4216 Movies

カントリー・ストロング Country Strong (2010)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

心に傷を負いながら復帰を目指すスター歌手が、夫や若い歌手達に支えられながらツアーに再起をかける姿を描く、製作トビー・マグワイアグウィネス・パルトローティム・マッグロウギャレット・ヘドランドレイトン・ミースター他共演、監督、脚本シャナ・フェステによるヒューマン・ドラマ。


ドラマ(ヒューマン)


スタッフ キャスト ■
監督:シャナ・フェステ
製作総指揮:メレディス・ザムスキー
製作
トビー・マグワイア

ジェンノ・トッピング
脚本:シャナ・フェステ
撮影:ジョン・ベイリー
編集
コナー・オニール

キャロル・リトルトン
音楽:マイケル・ブルック

出演
ケリー・キャンター:グウィネス・パルトロー

ジェームズ・キャンター:ティム・マッグロウ
ボー・ハットン:ギャレット・ヘドランド
チャイルズ・スタントン:レイトン・ミースター
ウィニー:マーシャル・チャップマン
J.J.:ジェレミー・チャイルズ

アメリカ映画
配給 スクリーン・ジェムズ

2010年製作 117分
公開
北米:2010年12月22日
日本:未公開
製作費 $15,000,000
北米興行収入 $20,529,190


アカデミー賞 ■
第83回アカデミー賞
・ノミネート
歌曲賞”Coming Home”


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
テキサス
療養所で働きながら、夜は歌手としてバーのステージに立つボー・ハットン(ギャレット・ヘドランド)は、カントリー・シンガーのスターである、アルコール依存症のためリハビリ中のケリー・キャンター(グウィネス・パルトロー)と親交を深めていた。

ケリーの復帰を考えるマネージャーで夫のジェームズ(ティム・マッグロウ)は、ボーを前座に使うことを彼女に提案される。

ジェームズは、ミスコンの優勝者チャイルズ・スタントン(レイトン・ミースター)を前座に使う予定だということを伝える。

前年のツアー中に、飲酒の末、騒動を起し話題になっていたケリーだったが、施設を出ることでマスコミが押し寄せる。

ジェームズの要請だと言って、未熟なチャイルズが自分も上がるステージで歌うことを、ボーは気に入らない。
・・・全てを見る


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
カントリー・シンガーのトップスターであケリー・キャンターは、ある事件がきっかけで心に傷を負いアルコール依存症となり、療養施設に入りリハビリを続けていた。
そこで働きながら、夜はバーのステージに立つ歌手のボーは、ケリーとの親交を深めていた。
ケリーのマネージャーである夫のジェームズは、彼女を復帰させるためツアーの計画を立てる。
ジェームズは、コンサートに若い魅力的な歌手チャイルズを前座に使うことを考えるのだが、ケリーの希望もあり、彼女のサポート役も兼ねてボーをツアーに誘う。
ボーはケリーのためにそれを受けるが、彼女はコンサートで歌うことができず、ジェームズらを苛立たせる。
事件以来、ケリーはジェームズとはしっくりこない毎日を送り、ボーを支えに何とかツアーを続けようとするのだが・・・。
__________

主人公がアルコール依存症になる原因が分からないために、すれ違う夫婦間の思いや浮気を連想させる場面が、物語に微妙な変化を加えている。

その心の傷を克服したかに見えた主人公が、若者に全てを託して自ら命を絶つクライマックスは壮絶でもあり、そして、その考えを受け継ぐ者達の逞しい生き様は、爽やかに描かれている。

第83回アカデミー賞では、歌曲賞にノミネートされた。
*”Coming Home”

お嬢様のような雰囲気があるグウィネス・パルトローも年齢を重ね、心の傷を背負いながら再起を目指すカントリー歌手を、パフォーマンスを含め体当たりで演じ、妻同様に心を痛めている夫のティム・マッグロウも、終盤見せる奥深い演技でそれを支える。

気骨のある若者であり、その表情や仕草などから、滲み出る優しさが感じられるギャレット・ヘドランド、未熟な新鋭歌手から才能を発揮して、人間としても成長していく女性歌手のレイトン・ミースター、ツアー・スタッフのマーシャル・チャップマン、プロモーターのジェレミー・チャイルズなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020