4236 Movies

七年目の浮気 The Seven Year Itch (1955)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
5star

1952年11月20日に初演された、ジョージ・アクセルロッドによるブロードウェイ同名舞台劇の映画化。
中堅サラリーマンが、避暑地に家族を送り出し、階上の美女の魅力に我を忘れる行動をしてしまうのだが、妻への罪悪感や嫉妬に悩む内に、安定や平凡を望む自分に気づくまでを描く、製作、監督、脚本ビリー・ワイルダー、主演マリリン・モンロートム・イーウェル共演による爆笑、傑作コメディ。


コメディ

マリリン・モンロー / Marilyn Monro / Pinterest


スタッフ キャスト ■
監督:ビリー・ワイルダー
製作
ビリー・ワイルダー
チャールズ・K・フェルドマン
原案:ジョージ・アクセルロッド
脚本
ビリー・ワイルダー
ジョージ・アクセルロッド
撮影:ミルトン・クラスナー
編集:ヒュー・F・ファウラー
音楽:アルフレッド・ニューマン

出演
マリリン・モンロー:美女
トム・イーウェル:リチャード・シャーマン
イヴリン・キース:ヘレン・シャーマン
ロバート・ストラウス:クルフリック(管理人)
オスカー・ホモルカ:ブルベーカー医師
ソニー・タフツ:トム・マッケンジー
ドナルド・マクブライド:ブレイディ
ブッチ・バーナード:リッキー・シャーマン
ドラ・メランド:ウェイトレス
マルガリート・チャップマン:モリス(秘書)
キャロリン・ジョーンズ:フレンチ(看護師)
ロクサーヌ:エレイン

アメリカ映画
配給 20世紀FOX
1955年製作 104分
公開
北米:1955年6月3日
日本:1955年11月8日
製作費 $3,200,000
北米興行収入 $12,000,000


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
ニューヨーク
出版社”ブレイディ”に勤めるリチャード・シャーマン(トム・イーウェル)は、妻のヘレン(イヴリン・キース)と息子のリッキー(ブッチ・バーナード)を、避暑に送り出すため駅に向かい、雑踏の中で別れを惜しむ。

禁酒、禁煙、腹八分を誓わされたリチャードは、妻子を送り出した途端に、他の女性に色目を使う男達とは違うというところを、見せ付けようとする。

リチャードは仕事に精を出し、ベジタリアン・レストランで夕食を取り帰宅する。

暫くすると、上の階の家主の避暑中に、部屋を借りている美女(マリリン・モンロー)が帰ってくる。

その悩ましさに、思わず彼女を誘うことを考えてしまったリチャードだったが、正気に戻り、翌日の仕事の準備を始める。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
ニューヨーク
出版社に勤めるリチャード・シャーマンは、妻のヘレンと息子リッキーを避暑に送り出す。同じような立場で、途端に他の女性に色目を使う男達とは違うというところを、リチャードは見せ付けようとする。
帰宅したリチャードは、上の階の家主の避暑中に、部屋を借りている美女に出くわす。
その悩ましさに、思わず彼女を誘おうとしてしまったリチャードだったが、それを思い止まる。
その後リチャードは、妻ヘレンが電話してくることが、自分を信用していないからだと疑う。
妄想でへレンに侮辱されたリチャードは、世の女性が自分に夢中だと空想し始める。
しかし、ヘレンからの電話でリチャードは現実に戻り、今度は彼女の浮気を疑ったりもする。
そんな時、ベランダのカウチに、2階からトマトの鉢が落ち、リチャードは憤慨するものの、犯人が美女だと分かり、態度を急変させてしまう。
そして、思わず美女を誘ってしまったリチャードは、禁煙、禁酒の誓いを破り、エスカレートしていく彼女への思いが抑えきれなくなり・・・。
__________

1955年夏の公開作品の中では、最高の興行成績となる1200万ドルを記録した大ヒット作品でもある。

ビリー・ワイルダーは全盛期を迎え、その演出と脚本は、各シーンやセリフも、抜群のユーモアのセンスが遺憾なく発揮され冴え渡っている。

アルフレッド・ニューマンの軽快な音楽も、印象に残る楽しい曲に仕上がっている。

マリリン・モンローが、地下鉄の通気口の上に立ち、スカートが浮き上がるシーンは余りにも有名で、映画史上に残る場面となった。
実際は足元が見えるだけで、よく知られる、彼女の全体を写すショットはない。

また、このシーンの撮影を見ていた、当時の夫ジョー・ ディマジオが激怒し、離婚のきっかけになったことも有名な話だ。

モンローは、当時、既に精神的に不安定状態であり、撮影時にかなりスタッフを困らせたようだが、作品中では、それはあまり感じられない。

輝くばかりの美しさと魅力は、ロバート・ストラウスのセリフでないが、正に”お人形さん”のようだ。

舞台のオリジナルキャストのトム・イーウェルも、見事なはまり役で熱演し、ゴールデングローブ賞の主演男優賞(ミュージカル・コメディ部門)を受賞している。

B・ワイルダーの「第十七捕虜収容所」(1953)でも大いに笑わせてくれた、ロバート・ストラウスの芸達者ぶりも実に楽しい。

風と共に去りぬ」(1939)や「ジョルスン物語」(1946)では、お姫様のような美しさだったイヴリン・キースだが、”普通”の主婦役もなかなか興味深い。

”7年目のムズムズ”(原題)の提唱者で、精神科医のオスカー・ホモルカ、友人だが、妻の浮気相手と主人公に勘違いされるソニー・タフツ、出版社社長ドナルド・マクブライド、息子役ブッチ・バーナード、ウェイトレスのドラ・メランド、秘書マルガリート・チャップマン、まともに顔も映らない程度の端役で登場する看護師キャロリン・ジョーンズ、妻の友人役ロクサーヌなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020