4219 Movies

ピンチ・シッター The Sitter (2011)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

いやいや子守をさせられた無職の青年が、子供達と共に麻薬も絡むトラブルに巻き込まれる騒動を描く、監督デヴィッド・ゴードン・グリーン、製作、主演ジョナ・ヒルアリ・グレイナーサム・ロックウェル他共演のコメディ。


コメディ


スタッフ キャスト ■
監督:デヴィッド・ゴードン・グリーン
製作総指揮
ジョナ・ヒル

ドナルド・J・リーJr.
リサ・マスカット
ジョシュ・ブラットマン
製作:マイケル・デ・ルカ
脚本
ブライアン・ゲートウッド

アレッサンドロ・タナカ
撮影:ティム・オアー
編集:クレイグ・アルパート
音楽
ジェフ・マクルウェイン

デヴィッド・ウィンゴ

出演
ノア・グリフィス:ジョナ・ヒル

マリサ・ルイス:アリ・グレイナー
カール:サム・ロックウェル
フリオ:J・B・スムーヴ
ジャコビー:メソッド・マン
スレイター・ペデュラ:マックス・レコーズ
ブライス・ペデュラ:ランドリー・ベンダー
ロドリゴ・ペデュラ:ケヴィン・ヘルナンデス
ロクサーヌ:カイリー・バンバリー
ペデュラ夫人:エリン・ダニエルズ
ペデュラ医師:D・W・モフェット
サンディ・グリフィン:ジェシカ・ヘクト
ブルース・グリフィン:ブルース・アルトマン

アメリカ 映画
配給 20世紀FOX

2011年製作 87分
公開
北米:2011年12月9日
日本:未公開
製作費 $25,000,000
北米興行収入 $30,538,670
世界 $34,942,190


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
ニューヨーク
大学を中退した無職の青年ノア・グリフィス(ジョナ・ヒル)は、シングル・マザーのサンディ(ジェシカ・ヘクト)と暮らす、気ままな毎日を送っていた。

ある日、サンディは、知人の医師ペデュラ(D・W・モフェット)に医師を紹介してもらえることになっていたのだが、ベビーシッターの都合悪くなり、彼女はそれを諦めようとする。

働きもしないノアは、サンディにペデュラ家のベビーシッターをするよう促され、仕方なくそれに従う。

ペデュラ夫人(エリン・ダニエルズ)に迎えられたノアは、13歳のスレイター(マックス・レコーズ)に、子守をするべきだと意見する。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
大学を中退した無職の青年のノア・グリフィスは、母サンディに頼まれて、知人ペデュラ家のベビーシッターをすることになる。
いやいやペデュラ家に向かったノアは、精神的に不安定なスレイター、セレブに憧れるブライス、養子のロドリゴに手を焼く。
一応、付き合っているマリサから誘われたノアは、コカインを手に入れてくるよう彼女に頼まれる。
子供達を連れて、ドラッグの売人カールの元に向かったノアは、何んとかコカインを手に入れる。
しかし、ロドリゴがその場からコカインを盗んできてしまい、ノアは、それを返すか金を払うかを迫られ殺すと脅されてしまう。
コカインをこぼしてしまったノアは、仕方なく金を工面しようとして、聞き分けのない子供達を連れて四苦八苦するのだが・・・。
__________

幅広い役柄をこなし演技力も評価される、製作も兼ねるジョナ・ヒルが、子供達に翻弄されながら人間味も見せるドタバタ・コメディであり、それなりに楽しむことはできる。

共演の実力派サム・ロックウェルも悪党を愉快に演じ、登場するキャラクターもなかなか面白い。

しかし、コメディとはいえ、幼い子供が登場するキッズ・ムービー的な雰囲気であるにも拘らず、ドラッグ、セックス、暴力などの描写もあり、下品極まりないセリフやシーンが多いのが気になる。

異常者のような子供達の扱いに梃子摺りながらトラブルに巻き込まれるジョナ・ヒル、彼と一応、付き合っているアリ・グレイナー、ドラッグの売人サム・ロックウェル、その右腕のJ・B・スムーヴ、子供達マックス・レコーズランドリー・ベンダーケヴィン・ヘルナンデス、主人公に好意を示すカイリー・バンバリー、子供達の両親役エリン・ダニエルズD・W・モフェット、主人公の両親役ジェシカ・ヘクトブルース・アルトマンなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020