ、刻々と予定時間が近づく中で、現金移送が間に合わず、ガーバーは必死にブルーを説得し時間を延ばそうとする。
ガーバーの機転で、ブルーに現金到着を伝えるが、犯人達の逃走方法が分からず、車両は、乗客だけを乗せたまま暴走を始めてしまう・・・。
__________

2009年に、デンゼル・ワシントンジョン・トラボルタ主演で、リメイク「サブウェイ123」が公開された。

ただでさえ慌しい地下鉄管理の状況に加え、次第にパニックに陥っていく緊迫感をジョセフ・サージェントは見事に描き、ピーター・ストーンの脚本は、スピード感とユーモアを交えた切れ味鋭いもので、観る者をぐいぐいドラマに引き込む。

とにかく、全編通しての気の効いたジョークやセリフには圧倒される。

事件が解決するまで気づかないアル中の女性、ヒッピーのような私服警官を女性と間違える主人公W・マッソー、 人気も指導力もない市長、やる気のない公安局員の面々など、アメリカ社会の縮図をひとまとめにしたような描写が、興味深さと共に実に可笑しい。

出演者のほとんどが皮肉ばかり言っているが、社会、政治、経済全ての歯車が狂い始めていた、1970年代半ばのアメリカを、象徴的に描いているところも注目だ。

また、”Gesundheit”(お大事に)で全てが解決してしまう粋なラストには脱帽だ!!

フレンチ・コネクション」(1971)で迫力満点のニューヨークロケを見せてくれた、オーウェン・ロイズマンの撮影も素晴らしい。

また、物怖じしない都会人の逞しさを感じさせる、威勢のいいデヴィッド・シャイアの主題曲曲も印象的だ。

ほとんど無表情、そしてとぼけた感じの主人公ウォルター・マッソーが、笑いのツボを押さえた絶妙の演技を見せてくれる。

冷静沈着なロバート・ショウや、最後に墓穴を掘ってしまう、全く悪人らしくないマーティン・バルサム、そして、若き日のヘクター・エリゾンドアール・ヒンドマンら犯人は、それぞれ個性を生かした芸達者ぶりを発揮する。

ただ、原題をそのまま直訳するのは無理だとしても、当時のブームをもじっただけの安っぽい邦題には感心できない。
また、日本人の地下鉄視察団が、バカにされているのにも拘らずニタニタ、ヘコヘコしているシーンは、公開当時うんざりしながら見ていたものだ。
その後40年経っても、日本人の描かれ方はさほど変わりはなく、情けないばかりだ。

管制センター主任ディック・オニール、主人公ガーバーの同僚で公安警察局員ジェリー・スティラー(ベン・スティラーの父)、やり手の市助役トニー・ロバーツ、無能なニューヨーク市長リー・ウォレス、夫人ドリス・ロバーツ、現場を指揮する警視ジュリアス・ハリス、解放される運転士ジェームズ・ブロデリック、車両に向かう公安局員ネイサン・ジョージ、犠牲になる地区主任トム・ペディなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020