4504 Movies

旅するジーンズと16歳の夏 The Sisterhood of the Traveling Pants (2005)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

2001年に発表された、アン・ブラッシェアーズのヤング・アダルト小説”The Sisterhood of the Traveling Pants”を基に製作された作品。
”魔法のジーンズ”が繫ぐ4人の少女の友情と成長を描く、監督ケン・クワピス、出演アメリカ・フェレーラアレクシス・ブレデルアンバー・タンブリンブレイク・ライヴリー他共演の青春ドラマ。


ドラマ(青春)


スタッフ キャスト
監督:ケン・クワピス

製作:デブラ・マーティン・チェイス
製作総指揮:レスリー・モーゲンスタイン
原作:アン・ブラッシェアーズThe Sisterhood of the Traveling Pants
脚本
デリア・エフロン
エリザベス・チャンドラー
撮影:ジョン・ベイリー
編集:キャスリン・ヒモフ
音楽:クリフ・エデルマン

出演
カルメン・ローウェル:アメリカ・フェレーラ
リーナ・カリガリス:アレクシス・ブレデル
タバサ”ティビー”トモコ=ローリンズ:アンバー・タンブリン
ブリジット・ヴリーランド:ブレイク・ライヴリー
アルバート”アル”ローウェル:ブラッドリー・ウィットフォード
ベイリー・グラフマン:ジェナ・ボイド
エリック・リッチマン:マイク・ヴォーゲル
コスタス・ドゥナス:マイケル・レイディ
リディア・ロッドマン:ナンシー・トラヴィス
クリスティナ・ローウェル:レイチェル・ティコティン
ベイリー・グラフマン:ジェンナ・ボイド
クリスタ・ロッドマン:エミリー・テナント
ポール・ロッドマン:カイル・シュミット
ティビーの母親:サラ=ジェーン・レッドモンド
ブライアン・マクブライアン:レオナルド・ナム
ヴリーランド:アーニー・ライヴリー
ロベルタ:ビバリー・エリオット

アメリカ 映画
配給 ワーナー・ブラザーズ
2005年製作 119分
公開
北米:2005年6月1日
日本:2005年10月1日
製作費 $25,000,000
北米興行収入 $39,053,060
世界 $42,013,880


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
メリーランド州、ベセスダ
母親達がマタニティ教室で知り合ったため、”生まれる前から親友”のカルメン・ローウェル(アメリカ・フェレーラ)、リーナ・カリガリス(アレクシス・ブレデル)、タバサ”ティビー”トモコ=ローリンズ(アンバー・タンブリン)、ブリジット・ヴリーランド(ブレイク・ライヴリー)は、16歳の夏に初めて別れて過ごすことになる。

古着屋に向かった4人は、それぞれ体系が違うにも拘らず、全員にぴったり合うジーンズを見つける。

離れ離れになる自分達をつなぐ不思議なジーンズを、順番にはくことにした4人は、色々なルールを決める。

ギリシャサントリーニ島
最初にジーンズを持参した画家志望のリーナは、祖父母や家族に歓迎される。

メキシコバハ・カリフォルニア州
母が自ら命を絶ったことを忘れようとする、自由奔放でスポーツが得意のブリジットはサッカー・キャンプに参加し、コーチのエリック・リッチマン(マイク・ヴォーゲル)が気になる。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
メリーランド州、ベセスダ
母親達がマタニティ教室で知り合ったため、生まれる前から親友である16歳の4人の少女カルメン、リーナ、ティビー、ブリジットは、初めて別々の夏を過ごすことになる。
古着屋に向かった4人は、それぞれが体系が違うにも拘わらず、全員にぴったり合うジーンズを見つけて驚く。
離れ離れになる自分達を繫ぐジーンズを順番にはくことにした4人は、様々なルールを決める。
リーナは、最初にジーンズを持参して祖父母に会うためにギリシャを訪れ、ブリジットはサッカーのキャンプでメキシコに、カルメンは父に会うためにサウスカロライナに向い、そして何も予定がないティビーは、人生の惨めさを記録するドキュメンタリー映画撮影資金を稼ぐためにバイトを始める・・・。
__________

初めて離れ離れに過ごす夏、少女達が体験する出来事と、彼女らを繫ぐ不思議なジーンズによる、それぞれの成長を爽やかに描く青春ドラマ。

物語の重要アイテムである不思議な”魔法”のジーンズの存在を中心に描く物語はファンタジックでもあり、ヒューマン・ドラマ的な内容なども含め、性別を問わず、あらゆる年齢層が楽しめる作品に仕上がっている。

ジーンズが移動する度に何かが起きることを期待させる、そのワクワク感がたまらない。

原題通りジーンズを”パンツ”としてもらいたかった思いもあるが、邦題としては合わないということもあり、致し方ないところだろうか。

2008年、続編の「旅するジーンズと19歳の旅立ち」が公開された。

主人公の少女達を演ずる若手女優は、それぞれの個性を生かして好演している。

個人的には、ラス・タンブリンの娘あるアンバー・タンブリンの、少々、不良っぽいが人間味のある演技が非常に印象に残る。
二世スターでも実力がなければ通用しない厳しい世界で生きる、役者としての姿勢と才能が窺えるスターであり、今後を期待したい。

プエルトリコ系であることに差別感を感じながら、父(ブラッドリー・ウィットフォード)や新しい家族との関係に傷つくアメリカ・フェレーラ、内気な性格から一歩踏み出すことができるアレクシス・ブレデル、幸薄い少女(ジェナ・ボイド)との出会いと別れを体験するアンバー・タンブリン、自由奔放な性格ではあるが、自殺した母の死を忘れようとして苦悩するブレイク・ライヴリー、その父親役で実父のアーニー・ライヴリー、ブリジット(ブレイク・ライヴリー)とキャンプで知り合う大学生マイク・ヴォーゲル、リーナ(アレクシス・ブレデル)と恋に落ちる青年マイケル・レイディ、カルメン(アメリカ・フェレーラ)の義母になるナンシー・トラヴィス、その娘エミリー・テナントと息子カイル・シュミット、カルメンの母レイチェル・ティコティン、ティビー(アンバー・タンブリン)の母サラ=ジェーン・レッドモンド、ゲームの達人である少年レオナルド・ナム、ティビーの同僚ビバリー・エリオットなどが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021