4213 Movies

ラスト・シューティスト The Shootist (1976)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

3年後、映画界に偉大な功績を残して生涯を閉じることになるジョン・ウェインの遺作。
ガンに侵されたガンマンの死を悟った最後の日々、その生き様を描く製作ディノ・デ・ラウレンティス、監督ドン・シーゲルローレン・バコールジェームズ・スチュアートロン・ハワードリチャード・ブーンシェリー・ノースジョン・キャラダイン他共演の西部劇。


西部劇

ジョン・ウェイン / John Wayne 作品一覧
ジョン・ウェイン / John Wayne/Pinterest
ジェームズ・スチュアート / James Stewart / Pinterest
ローレン・バコール / Lauren Bacall / Pinterest


スタッフ キャスト ■
監督:ドン・シーゲル
製作
M・J・フランコヴィッチ

ウィリアム・セルフ
ディノ・デ・ラウレンティス
原作:グレンドン・スワザウト”The Shootist”
脚本
マイルズ・フッド・スワザウト

スコット・D・ヘイル
撮影:ブルース・サーティース

編集:ダグラス・スチュワート
美術・装置
ロバート・F・ボイル

アーサー・ジョセフ・パーカー
音楽:エルマー・バーンスタイン

出演
ジョン・ウェイン:ジョン・バーナード”J・B”ブックス
ローレン・バコール:ボンド・ロジャース
ジェームズ・スチュアート:E・W・ホステトラー医師
ロン・ハワード:ギロム・ロジャース
リチャード・ブーン:マイク・スウィーニー
シェリー・ノース:セレプタ
ジョン・キャラダイン:ヒゼキア・ベッカム
ヒュー・オブライエン:ジャック・プルフォード
ハリー・モーガン:ウォルター・J・ティビドー連邦保安官
ビル・マッキニー:ジェイ・コッブ
リック・レンツ:ダン・ドブキン
スキャットマン・クローザース:モーゼズ・ブラウン

アメリカ 映画
配給 パラマウント・ピクチャーズ
1976年製作 94分
公開
北米:1976年8月20日
日本:1979年7月
北米興行収入 $8,091,900


アカデミー賞 ■
第49回アカデミー賞
・ノミネート
美術賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
1901年1月22日、ネバダ州、カーソン・シティ
イングランドヴィクトリア女王崩御したことが新聞で報道されたの日、伝説のガンファイター、ジョン・バーナード”J・B”ブックス(ジョン・ウェイン)は、町を訪れ、E・W・ホステトラー医師(ジェームズ・スチュアート)に、腰の痛みについて診察を受ける。

ホステトラーの診察結果は、他の医者の判断と同じく癌だった。

その後、ホステトラーに下宿を紹介されたブックスは、未亡人のボンド・ロジャース(ローレン・バコール)と息子のギロム(ロン・ハワード)に世話になる。

ギロムは、ブックスが町に着いた時に会った際、彼を年寄り扱いしてしまったため、逆に子ども呼ばわりされて気分を害する。

ギロムは、ブックスの馬の世話を頼まれ、厩舎のモーゼズ・ブラウン(スキャットマン・クローザース)から、下宿人の老人が”J・B・ブックス”だと知らされ驚いてしまう。

そしてボンドは、ブックスが、30人もの人を殺した男だとギロムから知らされる。

2日目、1月23日
殺人者を下宿させるわけにはいかないボンドは、ブックスを追い出そうとする。
・・・全てを見る


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
伝説のガンファイター、ジョン・バーナード”J・B”ブックスは、ホステトラー医師に腰の痛みの診察を受ける。
結果、ブックスは、他の医者と同じ癌を宣告されて、町の下宿屋に滞在することになる。
未亡人のボンドと息子ギロムの世話になることになったブックスだったが、二人は、彼が30人もの人を殺した殺人者だということを知る。
ブックスはボンドに追い出されそうになるが、自分が、余命短い癌患者だと彼女に告げて滞在を許される。
その後、ブックスの噂は瞬く間に広がり、新聞記者や元恋人、彼の命を奪い名を上げようとする者などが現れる。
そんなブックスは、ボンドやギロムと心通わせながらの日々を過ごす。
痛みが激しくなる中、ブックスはホステトラー医師から、痛みに苦しむよりも他の方法を考えるように提案される。
そしてブックスは、最後の日を迎える準備を始めるのだが・・・。
__________

日本では、公開する予定のなかった本作だったが、ジョン・ウェインが亡くなった翌月に急遽公開された。

ダーティーハリー」(1971)などで、トップクラスの監督にもなったドン・シーゲルだのだがが、撮影中にウェインとは意見が合わず対立が絶えなかったらしい。

第49回アカデミー賞では美術賞にノミネートされた。

ウェイン作品を何作も手がけている、音楽の担当はエルマー・バーンスタインであり、その曲は、勇ましくもあり、またもの悲しい。

全体的には、ウェインらしい作品とも言えるが、正直に言えば、往年の彼をよく知るファンとしては、やはり寂しさが先行して積極的に何度も観たくなる作品ではない。

しかし、既に西部劇も廃れてしまったこの時代に最後はそれで締めくくったウェインは立派だ。

この後に体調を崩して、最後にはやせ細ってしまうウェインなのだが、本作では、医師役のジェームズ・スチュアートのセリフではないが、”雄牛のような頑強な体”そのものに見える、逞しいいつものような彼の巨体と勇姿はファンには嬉しい。

実際にはこの時期、ウェインの癌は再発はしていなかったのだが、友情出演とも言える盟友ジェームズ・スチュアートの表情が演技には見えず、真剣に彼の身を案じているように思えてならない。

主人公の、死を覚悟する姿に涙する下宿の主人を演ずるローレン・バコールが、彼を見送り窓越しに見つめる表情は、20年前に、同じく癌で亡くした夫ハンフリー・ボガートを想っているようにも見える。

主人公との親交により成長していく下宿屋の息子ロン・ハワード、死を宣告された元恋人を最後に裏切るシェリー・ノース、強かなな葬儀屋役を演じウェインの盟友でもあるジョン・キャラダイン、主人公の命を狙う銃の名手役のヒュー・オブライエン、お調子者の連邦保安官ハリー・モーガン、兄の仇を討とうとする男役のリチャード・ブーン、酒場で最初に殺されるビル・マッキニー、主人公の馬の世話役スキャットマン・クローザース、新聞記者リック・レンツなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020